新着記事

【夕刊サライ/川合俊一】株式投資で失敗しないために、取引内容と購入理由を記録する(川合俊一の暮らし・家計コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

とっても「いたそう」な絵も。激動の時代を生きた鬼才浮世絵師、芳年

取材・文/藤田麻希牛若丸と弁慶が満月の晩に五条橋で決闘しています。ピョンと飛び上がっ…

X線やMRIでもわからない腰痛の原因は?【川口陽海の腰痛事件簿 第4回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

10号帆布と牛革かぶせショルダーバッグ|帆布と本革で作った街歩き鞄

植物タンニンでなめされた本革と丈夫な帆布を組み合わせた、シンプルなスタイルのショルダーバッグが登場。薄型で軽量な本体は、軽快な街歩きを約束する。

10号帆布と牛革かぶせショルダーバッグ

左からブラック、キャメル、ブラウン
フラップやベルトなどにあしらわれた本革は4色展開。

大きすぎず小さすぎず、ほどほどのサイズ感で使い勝手がよい。大きなバッグは収納力はあるが、ついつい荷物を入れ過ぎて重くなりがち。かといって小さなバッグだと、外出に必要なものが入りきらない。そんな悩みを解決するスマートなショルダーバッグだ。

質感のいい本革があしらわれたフラップ(かぶせ)を上げると、前面に大と小のオープンポケットが現れる。ここには筆記具やメモ帳などを入れておける。主室にもオープンポケットがふたつ、さらにペットボトルホルダーを備えるなど、限られたスペースに機能性を高める収納が装備されている。天面にはファスナーが付くので、財布やスマートフォンなどが飛び出す心配はない。

素材の本革と帆布は、使うほどに味わいが増す。外出の友として、永くご愛用いただきたい。

10号帆布と牛革かぶせショルダーバッグ

写真=濃紺
薄型で軽量。斜め掛けにすれば体に寄り添い、混み合った乗り物の中でも邪魔になりにくい。「濃紺」は黒に近い落ち着いた色合いだ。

商品名/10号帆布と牛革かぶせショルダーバッグ
メーカー名/アコースティックワールド(日本)
価 格(消費税8%込み)/13,500円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器
  2. たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア
  3. かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激
  4. ホースレザーのスリムショルダーバッグ|上質な馬革を使った軽くしな…
  5. べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき
PAGE TOP