新着記事

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

新型コロナウイルスの感染拡大によって、例年より自宅で過ごす時間が長くなっています。気象庁の『…

誰でも簡単腰痛改善ストレッチ!ろっ骨ほぐしで腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

誰でも簡単にできるストレッチ「ろっ骨ほぐし」で腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

文/川口陽海・ろっ骨が固いと、腰痛の原因になることがある・デスクワー…

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

文/砂原浩太朗(小説家)蜀の武将・趙雲(ちょううん。?~229)は、三国志のなかでも…

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

日頃使うメガネの上からかぶせることで度数をそのままに、高機能な偏光レンズを搭載したサングラス…

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)2020年3月に早川書房から発…

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感…

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

STAY HOMEで運動不足、閉塞感から自律神経も乱れがち…となると、便秘が悩みという人も増えてきま…

前列左から時計回りに、ご飯、キンカンの甘煮、梅干し、スクランブルエッグ、ウィンナーソーセージ、野菜サラダ(トマト・パセリ・サラダ菜・胡瓜・セロリ)、塩、フレンチドレッシング、煎茶・味噌汁(豆腐・油揚げ・長葱)。キンカンの甘煮は姉の手作りで、箸休めにつまむ。梅干しは塩分3%と低塩。野菜サラダには塩とフレンチドレッシングをかける。

【朝めし自慢】山本龍香(カラー魚拓作家・76歳)「赤、白、緑と彩りのいい野菜が並びます」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆後半生の目標は、カラー魚拓で日本の魚食文化を世界に広めること…

現役キャバ嬢1000人に聞いた、お酒の席で好かれる人・嫌われる人

みなさんは、キャバクラに対して、どのようなイメージを抱きますか? キラキラしたイメージもあれ…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  ビジネスについての記事一覧

  1. 『君たちはどう生きるのか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断  

    【ビジネスの極意】『君たちはどう生きるか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断

         

    ベストセラーとなっている『君たちはどう生きるか』を読まれた方も多いことだろう。リーダーシップとマネジメントに悩む、すべてのビジネスパーソンのためのノウハウサイト「識学式リーダーシップ塾」ではこの本から導かれるリーダーシップ、…

  2. メンタルヘルスを理由に出社できなくなる部下を減らすために|ストレスチェックの正しい活用法  

    【ビジネスの極意】メンタルヘルスを理由に出社できなくなる部下を減らすために|ストレスチェックの正しい活用法

         

    現代の社会人とは切り離せないストレス。特に部下のストレスへの配慮に悩む上司も多いことだろう。…

  3. 【ビジネスの極意】「メンター制度」は役に立たない|離職防止に本当に有効な施策とは?  

    【ビジネスの極意】「メンター制度」は役に立たない|離職防止に本当に有効な施策とは?

         

    メンターとは、仕事上、または人生の「指導者」「助言者」のことを指す。最近の企業では、新人に対…

  4. AI(人工知能)時代に問われる3つの能力  

    【ビジネスの極意】AI(人工知能)時代に問われる3つの能力

         

    AI(人工知能)という言葉はもう目新しいものではなく、すでに私たちの生活に利用されている。今…

  5. 【ビジネスの極意】労働時間の問題だけではない|本当の働き方改革とは何か?  

    【ビジネスの極意】労働時間の問題だけではない|本当の働き方改革とは何か?

         

    働き方改革というと、時短勤務やノー残業デー、といった労働時間の短縮が取り上げられることが多い…

  6. 【ビジネスの極意】伊達政宗、マキャヴェッリ、サッチャー|歴史上の人物に学ぶリーダーの決断  

    【ビジネスの極意】伊達政宗、マキャヴェッリ、サッチャー|歴史上の人物に学ぶリーダーの決断

         

    会社という組織の中で、リーダーとしての決断に迫られるという状況は、珍しいことではない。だが、…

  7. 【ビジネスの極意】怒りの感情を鎮める方法|「アンガーマネジメント」入門  

    【ビジネスの極意】怒りの感情を鎮める方法|「アンガーマネジメント」入門

         

    仕事において部下に対して怒りを感じるようなことは少なからずあるだろう。しかし、今の時代、その…

  8. 婚活にも使えるコミュニケーション技術|話がみるみる膨らむみ2つの質問  

    【ビジネスの極意】婚活にも使えるコミュニケーション技術|話がみるみる膨らむみ2つの質問

         

    人見知り、口下手…。最近ではコミュ障、という言葉も出てきているように、人とコミュニケーションを取…

  9. 【ビジネスの極意】上司が部下の「やる気」に関わってはいけない理由  

    【ビジネスの極意】上司が部下の「やる気」に関わってはいけない理由

         

    部下の「モチベーション」をなんとか上げて仕事の効率や生産性を上げたい、と思っている上司は多い…

  10. 【ビジネスの極意】モテる人は、なぜマネジメントがうまいのか?  

    【ビジネスの極意】モテる人は、なぜマネジメントがうまいのか?

         

    「モテる人」というのは確かにいる。そして「モテる人はマネジメントがうまい」という説がある。 …

  11. 【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる?  

    【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる?

         

    部下が思ったような結果を出してくれない。それは部下とのコミュニケーションに問題があるのかもし…

  12. 自動車業界に学ぶ正しいマネジメント術|鍵は危機感の察知  

    【ビジネスの極意】「成功している今こそ変えろ」|自動車業界に学ぶ正しいブランド・マネジメント

         

    ブランドは一日にして成るものではない。そして、培ったブランド力は維持と管理が必要なのだ。…

  13. ドラッカーに学ぶ、必要なマネジメント能力5つ  

    【ビジネスの極意】ドラッカーに学ぶ、必要なマネジメント能力5つ

         

    一時期流行ったドラッカー。だが、その著作を読破した人は多くないかもしれない。リーダー…

  14. 【ビジネスの極意】「パワハラ育ち」社員はわからない、「本物のパワハラ」と「厳しい教育」の境界線  

    【ビジネスの極意】「パワハラ育ち」社員はわからない、「本物のパワハラ」と「厳しい教育」の境界線

         

    問題になっている職場でのパワハラ。しかし、一昔前は今の基準から言えばパワハラが横行していた、…

  15. 【ビジネスの極意】部下の成長のために絶対にやってはいけないこと  

    【ビジネスの極意】部下の成長のために絶対にやってはいけないこと

         

    部下の育成は上司にとって重要な役割だ。だが、その部下の成長のためにやってはいけないことがある…

  16. 【ビジネスの極意】勘違いしている若手社員の処方箋  

    【ビジネスの極意】勘違いしている若手社員の処方箋

         

    上司にとって若手社員の育成は大事な役割だが、悩みも多いことだろう。リーダーシップとマネジ…

  17. なぜ織田信長に憧れる社長は一流になれないのか?  

    【ビジネスの極意】なぜ織田信長に憧れる社長は一流になれないのか?

         

    企業経営のトップである社長にとって、戦国時代の武将は一国一城の主として参考にしたいものであろ…

  18. コンプライアンス  

    【ビジネスの極意】もし、あなたの部下が「道頓堀ダイブ」したら、どうする?

         

    最近、コンプライアンスという言葉が取り沙汰される機会が多い。企業においては法令や規則を守る、…

  19. パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ  

    【ビジネスの極意】パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ

         

    サライ世代に役立つビジネスの極意を紹介する本連載。会社という組織において、上司との関係は自分の人…

  20. 【ビジネスの極意】英語が話せるはアピールにならない時代の生き方  

    【ビジネスの極意】英語が話せるはアピールにならない時代の生き方

         

    ビジネスにおいて、大きな武器となる英語。世界の共用語として今後ますます必要になってくると思われるが、…

  21.  

    【ビジネスの極意】良い上司になる方法

         

    サライ世代に役立つビジネスの極意を紹介する本連載。上司である以上、誰もが部下から慕われる“良…

  22.  

    【ビジネスの極意】全国学力調査日本一の秋田県に学ぶマネジメント力

         

    サライ世代に役立つビジネスの極意を紹介する本連載。生徒の成績が日本一の秋田県は、独自の学校運…

  23.  

    【ビジネスの極意】潰れない居酒屋は何をしているのか?

         

    サライ世代に役立つビジネスの極意を紹介する本連載。今回は、潰れない居酒屋を例に、イノベーショ…

PAGE TOP