手作り樺細工 桜とヒバの茶筒

左から細長、大
裏白と呼ばれる桜皮の花模様が彩りを添える。樺細工は使うほどに色艶が深まり手になじむ。

秋田県の角館(仙北市)は、桜の樹皮を使う樺細工品の産地として知られる。本品は、角館で明治9年(1876)に創業した八柳が手がけた。白木の木目が美しいヒバを表面につかい、帯状に桜皮あしらった樺細工の逸品である。

職人が一分のくるいもなく仕上げた天然木の茶筒は茶葉の湿気を避け、必要以上の乾燥を防ぐ。

手作り樺細工 桜とヒバの茶筒

外蓋を取ると内張りされた、美しい模様の桜皮が現れる。外蓋も中蓋も、精緻ゆえ被せると中の空気がシューッと抜けていく。

【今日の逸品】
手作り樺細工 桜とヒバの茶筒

八柳(日本)
9,350~円(消費税込み)

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
6月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品