新着記事

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

和晒ガーゼのホームウェア|伝統技法で晒した肌に優しいガーゼ生地を使用

写真=ベージュ
堺で作られる「和晒」は、大きな専用の釜で通常4日間かけて生地を炊く。

優しい肌ざわりで、ほっこりと体を包み込む室内着をご紹介。

表地は「ドビー織」という技法により細かな凹凸柄が付けられ、さらさらの手ざわりが心地よい。着心地を左右する裏地には「和晒ガーゼ」が使われている。

「和晒(わざらし)」というのは、織り上がった木綿を何日もかけて釜で炊き、不純物を取り除く技法とそれにより仕上がった生地のことを指す。江戸時代より続く製法で、生地にストレスがかからないので、吸水性と通気性に優れる。

生地に圧力をかけて短時間で仕上げる「洋晒」では取り除かれてしまう毛羽(けば・生地の表面に残る柔らかな毛)が残るので、肌ざわりがよく洗濯を繰り返すごとに風合いが増してくる。

大阪府堺市には、数少なくなった「和晒」の伝統産業が残る。本品の製造元の角野晒染(かどのさらしそめ)は、昭和6年(1931)の創業以来「和晒」の技法と製法を守り続けている。

そんな「和晒ガーゼ」の肌あたりは快適そのもの。体を締め付けることもないので、外出着から着替えると心身共にリラックスする。休日の室内着にしてもよし、パジャマとして使ってもよし。ゆったりとした時間を過ごすためのホームウェアの逸品である。

写真=ネイビー
吟味を重ねた素材と伝統の製法で仕立てられたホームウェアで、ほっとできる自由時間を過ごす。通気性がよく蒸れにくい。

商品名/和晒ホームウェア
メーカー名/角野晒染(日本)
価 格(消費税8%込み)/14,040円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ
  2. 大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子
  3. 綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着
  4. ロンポス404|サイコロを振って難問に挑戦!脳活性化パズル
  5. 亀田縞サマーベスト|伝統の縞柄で丁寧に仕立てた着心地よい和風ベス…
PAGE TOP