新着記事

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

Google カレンダーの超基本的な使い方(2)|予定を削除や変更する方法【スマホ基本のき 第11回】

プロが教える、正月太り解消法|働く女性の8割が正月太りしている!?

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

美容ミネラル「マグネシウム」が大注目

生活習慣病対策に効果がある、現代美容ミネラル「マグネシウム」のスゴイ実力

テッケン(Tekken)網にかかったCRB Photo courtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guamurtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guam

常夏の島のココナッツが絶滅の危機! 最強の害虫・カブトムシ(CRB)の恐怖(グアム)

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

今だけ!大阪城の重文建築群が期間限定で一挙公開中


写真・文/鈴木拓也

大坂夏の陣(1615)で落城し、徳川幕府によって再築された大坂城(以下、大阪城)。日本の三大名城のひとつであるこの城で、ふだんは非公開の多聞櫓、千貫櫓、焔硝蔵(いずれも重文)が、いま期間限定で公開されている。

今回は、ぜひとも拝見しておきたい大阪城の重文建築群についてご紹介していこう。

大阪城の表玄関となる大手門

表玄関となる「大手門」(重文)をくぐって正面から左手に見えるのが「多聞櫓」(たもんやぐら)である。櫓とは、射撃のために造られた高楼を指し、平時は武器や食料が貯蔵されていた。長屋状のつくりをした櫓を多聞櫓といい、昔は大阪城にいくつもあったが、そのうち現存するのがこれである。

門の上部が多聞櫓

多聞櫓は1628年、徳川幕府による城の再築時に設けられたが、1798年に被雷して焼失。今の多聞櫓は1848年、町人たちが献じた多額の御用金によって旧に復したものだ。

多聞櫓の内部(武者走り)

多聞櫓の内部は、上の写真のように武者走り(廊下)が長く続く。右側には6室に区切られた武士たちの詰め所があり、大手門を突破した敵を迎え撃つ銃眼が、17か所に穿たれている。

幕末の動乱期は、居城とした第14代将軍家茂や15代将軍慶喜も、この下を通って本丸へ向かったという。

 

千貫櫓の外観

石落としや銃眼を設け、大手口に迫る敵を迎撃する重要な役割を果たすのが「千貫櫓」(せんがんやぐら)。その名の由来は、豊臣秀吉がここに城を建てる前にあった石山本願寺の時代にさかのぼる。石山合戦で、難攻不落の櫓を攻めあぐねた信長軍の兵士たちが、「銭千貫文を出してでも奪いたい櫓だ」と語り合ったことから、この名を得たという。

唐破風が格式の高さを物語る大阪城の千貫櫓は、柱立て式が1620年に行われたことが判明しており、城内に現存する最古の建築物のひとつに数えられる。

構造上、多聞櫓とつながっており、見学者は多聞櫓の土居の上を通って、ここにたどり着く。銃眼からは、広大な堀に築かれた大手口土橋など美しい景観が楽しめる。寛文年間に城代を務めた青山宗俊は、千貫櫓の中で夕涼みをしたり、配下の役人に料理をふるまったという。

千貫櫓の内部

江戸時代には火薬を保存する蔵を焔硝蔵(えんしょうぐら)と呼んだ。焔硝とは火薬の原料となる硝酸カリウムのこと。焔硝蔵は、軍事施設たる城には必須の蔵で、昔はどの城にもあったが、江戸時代から残っているのは、大阪城に現存するもののみとなっている。

両脇の石壁がものものしい焔硝蔵の外観

大阪城の焔硝蔵は、壁、天井、床の全てが石造りで、花崗岩の壁の厚さは2.4メートルもある重厚なもの。1660年に、別の焔硝蔵が落雷で大爆発を起こしたのと、火災対策で半地下式にしたのでは火薬が湿気でだめになることから、今見るような構造物に落ち着いたという(もちろん今は火薬は貯蔵されていない)。

内部も重厚なつくりの焔硝蔵

以上、今回は大阪城に残る重文建築物をご紹介した。これらの櫓や建築は、2017年11月26日(日)までの土日祝日に限って特別公開されている。

地元の方も、大阪に旅行で来られる方も、この機会に、天守閣と一緒に見学されてはいかがだろう。

取材協力/大阪城パークセンター

【大阪城の櫓 内部特別公開】
■住所:大阪市中央区大阪城(券売所:西の丸庭園入口前)
■公開期間:2017年11月26日(日)までの土日祝日
■公開時間:10:00~16:30(チケット販売終了は15:30、最終入場は16:00)
■入場料:高校生以上:700円(30名以上の団体割引は600円)、中学生以下:300円
(天守閣入場とのセットは高校生以上で1200円)
■問い合わせ(大阪城パークセンター):06-6755-4146

写真・文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 仙石秀久の時代に築かれた小諸城大手門(国重要文化財) 大失態を犯し追放されたが、再び秀吉の信頼を得て乱世を生き抜いた男…
  2. 肱(ひじ)川を天然の水堀として築かれた大洲城。四重四階の天守は、平成16年(2004)に再建された 「賤ヶ岳七本槍」から豊臣水軍の中心人物へ|三英傑に仕え「全国転勤…
  3. 松江城天守には、前身である月山富田城から運ばれてきた材木が一部に利用されている 徳川家康と石田三成の仲介役を果たし、国宝・松江城を築く|三英傑に…
  4. 藤堂高虎が考案した「層塔型天守」の代表格である宇和島城 築城術と忠誠心で勝ち取った秀吉と家康の信頼|三英傑に仕え「全国転…
  5. 豊臣秀吉によって破却された富山城。江戸時代に前田家の分家が独立し、居城として改修した。現在の天守は昭和29年に建造 織田家への忠誠心を抱き続けた末の不運な最期|三英傑に仕え「全国転…
PAGE TOP