新着記事

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

JR東海「そうだ 京都、行こう。」今春の主役は知られざる超穴場の寺!

取材・文/小坂眞吾(サライ編集長)

サライ世代の旅心をいたく刺激するJR東海の「そうだ 京都、行こう。」キャンペーン。毎回、テレビCMの舞台に選ばれた社寺には観光客が詰めかけ、その影響力は絶大だ。

けれども最近の京都は、インバウンド効果で名所旧跡にはたくさんの人出。とくに桜が一斉開花する春は、紅葉の秋以上に混雑する。そこでJR東海が仕掛けたのは、まさかの「穴場」だった。

京都駅からJR東海道本線で東へわずかひと駅。山科区にある勧修寺(かじゅうじ)が、この春のキャンペーンの舞台だ。

さて、山科とはどんなところか。小生は生涯に一度きり、この山科付近(正確には大津市だが)を訪ねたことがある。『小倉百人一首』の取材で国道1号線と逢坂の関を取材したのだが、百人一首に残る大きな関所があったことからもわかるとおり、ここは交通の要衝だった。

〈これやこの ゆくもかへるも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関〉蝉丸

古代に整備された北陸道・東山道、のちの東海道・中山道。東日本から京都へ上る主要道は、琵琶湖によって蛇行を余儀なくされ、大津・山科で合流するのである。

琵琶湖そのものも、古くから舟運が盛んだった。調べてみると、平安京遷都(794年)よりはるか以前からの歴史があるらしい。古くは天智天皇が琵琶湖畔に近江大津宮(これまた大津市ですが)を営んだが、これも交通の要衝を押さえるため、との説がある。

現在は「京都市山科区」となっているが、じつのところ、京都本体より山科のほうが、歴史は古いのである。

*  *  *

そんな山科にある、この春のキャンペーンの主役が「勧修寺」。これを「かじゅうじ」と音読するのも最近知ったのだが、このキャンペーンのプレス発表が、東京・代官山の蔦屋書店で開かれた。

ゲストには、今回のテレビCMの編曲を担当したコトリンゴさん、お笑いコンビ「麒麟」の川島明さん、田村裕さんが登場。この3人、出身地は順に兵庫、京都、大阪ということで京都に縁が深く、コトリンゴさんの京都デートの告白をきっかけに、思い出話が尽きなくなった。

春の京都といえば、桜は見たいが人出に辟易する。だが山科なら(醍醐寺を除けば)ゆったり花見ができるだろう。テレビCMをご覧になればわかるが、勧修寺の春は一面の桜に覆われる。

嵯峨、北山(金閣)に代表されるように、古来、引退した天皇や将軍は、京都の周縁に住処を移し、余生を満喫した。それどころか、そうした周縁の地から中央の政権を支配した。京都とは、中央と周縁の緊張関係のもとに成り立つみやこだったのである。

嵯峨のご出身で宇治に居を構え、京都府民ではあるが「京都人」ではない、とおっしゃる井上章一先生の近著『京都ぎらい』がベストセラーになったのも、そうした中心と周縁の緊張関係がいまだに生きている証しだろう。

市街の喧噪を避け、隠遁したつもりで山科に遊べば、ふだんとは違った京都の魅力が見えてくるに違いない。

※「そうだ 京都、行こう。」ホームページ
http://souda-kyoto.jp/

※ 公式インスタグラムはこちら

取材・文/小坂眞吾(サライ編集長)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 孫と一緒に狂言観賞!おすすめ演目を狂言師・茂山茂さんに聞いてみた…
  2. 叡山電鉄で京都洛北の秋景色を堪能する【京都紅葉鉄道 途中下車のす…
  3. 嵯峨野観光鉄道で京都・保津峡の紅葉絶景を満喫する【京都紅葉鉄道 …
  4. 保存版!奥深き京の珈琲文化を感じる「京都の喫茶店」7軒
  5. 保存版!京都人が通いつめる「ふだん遣いの美味処」10軒
PAGE TOP