新着記事

紅葵花蒔絵硯箱 尾形光琳作 江戸時代 畠山記念館蔵 展示期間:2月16日~3月17日 美の演出家 光悦と光琳【光悦と光琳―琳派の美】 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018 東北大会」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東北大会が行なわれました プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 『君たちはどう生きるのか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 【ビジネスの極意】『君たちはどう生きるか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ 1日10回で腰痛・坐骨神経痛を改善!|誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ【川口陽海の腰痛改善教室 第10回】 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」京都大会が行なわれました 自宅で「小鯵の南蛮漬け」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 春風亭昇太さんの定番・朝めし自慢 落語家・春風亭昇太さんの朝めし自慢「週2〜3回は自分で調える純和風の献立です」 サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

紫泥の急須『憩』|滴漏れしない秀逸なデザインの急須

紫泥の急須・憩

萬古焼は、江戸時代の元文年間(1736~41)に茶器の製造から始まった。その代表的な焼き物が紫泥の急須だ。

茶葉が対流しやすい丸形の胴に、大きな取っ手が印象的。素朴な曲線のつらなりが美しい。国の伝統的工芸品に指定された萬古焼(三重県四日市市)の急須である。

鉄分を多く含む独特の色合いを「紫泥」と呼ぶ。お茶を淹れると、タンニンが急須の鉄分と反応し、苦みが軽減され甘みが際立つ。

胴の内側に大きな茶漉しが付き、軽く傾けるだけでスムーズにお茶が注げる。さらに、注ぎ口の流線形が滴漏れを防ぐ。気持ちよく使える日用品に仕上がっている。

紫泥の急須・憩

スムーズに注げて滴が垂れない、考え抜かれたデザイン。容量もたっぷりあるので、3人分程度のお茶が一度に淹れられる。

商品名/紫泥の急須・憩
メーカー名/三陶(日本)
価 格(消費税8%込み)/3,240円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. けやきのけん玉|本格的な競技用けん玉で脳と全身を鍛える
  2. シルクの極上掛け毛布|滑らかな肌ざわりで優しい暖かさが続く
  3. ブレスサーモ デラックスウォーム|発熱肌着の先駆けブレスサーモの…
  4. 備前焼の2合徳利と広口ぐい呑みセット|素朴で味わい深い日用使いの…
  5. マスクをかけてもくもりにくい読書眼鏡|眼鏡の曇りを抑えて視界鮮明…
PAGE TOP