新着記事

会社の固定電話が鳴ると緊張する、知らない番号からの着信には出ない、知られざる「電話恐怖症」の実態

上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。

斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

野筆セット|野外で書道を愉しめる小型・軽量の墨筆セット

発掘された義景館の高台の庭園(特別名勝指定)。

『麒麟がくる』でも再現された朝倉館の美しき庭園。なぜ、戦国大名は競って庭園を造ったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

折りたためるオールシーズンハット|オーソドックスなスタイルで誰でも似合う“普通の帽子”

イラスト/和田聡美

吉田鋼太郎の怪演で人気沸騰! 松永久秀は本当に梟雄・悪人だったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

裏は茶畑で駅前には水田が広がる駅。昔ながらの対面式ホームが残り、列車の待ち合わせも行なわれる。ここの木造駅舎も必見。

国鉄二俣線を引き継いだ天浜線(天竜浜名湖鉄道)|古き良き鉄道風景が残るローカル線の駅を巡る旅

勝龍寺城は光秀の娘・玉(ガラシャ夫人)が藤孝の子・忠興のもとに嫁いだ城でもある

『麒麟がくる』光秀、波乱の人生最期の城までの軌跡|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【明智光秀編】~その2~

光秀が仕えた斎藤道三の稲葉山城跡地に信長が岐阜城を築いた

ミステリアスな『麒麟がくる』主人公・光秀の足跡を追う|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【明智光秀編】~その1~

親の終の棲家をどう選ぶ?|「死によってすべてが終わるのではなく、新しいステージに移る」老人ホームの施設長はシスター【4】

親の終の棲家をどう選ぶ?|修道会が運営する施設ならではの看取りとは? 老人ホームの施設長はシスター【4】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【義家族との間】義父亡き後、ゴミ屋敷化した義実家。義両親の持ちマンションに甘えた結果、義母の世話は嫁負担に~その1~

取材・文/ふじのあやこ

写真はイメージです

家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族関係を指すことが一般的だが、離婚件数が増える現在では、親の再婚相手や、再婚相手の連れ子など、家族の関係は複雑化している。血のつながりがないからこそ生じる問題、そして新たに生まれるものも存在する。義家族との関係を実際に持つようになった当事者にインタビューして、その時に感じた率直な思いを語ってもらう。

厳しかった母親に家事をみっちり仕込まれた

今回お話を伺った、穂香さん(仮名・35歳)は、26歳の時に紹介で知り合った10歳上の男性と結婚、現在は都内のマンションで子ども2人との4人暮らしをしています。穂香さんが現在暮らすマンションは義両親の持ち物。家賃はかかっていないと言いますが、その恩があるために義母の世話をしなければいけないところに苦痛を感じているそう。

「付き合った時から夫はそのマンションの一室に暮らしていて、夫と結婚を意識した時から将来はこのマンションで、義家族の近くで暮らすことになるんだろうなって覚悟はしていました。でも、結婚当初は想像以上に付き合いは淡泊で、とても居心地が良かったんです。しかし、義父が亡くなってから、居心地は180度変わってしまいました」

穂香さんは栃木県出身で、両親と6歳上の兄のいる4人家族。親族も車で数十分の距離に住んでいて、何かと親族で集まるような仲の良い家族、親戚関係だったと言います。

「両親共に3人兄弟で、従妹は10人以上います。従妹の中では私が一番年下で、小さい頃からみんなにかわいがってもらいました。両親は7歳の年の差があって、年上の父親も母親も末っ子ということもあって、私は従妹とも年が離れていたので。祖父母もすごくかわいがってくれたんですが、母親だけはすごく厳しくて、甘えん坊で何もできない子にはギリギリならずにすみました。小さい頃から勉強というよりも料理の手伝いや、掃除などを口うるさく言われていたこともあって、家事は得意なんですよ」

穂香さんは都内の大学進学に伴い上京。しかし祖父母からの資金援助もあり、事あるごとに実家に帰省していたそう。それほどに実家は居心地が良かったと振り返ります。

「大学進学は、周りが東京に出るって言っていたから軽い気持ちで入れるところに入ったという感じでした。最初は東京に夢見てたんですけど、寂しくて……。在来線でもギリギリ帰れる距離だったので、月に1~2度のペースで帰っていました。地元が恋しくて(苦笑)。

1人暮らしをして、実家で暮らしているよりも両親のことが好きになりました。それに今まで家事を手伝っているつもりだったけどだいぶ助けられていたことも実感できて、親のありがたみを知ることができましたね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【義家族との間】義父亡き後、ゴミ屋敷化した義実家。義両親の持ちマ…
  2. 【義家族との間】義妹の子どもの面倒をなぜ私が?コロナ禍の学校休校…
  3. 【義家族との間】義妹の子どもの面倒をなぜ私が?コロナ禍の学校休校…
  4. 【義家族との間】コロナ禍で逃げ場がない。30代に離婚ではなく家庭…
  5. 【義家族との間】コロナ禍で逃げ場がない。30代に離婚ではなく家庭…
PAGE TOP