新着記事

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦×土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

【インタビュー】横山はる江(青森「はるえ食堂」店主)名物焼きおにぎりの旨さの秘訣は?

【サライ・インタビュー】横山はる江さん(よこやま・はるえ、はるえ食堂店主)――青森の市場…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立たせろ!」(テリー伊藤のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

文/山本益博江戸の古川柳に「握られて出来て食いつく鮨の飯」というのがあります。握り鮨…

アニリンバッファローレザー3wayドクターバッグ|堅牢なバッファローレザー製の鞄

日用から1泊程度の旅まで幅広く対応する、バッファローレザー(水牛の革)の上品な3ウェイバッグ…

万病の元「慢性炎症」が加齢によって起きやすくなる3つの理由【予防医療の最前線】

文/中村康宏前回お話したように、生活習慣病やがんを含む加齢関連疾患に共通するメカニズ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

10号帆布と牛革かぶせショルダーバッグ|帆布と本革で作った街歩き鞄

植物タンニンでなめされた本革と丈夫な帆布を組み合わせた、シンプルなスタイルのショルダーバッグが登場。薄型で軽量な本体は、軽快な街歩きを約束する。

10号帆布と牛革かぶせショルダーバッグ

左からブラック、キャメル、ブラウン
フラップやベルトなどにあしらわれた本革は4色展開。

大きすぎず小さすぎず、ほどほどのサイズ感で使い勝手がよい。大きなバッグは収納力はあるが、ついつい荷物を入れ過ぎて重くなりがち。かといって小さなバッグだと、外出に必要なものが入りきらない。そんな悩みを解決するスマートなショルダーバッグだ。

質感のいい本革があしらわれたフラップ(かぶせ)を上げると、前面に大と小のオープンポケットが現れる。ここには筆記具やメモ帳などを入れておける。主室にもオープンポケットがふたつ、さらにペットボトルホルダーを備えるなど、限られたスペースに機能性を高める収納が装備されている。天面にはファスナーが付くので、財布やスマートフォンなどが飛び出す心配はない。

素材の本革と帆布は、使うほどに味わいが増す。外出の友として、永くご愛用いただきたい。

10号帆布と牛革かぶせショルダーバッグ

写真=濃紺
薄型で軽量。斜め掛けにすれば体に寄り添い、混み合った乗り物の中でも邪魔になりにくい。「濃紺」は黒に近い落ち着いた色合いだ。

商品名/10号帆布と牛革かぶせショルダーバッグ
メーカー名/アコースティックワールド(日本)
価 格(消費税8%込み)/13,500円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP