新着記事

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

飯坂温泉|松尾芭蕉も立ち寄った東北の名湯【魅惑の温泉案内 第89回】

福島市内から車で約20分、東北の名湯として知られる飯坂温泉は、摺上川(すりかみがわ)とその支流、赤川の流れを中央に、旅館が連なります。
西行法師が、「あかずして わかれし人のすむさとは さばこのみゆる 山のあなたか」と歌を詠んだことから、「さばこ」という名前が定着しました。

温泉街の中心部にある元湯「鯖湖湯」(さばこゆ)は、明治時代の湯屋を再現した趣のある共同浴場で、弱アルカリ性の滑らかな温泉が溢れています。温泉は東北の湯らしい熱い湯。ぬるめることは基本的にご法度ですので、地元の方に了解を得てから水でぬるめて体をなじませましょう。

江戸前期の俳人・松尾芭蕉は『おくのほそ道』の道中で、飯坂温泉を訪ねています。温泉に入ったあとに宿を探しましたが粗末な家しかなく、蚤や蚊に悩まされ、さらに豪雨で雨漏りするなど、散々な目にあい、それを書き残しています。先行き不安な心持ちになった芭蕉。それでも敬愛する西行が立ち寄った温泉だったので、満足してくつろいだことでしょう。

芭蕉のほかに、俳人の正岡子規、歌人の与謝野晶子らも訪ねており、句碑などが建てられています。

鯖湖湯
画像/飯坂温泉観光協会提供

取材・文/関屋淳子
桜と酒をこよなく愛する虎党。著書に『和歌・歌枕で巡る日本の景勝地』(ピエ・ブックス)、『ニッポンの産業遺産』(エイ出版)ほか。旅情報発信サイト「旅恋どっとこむ」(http://www.tabikoi.com)代表。

「魅惑の温泉案内」過去記事リスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 老神温泉|大蛇伝説と5000体のひな人形が彩る山間の湯【魅惑の温…
  2. 東日本の名湯を厳選「地・温泉」は本当の温泉好きを満足させる宿[P…
  3. 上諏訪温泉|諏訪湖を一望する露天風呂で沈む夕陽を楽しむ【魅惑の温…
  4. 城崎温泉|文人墨客が愛した西の名湯で外湯めぐりを楽しむ【魅惑の温…
  5. 角間温泉「大湯」|文人に愛された北信濃の湯治場のシンボル【訪ねて…
PAGE TOP