新着記事

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編18】

男性管理職のメンタル不調は深刻化か? メンタル不調の悩みの約4分の1は40代男性から!

男性40代のメンタル不調が急増!? 悩みの原因は「職場の問題」と「自分自身のこと」

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

油麻地

懐かしく怪しき香り漂うディープな街 「油麻地」裏通りを行く(香港)

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

令和初のボーナスの使い途|使う金額、用途、支払い方法は?

令和初のボーナスの使い途|将来のために貯金をする人が約7割!

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

費用が高い?日数がかかる?憧れる?「クルーズ旅行」の本当のところ

 

コスタクルーズ提供

コスタクルーズ提供

近年、日本発着や外国船の日本への寄港が増え、クルーズ旅行を楽しむ人たちが増加しています。費用や日数などを考えると、二の足を踏んでしまう“クルーズ旅行の本当のところ”をトラベルズー・ジャパン株式会社が、年間の旅行回数が平均5.4回にのぼる旅行好きを中心とした登録読者を対象に、クルーズに関する意識・動向調査を実施しました。

“憧れのクルーズ旅行の実際”を早速見ていきましょう。

■クルーズは今後経験してみたい旅行

「クルーズを経験したことはありますか?」という質問に対して、「いいえ」と答えた人が旅行好きな人たちの中でも71.2%にのぼりました。まだまだ未経験の人の方が多いですね。

「いいえ」と答えたクルーズ未経験の人に「今後、クルーズを体験してみたいと思いますか?」と尋ねたところ、「強く思う」(36.6%)、「やや思う」(41.3%)が計77.9%にのぼり、クルーズ旅行への意欲が高いことが改めて確認できました。

■経験者がクルーズを選んだ理由は“効率”と“憧れ”

コスタクルーズ提供

コスタクルーズ提供

クルーズ経験者に対して「なぜクルーズ旅行を選びましたか?」と質問したところ、「複数の都市を周遊できるから」(29.7%)、「行きたいと思っていた都市を巡るから」(29.7%)、「憧れていた」(28.0%)、「船旅が好きだから」(27.1%)という理由が続きました。実際に船内で宿泊した日数の質問では「6~7泊」25.6%、「4~5泊」24.8%と、半数以上の人が4泊以上7泊以下で乗船したことがわかりました。
想像していたよりも短い宿泊日数でクルーズを楽しんでいることもわかりますね。

一度の旅で複数の都市を巡ることができるという効率性を満たすには1週間程度のクルーズ旅行が多く選ばれています。

一度の旅で複数の都市を巡ることができるという効率性を満たすには1週間程度のクルーズ旅行が多く選ばれています。

■クルーズの良かった点:移動の効率の良さとクルーズならではの魅力があること

「クルーズで良かった点は?」というクルーズ旅行経験者への質問の答えは、「寝ている間に都市移動ができるのが楽」(55.5%)、「都市の移動ごとにパッキングをしなくてよい」(52.9%)、「ショーや生演奏などエンタメが充実している」(37.8%)、「客室から海を眺められた」(31.1%)、「観光に出かけてもよいし船内で過ごしてもよいという自由さ」(30.3%)が主に挙がりました。

寝ている間に移動できる点や、移動ごとのパッキングが不要な点が上位となり、通常のバスや鉄道を利用する陸路移動の旅行と比較して時間的・体力的にメリットを感じていることがわかります。また、同様にクルーズ旅行特有である船内でのエンターテインメントや海の眺めを楽しめる点が続きました。
確かに快適な部屋で過ごしたまま、次の目的地にたどり着けるのはクルーズ旅行の大きな魅力ですね。

「寝ている間の移動」、「都市移動に伴うパッキングが不要」などクルーズならではのメリットが選ばれています。

「寝ている間の移動」、「都市移動に伴うパッキングが不要」などクルーズならではのメリットが選ばれています。

■クルーズのイメージは「料金が高そう」、「日数が必要」。体験してみたいクルーズの決め手は?

クルーズに対して抱いているイメージを未経験者に尋ねたところ、「料金が高そう」(65.4%)、「日数が必要」(62.4%)と、この2点が群を抜いて高いイメージであることがわかりました。一方で「憧れ」も32.5%にのぼり、日数が長く高額というイメージに付随するように憧れの気持ちも一定数存在しています。
また、実際に体験してみたいと思うクルーズとしては「行きたい都市が組み合わされている」(71.5%)に続き、「日本語スタッフや日本語メニューが揃っている」(38.6%)、「少ない日数で行ける」(36.9%)、「港への移動などが含まれている」(36.9%)が挙がりました。体験したことがないクルーズのため、言語や移動などの不安を取り除きたいという心理がうかがえます。

未経験者からは「高額な費用」、「長期日数が必要」など旧来のイメージが根強い様子。

未経験者からは「高額な費用」、「長期日数が必要」など旧来のイメージが根強い様子。

「行きたい都市が組み合わされている」が圧倒的な動機となっています。

「行きたい都市が組み合わされている」が圧倒的な動機となっています。

現在、クルーズ市場は急速に変化しており、日本発着やショートクルーズ、5万円前後のプランも登場しています。

ステレオタイプなイメージを一旦置いて、クルーズ旅行のパンフレットなどをのぞいてみたら、案外理想の旅に出会えるかもしれませんよ。

【調査概要】
調査時期: 2019年 3月1日~3月8日有効回答数: 410 名
調査対象: 旅行好きが集まるトラベルズーの日本の会員

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ベネチア発の地中海クルーズ、寄港する街々の特徴と楽しみ方
  2. 豪華客船『飛鳥Ⅱ』で行く「歌舞伎クルーズ」の旅
  3. 上田寿美子さんの豪華客船クルーズ記事まとめ
  4. 船上から「氷河の崩落」の圧倒的迫力を体感!客船クラウン・プリンセ…
  5. 犬ぞりで氷河を疾駆しタラバガニに舌鼓!客船クラウン・プリンセスで…
PAGE TOP