サライ.jp

御なたね油syoku01

 

菜種油は日本人にとって最も身近な油のひとつです。スーパーの店頭で見かける「キャノーラ油」も菜種油の一種。原料の大部分は輸入に頼っていますが、全国各地で国産も奮闘しており、そうした良質の菜種油はケーキやクッキーなどの洋菓子つくりに用いられることもあります。

先日、青森県の下北半島にある横浜町という町で、素晴らしい菜種油と出会いました。その名を『御なたね油』といいます。

溶剤を一切使わず、「圧搾法」と呼ばれる自然な方法で、種に圧をかけてしぼります。丁寧に作られた黄金色に輝く液体は、菜の花の色を思わせるほど鮮やかです。そのままスプーンですくって口に運んでみると、えぐみをまったく感じない、澄み切った味。パンにつけても美味で、上質なオリーブオイルのような味わいが楽しめます。

生産工程を見学させてもらって驚いたのは、なんと菜種をまったく焙煎せずにしぼっていること。菜種油は原料をあらかじめ加熱することで、より多くの油をしぼることができ、歩留まりがよくなります。しかし、加熱しなければ、生産量は格段に落ちてしまいます。

この『御なたね油』を生産する「NPO法人 菜の花トラストin横浜町」の宮さん夫妻はこう話してくれました。
「よりよい品質の菜種油を作りたいという思いから、非加熱で圧搾しています。これなら、せっかくの菜種の風味が損なわれることはありません」

菜種の原料も、100%地元・横浜町産だそうです。栽培期間中は農薬をいっさい使わず、収穫後はすべて天日干しにするという、じつに手間暇のかかった菜種油の逸品です。

URL:http://www.nanohana-trust.net/

 

 

文/大沼聡子

 

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
7月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア