■雨(推定1歳、メス)

保護した時の雨。

保護した時の雨。

不妊手術をしてエリザベスカラーをつけましたが、大きすぎてすぐに抜けてしまうので、カップ麺でオリジナルカラーを作ってみました。

不妊手術をしてエリザベスカラーをつけましたが、大きすぎてすぐに抜けてしまうので、カップ麺でオリジナルカラーを作ってみました。

1年ほど前のことです。9月の半ば23時過ぎから急にどしゃ降りの雨が降り始めました。私と、高校生の娘は布団に入り、うとうととし始めた頃でした。

雨の音に紛れて、どこからともなく子猫の鳴き声が聞こえてきました。悲鳴にも似た切ない鳴き声から、その必死な様子が伝わってきました。先住猫のオス2匹もその悲痛な鳴き声に反応。落ち着かなくなってきました。すると、2階の部屋にいた娘が、「子猫が助けてって鳴いているみたい。助けなきゃ!」といって、1階に降りてきました。

外はまだ強い雨が降っていて、しかも日付が変わる夜中です。子猫の鳴き声が、時々途切れたりするのが心配になり、いてもたってもいられなくなった娘はカッパを着て、私は傘をさして、懐中電灯を持って住んでいるアパートの裏と表にそれぞれ回って鳴き声を頼りに子猫を探し始めました。保護する時に子猫を安心させられるように、タオルを持って。

30分くらい探したでしょうか。もう諦めようと娘に声をかけようとした時、「いた!隣の家の室外機の下!」と娘が叫びました。

娘がタオルでくるんできた子猫は、とても小さくてガリガリで、泥だらけでした。家に連れ帰って洗面器にお湯を溜めて泥を洗い落とし、しっかりと拭いて暖めたところ、子猫は安心したように眠り始めました。雨の中で必死に助けを求めていたことにちなみ、「雨(アメ)」と名付けました。

(ツイッターアカウント名:kaokos@kaokos1)

文/平松温子

【関連記事】
すべての猫に幸せを!新たな家族に命を救われた「保護猫」たちの肖像

命名に込められた泣けるエピソード!命を救われた「保護猫」たちの肖像2

命名に込められた泣けるエピソード!命を救われた「保護猫」たちの肖像3

命名に込められた泣けるエピソード!命を救われた「保護猫」たちの肖像4

猫の「のどゴロゴロ」には飼い主に伝えたい思いが詰まっている【猫のふしぎ第15回】

「にゃんこサライ」の他の記事一覧はこちら

156

関連記事

ランキング

サライ最新号
2023年
1月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店