新着記事

会社の固定電話が鳴ると緊張する、知らない番号からの着信には出ない、知られざる「電話恐怖症」の実態

上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。

斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

野筆セット|野外で書道を愉しめる小型・軽量の墨筆セット

発掘された義景館の高台の庭園(特別名勝指定)。

『麒麟がくる』でも再現された朝倉館の美しき庭園。なぜ、戦国大名は競って庭園を造ったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

折りたためるオールシーズンハット|オーソドックスなスタイルで誰でも似合う“普通の帽子”

イラスト/和田聡美

吉田鋼太郎の怪演で人気沸騰! 松永久秀は本当に梟雄・悪人だったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

裏は茶畑で駅前には水田が広がる駅。昔ながらの対面式ホームが残り、列車の待ち合わせも行なわれる。ここの木造駅舎も必見。

国鉄二俣線を引き継いだ天浜線(天竜浜名湖鉄道)|古き良き鉄道風景が残るローカル線の駅を巡る旅

勝龍寺城は光秀の娘・玉(ガラシャ夫人)が藤孝の子・忠興のもとに嫁いだ城でもある

『麒麟がくる』光秀、波乱の人生最期の城までの軌跡|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【明智光秀編】~その2~

光秀が仕えた斎藤道三の稲葉山城跡地に信長が岐阜城を築いた

ミステリアスな『麒麟がくる』主人公・光秀の足跡を追う|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【明智光秀編】~その1~

親の終の棲家をどう選ぶ?|「死によってすべてが終わるのではなく、新しいステージに移る」老人ホームの施設長はシスター【4】

親の終の棲家をどう選ぶ?|修道会が運営する施設ならではの看取りとは? 老人ホームの施設長はシスター【4】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【義家族との間】義父亡き後、ゴミ屋敷化した義実家。義両親の持ちマンションに甘えた結果、義母の世話は嫁負担に~その2~

取材・文/ふじのあやこ

離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じる問題、そして新たに生まれたものを、当人にインタビューして、当時感じた素直な気持ちを掘り下げます。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺った穂香さん(仮名・35歳)は、26歳の時に紹介で知り合った10歳上の男性と結婚、現在は都内のマンションで子ども2人との4人暮らしをしています。入籍とともに迎えた新居は旦那さまが1人で暮らしていた義両親の持ちマンション。2室を1つにするリフォームをしたそうですが、義両親がお金を払ってくれたと言います。

「夫は付き合っている時から4階建てのマンションの4階に住んでいて、家賃はおそらく払っていなかったと思います。義両親の家は同じ敷地内にあって、マンションの奥にありました。私との結婚が決まった時に、義両親自ら4階にあった2室をつなげるリフォームをしてくれて、そこが新居になりました。義両親の近くに暮らすことはなんとなく結婚前から覚悟はしていました。まぁ別のところに住めたほうがいいですが、家賃がかからないところはやっぱり魅力でしたから」

寡黙な義父は家族団らんを好まない。それに従うように義母とも淡泊な付き合いに

結婚後も交流は盆やお正月などの行事と、義両親の誕生日や母の日、父の日ぐらいだったそう。それは子どもができてからも変わらなかったとか。

「義父が寡黙な人で、あまり交流を好まないのか、一緒に食事をしても、ずっと無口で食べ終わったら1人で早々に帰っていくような人でした。それに義母が従って、帰りは別々になることばかりでしたね。お誕生日などのイベントもプレゼントを渡すぐらいで、その日ずっと一緒にいることもなかった。私は28歳の時に1人目を、31歳で2人目の子どもができたんですが、孫ができても義父は変わりませんでした。子どもたちも、あまりに愛想のない義父が怖いのか、あまり一緒にいたがらないようになっていきましたね。義母は義父がいないところで会うと、孫たちをとてもかわいがってくれていましたよ。ここぞとばかりに大量のお菓子を渡してしまうところだけ、やや困っていましたが、近隣で暮らす嫁姑としては淡泊な付き合いで、とても居心地が良かったです」

しかし、そんな生活がある日突然終わることになります。きっかけは義父の他界でした。

「病気がわかって、一度は退院するほど回復したんですが、結局1年も経たずに亡くなってしまいました。義母はすごく気落ちしてしまって、しばらくは口がきけないほどでした。それに普段まったく義父と会話している様子がなかった夫でさえ、しばらくは凹んでいましたね。私はもしかしたら仲が悪いのかもと勘ぐっていたんですが、お葬式で喪主をやった夫がやり切った後に1人で号泣していて。後にも先にも、夫が泣いているところをあの日初めて見ました」

【日に日に汚くなっていく義母の部屋…。次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【義家族との間】義父亡き後、ゴミ屋敷化した義実家。義両親の持ちマ…
  2. 【義家族との間】義妹の子どもの面倒をなぜ私が?コロナ禍の学校休校…
  3. 【義家族との間】義妹の子どもの面倒をなぜ私が?コロナ禍の学校休校…
  4. 【義家族との間】コロナ禍で逃げ場がない。30代に離婚ではなく家庭…
  5. 【義家族との間】コロナ禍で逃げ場がない。30代に離婚ではなく家庭…
PAGE TOP