新着記事

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その1~

取材・文/ふじのあやこ

家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族関係を指すことが一般的だが、離婚件数が増える現在では、親の再婚相手や、再婚相手の連れ子など、家族の関係は複雑化している。血のつながりがないからこそ生じる問題、そして新たに生まれるものも存在する。義家族との関係を実際に持つようになった当事者にインタビューして、その時に感じた率直な思いを語ってもらう。

小さい頃から兄との関係は希薄。そんな兄が結婚することになっただけ

今回お話を伺った、藍子さん(仮名・37歳)は、32歳まで一人暮らしをしていたものの、現在は都内にある実家に戻り、母親と兄夫婦とその子どもたち(6歳、4歳)と一緒に暮らしています。藍子さんが悩んでいるのは、義姉との関係。父親が他界してからは特に、実家では好き勝手をしていると言います。

「義姉は私と同い年で、よく言うと、すごくフレンドリー。悪く言うと、馴れ馴れしいというか……。父親がいた頃は義姉も家の手伝いをしていたんですが、今は完全に母親に任せっきり。さらにはパート勤めまで始めて、子どもの幼稚園のお迎えまで母親がしています」

藍子さんは都内出身で、両親と5歳上に兄、2歳上に姉のいる5人家族。小さい頃から兄とは関係が希薄で、あまり覚えていることはないと振り返ります。

「兄とは年齢も離れていることもあり、私が小学生の時に兄は高校生で友人と遊んでばかりだったので、あまり遊んでもらった記憶はありません。ケンカもまったくと言っていいほどしなかったです。小さい頃は姉とよくケンカをしていて、覚えているのは姉に泣かされたことばかり。姉は今は九州の家に嫁いで、年に1〜2度しか顔を合わせないけど、電話やメールもよくしていますよ。でも、兄とは……、携帯番号は知っているけど、LINEなどのアドレスは知りませんね」

そんな兄が結婚したのは今から8年ほど前。当時は兄も家とは別の場所で同棲中、藍子さんも一人暮らしをしていたこともあり、結婚までの接点は数えるほどだったそう。

「兄は大学生くらいからあまり家に帰ってこなくなり、社会人で一人暮らしを始めてからは年に1度姿を見るくらいでした。だから、結婚が決まったと母親から連絡を受けてはいたのですが、私は仕事が忙しかったこともあって、相手家族との食事会にも参加していません。だって当時は私も29歳。全員がいい大人なんだから、勝手にしてくださいって感じでしたね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【義家族との間】義父亡き後、ゴミ屋敷化した義実家。義両親の持ちマ…
  2. 【義家族との間】義父亡き後、ゴミ屋敷化した義実家。義両親の持ちマ…
  3. 【義家族との間】義妹の子どもの面倒をなぜ私が?コロナ禍の学校休校…
  4. 【義家族との間】義妹の子どもの面倒をなぜ私が?コロナ禍の学校休校…
  5. 【義家族との間】コロナ禍で逃げ場がない。30代に離婚ではなく家庭…
PAGE TOP