サライ.jp

MINO作務衣

作務衣というと綿や麻の生地を使ったものが多いが、それをジャージの素材(ポリエステル)で作るとどうなるのか──。
『サライ』創刊30周年を機にジャージメーカーのカネマスと製作したのが、この「MINO作務衣」だ。「MINO」とは昔の雨具の「簑」の意。簑に使う藁は撥水性があり、雨は繊維に沿って流れるため中には染み込まない。そんな簑の雨具としての特性をジャージの生地に取り込み、撥水性、通気性、伸縮性に優れた生地「MINO」を開発、作務衣に仕立てた。

試着してみると、これはまさしくジャージの着心地である。しかし、外見は作務衣という未体験の感覚だ。作務衣は禅寺の作務(雑役)をこなすために禅僧が着たのが始まりで、もともと動きやすく、合理的な作りになっているが「MINO作務衣」は伸縮に富み、さらに軽快な動きを約束する。

少々の雨なら弾き、通気性もあるので蒸れにくい。さらに洗濯しても短時間で乾く。数々の優れた特性は、庭仕事や散策、部屋着など多用途に使え、従来の作務衣以上に活躍してくれるはずだ。

MINO作務衣

「水に濡れてもへっちゃら」
庭仕事や散策などに万能使いの作務衣が軽い着心地でさらに動きやすくなった。

【今日の逸品】
MINO作務衣

『サライ』×カネマス(日本)
15,400円(消費税8%込み)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア