新着記事

川中島にある信玄と謙信像。川中島合戦はお互いにとって不毛な戦いだった。

大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|【戦国史のおさらい(1)】「桶狭間合戦」のきっかけを作った 武田×今川×北条の「三国軍事同盟」

乾燥シーズンに増える手指のお悩み…「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

既婚女性 4,700名に聞いた「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

塾に通う小学生・中学生の子どもをもつ保護者に聞いた「塾への満足度調査」

塾に通う小学生・中学生の保護者に聞いた「退塾の原因」

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

本誌情報

サライ7月号発売|焼酎いま呑むべき33本!金沢を歩く!付録は筋トレチューブ!

文/編集部

『サライ』7月号を発売しました。今号のサライは、新たなブームの予感「焼酎」の大特集に、今こそ訪ねてみたい加賀五百万石の城下町「金沢」の旅特集を合わせた、盛りだくさんの”七夕特大号”です。

注目の付録は、手軽に筋肉トレーニングができる特製「筋トレチューブ」です。関連して「何歳からでも遅くない筋トレ基本のき」の特別企画もご用意。無理なく体を鍛えて、健康寿命を延ばしましょう!(詳しくは後述)

では今号の読みどころをご紹介いたしましょう。

【大特集】
「酔うだけ」から「味わう」へ進化
焼酎、いま呑むべき33本

ただ酔うためだけの酒から、香りを楽しむ酒へ。焼酎に新時代到来です。本特集では、甲類焼酎の「割り技」と乙類焼酎の「食との合わせ技」を紹介します。

まず第一部では、甲乙の区別、原料の違い蒸留法の違い、麹の違いなどを解説した「基本のき」。また、製造現場のレポートや、最新のトレンドなども併せて掲載。

第二部では、大衆酒場の名店でサワーなど割り方指南と、専門店での本格焼酎の楽しみ方を紹介します。

更に、今飲むべき本格焼酎33本を厳選し、その馥郁たる香りを解説。きっとお気に入りの1本に巡り合える手引きになるでしょう。

なぎら健壱、松尾貴史両氏の巻頭「甲乙つけがたし」対談、吉田類さんの「大衆酒場の悦楽論」も読みごたえ十分です。

本特集で、焼酎の新たな魅力をぜひ見つけて下さい。

【第2特集】
400年の美と技が息づく町
工芸のみやこ「金沢」を歩く

きたる2020年に、東京国立近代美術館工芸館が金沢市に移転します。この移転が決まったのも、金沢が江戸時代以来、400年もの間、漆、蒔絵、金工、陶磁器、加賀友禅などを振興してきた「工芸のみやこ」だからです。

今回の特集では、山中漆器の「我戸幹男商店」、彫金の人間国宝・中川衛さん、九谷焼の「赤地陶房」の工房を訪ねました。

そのほか、美術館・博物館、お店など計10か所を取材。大正時代に北大路魯山人が料理を学んだ『山乃尾』をはじめ、工芸の器で料理を愉しめる宿・美食処にもご案内します。

工芸の最大の魅力は、“人の手で作られている”こと。器や小物であれば、日々の暮らしで使うと、いっそう愛着がわきます。

観て、買って、食べて愉しい工芸のみやこ・金沢で、サライ片手に初夏の旅を愉しんでみてはいかがでしょうか。

【特別企画&付録】
何歳からでも遅くない
いますぐ始める筋トレ入門

サライ特製『筋トレチューブ』

一風変わった付録、『筋トレチューブ』が、今号の『サライ』にはついています。実はこれ、担当Hが、ジムで実際に使っているものをベースに、付録として企画したもの。

運動が苦手で、なかなか持続しなかったのですが、筋トレチューブを使う楽しさから、筋トレが習慣化し、体重・体脂肪率が減り、筋肉量がはっきり増えました。それにともない、前向きな意欲がわき、心身のエネルギーが増進したのは、何よりよかったと思えることです。

今回の特別企画では、読者の皆様にも筋トレのよさをお伝えすべく、懇切丁寧にその方法を誌面紹介します。

あわせて誌面と連動して6種の筋トレをわかりやすく紹介する13本のトレーニング動画も用意しました。下記よりまとめてご覧いただけます。
↓↓↓
■サライ7月号特別企画「いますぐ始める筋トレ入門」関連動画まとめ
https://serai.jp/trainingtubemovie

大殿筋・大腿四頭筋を鍛える スクワット《強度高め》

何歳からでも遅くはありません。本企画と付録をきっかけに、ぜひ新しい健康習慣を始めてください!

【緊急特別企画】誌面でもご指導いただいた国際武道大学准教授の荒川裕志先生に、効果的な筋トレの正しいフォームを直接指導してもらえる特別講座を8月4日(日)小学館にて実施します。抽選で10名様を無料でご招待! 詳細および応募については下記リンク先をご覧ください。
↓↓↓
https://form.id.shogakukan.co.jp/forms/2635

*  *  *

以上、美味しく食べて健康になる「朝めし」の大特集に、今こそ訪ねたい「皇居」の特集を合わせた令和最初の『サライ』6月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

電子書籍版はこちらへ

サライの定期購読のお申し込みはこちらから

サライ小坂編集長の編集後記が読める「サライプレミアム倶楽部メールマガジン」無料ご登録はこちらから

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP