サライ.jp

十二支のお守り本尊 古美金

写真=千手観音菩薩

昭和29年創業、精密金型を用いた鋳造を得意とするメーカー、ナガエ。400年以上の歴史を持つ伝統工芸・高岡銅器の技を受け継ぎ、仏具や銅像などの美術工芸品の製作も手がける同社が「現代のインテリアになじむ仏像を作りたい」という想いを形にしたのが、この重厚感漂う小さな美仏である。

同社広報の永山泰徳氏は語る。
「もともとは金メッキの仏像を制作していましたが、宗教的印象が強くなるため、お寺にある古い仏像のような、真鍮が古びた色合いを目指しました」

同社で「古美金」と名付けた古代着色を担うのは、高岡銅器の着色を専門とする工房「色政」4代目の野阪和史氏。薬剤で仏像の表面を洗い、化学変化を起こさせたうえで漆と熱を駆使して自然な経年変化を再現する。そして、仏像の精巧で凛とした表情は、ダイカスト製法によるもの。精密な金型に溶融した金属を圧入し、高精度の製品を成形する製法だ。

こうして熟練の技術によって細部まで精緻に仕上げられた仏様のお姿や表情は、見る者の心に安らぎをもたらす。眺めていると仏像の奥深い世界に引き込まれていく。

十二支のお守り本尊 古美金

【今日の逸品】
十二支のお守り本尊 古美金

ナガエ
18,810円(消費税8%込み)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア