新着記事

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

バーベキューといえば、炭を敷いた上に網を置いて、食材を載せて焼くのが常識。でもそれだと場所も…

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)クラシックのコンサートは退屈と…

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【後編】

取材・文/坂口鈴香中野美佐さん(仮名・42)さんの母親は60歳を過ぎたころ「アルツハ…

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【前編】

取材・文/坂口鈴香政府は、2015年に策定した「認知症施策推進総合戦略(新オレン…

アロハ オン ザ ガンジェズ ホテル

デジタルデトックスができる!世界のリトリートホテル6選

旅先でウェルネスを求めるグローバルトレンドの高まりに伴い、日本でもデトックス…

源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。【企画展 はじめての古美術鑑賞―絵画のテーマ】

取材・文/藤田麻希昨今の日本美術ブームで、美術館に出かけるかたは多いのではないでしょうか。何…

足裏が心地よいモダンな牛革草履で颯爽と街を歩いてみたら?

天面に牛革(スエード)が張られた、モダンで小粋な草履です。滑らかなスエードの感触に加え、土踏…

茶摘み体験

大人が満足する社会見学4選【静岡県】|ヤマハ楽器ミュージアム、電車の転車台体験、うなぎパイファクトリー、茶摘み

取材・文/末原美裕子どもの頃の社会科見学は何もかもが新鮮な光景でしたが、道理の分かっ…

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家…

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ昭和、平成と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族か…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品についての記事一覧

  1.  

    炉ばた焼器 炙りや|場所を選ばず楽しめる卓上コンロ

         

    秋の食欲をさらに増進させる、家庭用の炉端焼き器が新発売。網の下に輻射板が取り付けられていて、ガス火によってまずそこが熱せられて赤くなる。直火ではなく、輻射板を通して食材にじっくりと熱が通るので、素材の旨さが凝縮され、焼きたて…

  2.  

    リネン二重ガーゼのルームウェア|天然麻100%の室内着

         

    天然のリネン(亜麻)100%のルームウェアである。二重になったリネン生地で仕立てられ、ざっく…

  3.  

    サライ・オリジナル 江戸守|折り畳める和式ポケットナイフ(えどのかみ)

         

    東京手仕事に参加する「正次郎鋏刃物工芸」は、ラシャ切り鋏の名人として知られた初代長太郎の次男…

  4.  

    ありそうでなかった!肉も野菜も極旨に焼き上がる「極厚鉄板」

         

    ステーキを焼くとき、自宅やバーベキューとステーキハウスなどのプロとの大きな違いは、鉄板の“厚…

  5.  

    両手が使えるメガネ型ルーペのロングセラー!「ハズキルーペ ラージ」

         

    両手が使える、メガネ型のルーペのロングセラーである。読書時や細かな作業をするときにこれをかけ…

  6.  

    刃の形状に秘訣あり!押しても引いてもよく切れる富田刃物の「波刃ナイフ」

         

    パン切りナイフなどによく使われるのが「波刃」である。通常、波刃ナイフの場合は、刃の付け具合に…

  7.  

    京都・大徳寺聚光院監修の作務衣が登場!実際に同寺院でも使われる逸品

         

    サライ世代に人気の作務衣は、元々は禅寺の修行僧が着た日用の作業着に由来する。作業着であれば、…

  8.  

    四季折々に姿を変える極小の庭園!ちょこっと盆栽「ちょこぼん ウェーブ」

         

    盆栽とは「盆」(鉢)と「栽」(植物)が一体となった状態を指す。ここにご紹介するのは、その名も…

  9.  

    外出先で疲れたときに便利!杖から椅子へワンタッチで変身する「Ta-Daチェア」

         

    歩くときは杖となり、立ち止まれば簡易な椅子に変身する便利な一品。散歩の途中など、外出先でひと…

  10.  

    暮らしに合わせた丁度いいサイズのグリルパン!及源鋳造の「焼き焼きグリル スリム」

         

    南部鉄器の系譜を引きながら、現代の暮らしに合わせた調理道具を提案しているのが、岩手県奥州市の…

  11.  

    極薄の本革で仕立てた超軽量の旅行バッグ!「荷物を入れても軽い牛革ボストンバッグ」

         

    革のボストンバッグは重い──そんな先入観は見事に覆される。自重は約520g、手にすると思いが…

  12.  

    京友禅の彫刻師が彫り上げた本革の携帯電話入れ!西村友禅彫刻店の「携帯マルチケース」

         

    京友禅に使用する染色道具に、柿渋(かきしぶ)が施された「型紙」(渋紙)がある。型紙にはさまざ…

  13.  

    ネクタイの名産地でうまれた紳士傘!槙田商店の「先染織物の長傘Tie」

         

    山梨県の富士山北麓に広がる郡内地方(ぐんないちほう)は、江戸時代初期より絹の先染織物(さきぞ…

  14.  

    消臭効果が永続する驚きの新素材タオル!今治産の「消臭バスタオル」

         

    「お風呂に毎日入れるわけでもなく、布団はどうしたって敷きっぱなしになってしまう。かわいそうだ…

  15.  

    豪雪地帯の知恵が生みだした快適素材のシーツ!水田の「小千谷縮の雪晒しシーツ」

         

    江戸時代から上越地方で織られてきた麻織物「越後上布」は、冷涼感で定評のある麻生地。小…

  16.  

    秀逸な発想と構造が人気の木製折り畳みベッド!中居木工の「折り畳めるヒノキすのこベッド」

         

    広島県府中市は、中国山地の中の盆地にあり、家具生産が地場産業となって長い。市内には大小いくつ…

  17.  

    木のよさを実感できる簡素で頑丈な踏み台!豊岡クラフトの「美しい踏み台」

         

    無垢材を大胆に使った手作りの家具は、物はよいが値段も高くなりがち。それに対して、静岡県浜松市…

  18.  

    革新的な技術が実現させた北欧の巨匠による曲線美!天童木工のハイバックチェア

         

    山形県の天童木工は、戦後になって本格的に家具作りを開始した。契機は高周波発振装置を導入し、日…

  19.  

    歴史ある下駄作りの技が生きるモダンな履き物!うらつか工房の「日田杉のウッドスリッパ」

         

    日田杉は、江戸時代後期には銘木として知られていた。産地の日田市は大分県の北西部にあり、筑後川…

  20.  

    雨の日でも快適に歩ける新定番シューズ!アサヒの防水シューズ「トップドライ」

         

    雨や雪の日に履く靴といえば、ゴム製のブーツ。そんな常識を覆したのが、ゴアテックス内蔵のタウン…

  21.  

    酒の味もまろやかになる純錫・手成形のぐい呑み!能作の「錫のぐい呑み」

         

    純度100%の錫で、酒器や食器を製造する能作。400年もの鋳物技術の伝統を受け継ぐ町、富山県…

  22.  

    高度な職人技が求められる精巧な磁器の酒器セット!清山の「Ri・ピート」と「キーポグラス」

         

    清涼感のある白い地肌と、簡素ながらも青い染め付けの自由な柄が印象的な波佐見焼(はさみやき)。…

  23.  

    異なる技法で焼かれた2つのビール専用カップ!五郎辺衛窯の「備前焼ビアカップ」

         

    岡山県の備前焼は、瀬戸焼や信楽焼などと並んで「六古窯」のひとつとして知られる。平安時代からの…

  24.  

    国際会議で世界の首脳を驚かせた金属加工技術の粋!真空二重チタンのタンブラー

         

    冷たいワインが注がれて、しばらく置かれているにもかかわらず、まったく結露しないタンブラーを見…

  25.  

    精巧の限界に挑んだ木の器!飯椀から小皿まで全ての食器がぴったり重なる「欅ひとりぶん」

         

    日本には数多くの漆器産地があるが、石川県の山中は最も生産規模の大きな地域として有名だ。…

  26.  

    程よい長さと縁の薄さで愛される木の匙!おかや木芸の「欅のカレースプーン」

         

    この木のスプーンは、日本の国民食とも言えるカレーライスをより楽しく、おいしく味わうために、島…

  27.  

    木地職人の至芸「ねじ挽き」で作られた二段茶筒!浅田漆器工芸の「二段茶筒」

         

    日本を代表する漆器産地の山中(石川県)には、あらゆる漆芸の技術がある。漆の技といえば塗りをイ…

  28.  

    作り手の技の跡が味わえる清楚な磁器の片口!長谷川武雄さんの「白磁の片口ボウル」

         

    磁器の見どころといえば、一般には青い呉須の模様や色絵。白の下地はいわばキャンバスだ。…

  29.  

    煮る、蒸す、焼くが全部できる一器多様な伊賀の土鍋!長谷園の「ビストロ蒸し鍋」

         

    意外なことに、日本の陶土で土鍋を作れるほどの耐火度を持つ粗土が採れるのは、三重県北西部にある…

  30.  

    土や潮の香りがしてきそうな野趣あふれる小刀!ふくべ鍛冶の「能登マキリ」

         

    マキリとは、アゴと呼ばれる付け根のくびれがなく、握りからすぐ先が刃になった刃物だ。語…

PAGE TOP