新着記事

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

文/晏生莉衣ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、世界中から多…

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

ティーンやアラサーだけではない。最近は40代の魅力的な女性に人気が集まっている。 株式会社CMサ…

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

仕事でもよく聞く「ガバナンス」と「コンプライアンス」だが、その違い、本当にわかっているだろう…

東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 武田友孝教授(左)。右は筆者。

【キーパーソンに聞く|東京歯科大学 武田友孝教授】「正しく噛むことが怪我予防につながる」

文/藤原邦康これまでアゴとスポーツの知られざる関係性について述べてきましたが、その締めくくり…

傷だらけの天使

さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『傷だらけの天使』【面白すぎる日本映画 第29回・特別編】

文・絵/牧野良幸ショーケンこと萩原健一さんが3月に亡くなった。ご本人は2011年から…

サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング

文/編集部春は新しいことに挑戦したくなる季節。健康増進のため、感性や教養を磨くため、…

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

文/小坂眞吾(サライ編集長)『サライ』2019年1月号に掲載された特別企画「美食紀行 マカオ…

「イズント・シー・ラヴリー」のオリジナルが収録されたスティーヴィー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』(モータウン)。

スティーヴィー・ワンダーの「イズント・シー・ラヴリー」がどうして「ジャズ・スタンダード」となったのか?|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道2】

ジャズ・スタンダード必聴名曲(1)「イズント・シー・ラヴリー」文/池上信次「イズント・シー・…

史上初のゴールデンウィーク10連休! どこに行く? 今から行ける旅先は?

ゴールデンウィーク10連休、旅行の予定ありますか?| 海外旅行先、人気ナンバー1はやっぱり「ハワイ」!

取材・文/末原美裕間もなく史上初の10連休という長いゴールデンウィーク(以下GW)が…

災害時、愛猫さんをどう守る?|猫を飼うなら知っておくべき事前の準備と訓練

文/一乗谷かおり 災害時、どう愛猫を守るか昨年7月の西日本豪雨の際にはインターネット…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品についての記事一覧

  1.  

    作り手の技の跡が味わえる清楚な磁器の片口!長谷川武雄さんの「白磁の片口ボウル」

         

    磁器の見どころといえば、一般には青い呉須の模様や色絵。白の下地はいわばキャンバスだ。しかし長崎県諫早市の長谷川武雄さん(67歳)は、器体にいっさいの色を施さずに個性を表現する道を、40年にわたって歩んできた。純白の磁…

  2.  

    煮る、蒸す、焼くが全部できる一器多様な伊賀の土鍋!長谷園の「ビストロ蒸し鍋」

         

    意外なことに、日本の陶土で土鍋を作れるほどの耐火度を持つ粗土が採れるのは、三重県北西部にある…

  3.  

    土や潮の香りがしてきそうな野趣あふれる小刀!ふくべ鍛冶の「能登マキリ」

         

    マキリとは、アゴと呼ばれる付け根のくびれがなく、握りからすぐ先が刃になった刃物だ。語…

  4.  

    専用包丁三本分の働きを一本でこなす万能包丁!トヨクニの「男の三徳包丁」

         

    料亭料理の発展とともに、魚の三枚おろし専用の出刃、刺身専用の柳刃、野菜専用の薄刃というふうに…

  5.  

    南部鉄器の老舗が作った魚がおいしく焼けるグリル!及源鋳造の「焼き焼きグリル」

         

    南部鉄器の製造工房、及源鋳造の製品がこの焼き焼きグリル。取り外し可能なハンドルを取れ…

  6.  

    奥州藤原氏ゆかりの質実剛健な美しい鋳物!水沢鍛造工芸社の「鉄瓶」

         

    炉から出たばかりの銑鉄は、真昼の太陽のような輝きを発していた。見ているだけでも暑い。真夏は作…

  7.  

    稀少な自然発色の国産「黄金真珠」だけで作った逸品!滝田真珠の「ゴールドパールのアクセサリー」

         

    日本の真珠は世界的にも評価の高い特産品だが、世界を見渡すと真珠には4つのタイプがある。…

  8.  

    銀製品専門店の技が冴える、世界に一つだけのバッジ!宮本商行の「銀製イニシャルバッジ」

         

    御用達制度のあった時代には宮家の食卓を彩り、迎賓館の晩餐では諸外国の賓客をもてなし続けてきた…

  9.  

    珍しい琥珀色のクリスタルに東西の刻みの技が共演!川商の「江戸切子のぐい呑み」

         

    多くのガラス製造家が実現できなかった“琥珀色”のクリスタルが、最近になり、北海道の生地グラス…

  10.  

    鞄の名産地・豊岡の原点たる明治の行李鞄を継承!豊岡柳の「柳細工アタッシェ」

         

    兵庫県の北東の端、日本海に面した豊岡市は、城崎温泉と鞄の産地で知られる。昨今は各地から工芸の…

  11.  

    93歳の熟練職人が目立てする機能美に溢れたヤスリ!柄沢ヤスリの「岡部さんのヤスリ」

         

    ステンレスを中心とした金属洋食器の製造で、国内シェア90%以上を占めるのが新潟県燕市だ。…

  12.  

    日本古来の「喰切」が進化した高性能な爪切り!諏訪田製作所の「ネイルニッパー」

         

    金属加工が盛んな新潟県三条市は、三条鍛冶の伝統を受け継ぎ、日本でも有数の包丁や作業工具ほか、…

  13.  

    老舗ブラシメーカーが作ったハイテク洋服ブラシ!池本刷子工業の「静電気除去ブラシ」

         

    洋服の埃を取るブラシには、伝統的に白馬の尾の毛が使われてきた。豚毛よりも馬毛のほうが軟らかく…

  14.  

    かげろうの羽のように薄く軽い絹織物!高橋明義さんの「米沢 ギシャ織りカベ糸ストール」

         

    米沢の絹織物は上杉鷹山公の殖産政策によって花開いた地場産業だ。その米沢で〝織りの重鎮〟と呼ば…

  15.  

    栃木レザーの希少な厚革を職人が手作業で磨く!池之端銀革店の「極厚レザーベルト」

         

    東京・台東区の東の端に、小野勝久さんが池之端銀革店を出したのは12年前だ。もともと革製品の会…

  16.  

    本藍染めの捨て糸から生まれた縮織り風の絣シャツ!久留米絣のボタンダウンシャツ

         

    絣(かすり)とは、あらかじめ糸に柄を染め分けておき、経緯の糸の織り合わせで文様を出していく技…

  17.  

    小幅の木綿地ならではの優しい風合いと肌触り!三河木綿のスタンドカラーシャツ

         

    愛知県の三河地方は、我が国で最初に木綿の種が到来した土地だ。水はけのよい肥沃な土壌が栽培に適…

  18.  

    京都・西陣の匠の技が生んだ絹織物の首巻き!西陣織の「リンクルカラー」

         

    高級絹織物の産地である京都・西陣。千年の都の織り職人たちは、今も「西陣で織れぬ布はない」と自…

  19.  

    卓越した加工技術が成し得る薄型財布の極み!山藤の「極薄札入れ」と「極薄小銭入れ」

         

    革財布を専門に作っている山藤は、東京の下町で明治32年(1899)に創業した。同社がある台東…

  20.  

    日本独自の製法による英国流の伝統的な麦わら帽子!田中帽子店の「細麦ポークパイハット」

         

    埼玉県中東部に位置する春日部市は、古くから麦の集散地であり、麦農家の副業として麦わら帽子作り…

  21.  

    眼鏡の聖地が生んだ薄さ2mmになる読書眼鏡!その名も「ペーパーグラス」

         

    古くから越前漆器の産地として知られてきた福井県鯖江市で、眼鏡作りが始まったのは明治38年(1…

  22.  

    諏訪の職人技が生んだ国産機械式時計の新星!手巻き式腕時計「THE SPQR」(ザ・スポール)

         

    長野県の中央部、諏訪湖の周辺で時計作りが始まったのは昭和10年代だ。それが戦後になって大きく…

  23.  

    独特の形状で梅酒の実力を引き出す!とっておき梅酒用グラス

         

    初夏に仕込んだ梅酒も飲み頃になってきたこの時期に合わせて、こんなグラスをご紹介。独特…

  24.  

    じっくり蒸らしてプッシュで抽出!3煎目もおいしく淹れる技ありティーポット

         

    急須でお茶を淹れるとき、濃さの頃合いを定めるのは難しい。そんなカンに頼った時代はもう古いのか…

  25.  

    冷凍庫不要!驚くほど簡単に本格アイスクリームが作れるマシン

         

    夏場だけでなく、アイスクリームを通年で楽しむ読者も多いことだろう。そんなアイス好きに、驚くほ…

  26.  

    意外な用途!抗菌性に優れる錫で作った見映えのよい「入れ歯ポット」

         

    サライでもすっかりおなじみ、錫(すず)を使った鋳物で知られる能作(富山県高岡市)から届いた新…

  27.  

    貴重な馬革コードバンで作った堅牢で使いやすい小銭入れ

         

    コードバンとは、馬の尻の一部から採れる貴重な革で、なめらかな質感に加え、耐久性も兼ね備える。…

  28.  

    サラっと着て涼しく過ごせる!風通しのいいリネンのポロシャツ

         

    汗の吸収が早く速乾性に優れるリネン(亜麻・あま)は、夏の衣料には最適の素材。そんな北フランス…

  29.  

    薄型で軽量!細かい文字もハッキリ見えるドイツ製の携帯ルーペ

         

    ドイツの名門光学メーカー、エッシェンバッハ社の定番ルーペをご紹介。合成皮革のケースとストラッ…

  30.  

    これで残暑を乗りきる!伝統生地で仕立てたサラリと涼しい甚平

         

    高温多湿の日本には、蒸し暑い夏を涼しく過ごすための工夫に溢れた品が多数存在する。ここで紹介す…

PAGE TOP