新着記事

アルプスの古都「インスブルック」夏に長期滞在したくなる理由とは?

文/印南敦史もうすぐ、ジメジメとした日本の暑い夏がやってくる。最高気温が更新されるた…

認知症の早期発見に有効!脳ドックの画像検査でわかること【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや検診と言えば、胃がんや大腸がん検診、肺がん検診が代表的ですが、…

巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映

文/編集部黒澤明、溝口健二とならぶ、世界に誇る日本映画の巨匠・小津安二郎(おづ・やす…

愛宕街道・古道に佇む「平野屋」で京都の“旬”を味わう【京都、初夏の新緑散歩】

取材・文/末原美裕「お伊勢七たび、熊野へ三たび、愛宕さんへは月詣り」江戸時代…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」郷土色溢れるお雑煮は、伝えていきたい究極の和食(コウケンテツの料理コラム 最終回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

【閲覧注意】カレー好きもカレー嫌いになるイヤな妄想画像10コ【イシグロ妄想研究所 vol.4】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)「カレーはどうもニガテで食べられない……」とい…

知られざる履きやすい下駄!東京浅草・高久の八ツ割下駄【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部東京・浅草は新仲見世通りに店を構える高久は、創業80年の江戸小物・雑…

ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口陽海の腰痛事件簿 第1回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

ラフィート|爪先に力を入れやすい足袋型のウォーキング・シューズ

写真上=ブラック・シルバー/下=ワインレッド 爪先にかかる負担を軽減、地面をしっかりと捉えることができる。サイドファスナーが付くので、靴ひもを締めたままでも脱ぎ履きしやすい。

写真上=ブラック・シルバー/下=ワインレッド
爪先にかかる負担を軽減、地面をしっかりと捉えることができる。サイドファスナーが付くので、靴ひもを締めたままでも脱ぎ履きしやすい。

素足になって足を踏ん張ってみればよく分かる。そのとき、足の指は扇形に開いているはずだ。だが、一般の靴は先細りになっているので、足先に力を入れたときに窮屈に感じてしまう。

それを解決するべく開発されたウォーキング・シューズが『ラフィート』である。爪先部分が足袋のように分かれているため、力を入れたときに楽に足指が広がり踏ん張りがきく。

試してみると、親指に力を入れやすく、着地から蹴り出しまでがスムーズだ。爪先の感覚も敏感になるため、段差や小石などの障害物を察知しやすくなる。これは、爪先に「第二の眼」がついたような感覚で、つまずきや転倒の予防に大いに貢献するだろう。

発売は10年前。製造元の岡本製甲の担当者に聞くと「利用者の声で一番多いのが、素足に近い感覚で快適」というものだという。素足感覚でしっかりと地面を捉えて、安全で力強い蹴り出しができるウォーキング・シューズとして、今ではすっかり同社の定番商品となった。

グイっと爪先に力を入れても、靴の中で足指が開いてしっかり踏ん張れる。ソックスは、足袋型か5本指のものを推奨。

グイっと爪先に力を入れても、靴の中で足指が開いてしっかり踏ん張れる。ソックスは、足袋型か5本指のものを推奨。

商品名/ラフィート
メーカー名/岡本製甲
価 格(消費税8%込み)/9,720円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. あの陸王を地で行く“足袋型歩行靴“ラフィート【メイドインニッポン…
  2. 木目込みの鈴が目出度い「桐のパンケース」【メイドインニッポン紀行…
  3. 織りと洗いの奇跡が生んだ市松デニムのバッグ【メイドインニッポン紀…
  4. 左からグレー、ブラック ウール混のニットをハンチングに仕上げた。 ウールニット・ハンチング|暖かなニット仕立ての定番ハンチング
  5. 付属のちろりも能作による錫製。熱伝導率がよく素早く燗がつけられる。 卓上で気軽に日本酒を燗付けできる錫の酒器『ミニかんすけ・匠』
PAGE TOP