新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【義家族との間】両親と義両親が結託した離婚阻止。家庭内別居は6年を経過~その1~

取材・文/ふじのあやこ

家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族関係を指すことが一般的だが、離婚件数が増える現在では、親の再婚相手や、再婚相手の連れ子など、家族の関係は複雑化している。血のつながりがないからこそ生じる問題、そして新たに生まれるものも存在する。義家族との関係を実際に持つようになった当事者にインタビューして、その時に感じた率直な思いを語ってもらう。

学歴至上主義、世間体を何よりも大切にする両親の下で育った

今回お話を伺った、朋子さん(仮名・39歳)は、30歳の時に結婚して、現在は都内で旦那さまとの生活を続けているものの、家庭内別居を続けているとのこと。仕事は派遣スタッフとしてフルタイムでデザインの仕事をしています。現在離婚に向けての話し合いを続けている最中とのことですが、どちらの親にも離婚を踏みとどまれと言われた過去があるそう。

「いずれ離婚するつもりで家庭内別居を続けています。古い考えの両親、そしてダメ親で、夫と夫をかばい続ける義両親には本当にうんざり。今は毎日を無駄に過ごしているような感じです」

朋子さんは都内出身で、母親と4歳上に姉のいる4人家族。自身の小さい頃を真面目だったと一言で表します。

「両親は公務員と、元看護婦で、母親は結婚を機に家に入ったと聞いています。躾はそこまで厳しかった印象はないんですが、それは私が真面目だったからかもしれません。小さい頃はピアノに習字、塾にそろばんと習い事を多くしていて、それに勉強が嫌いじゃなかったんです。勉強すればするほど成績は上がったし、授業が終わってすぐに復習をすれば完全に忘れてしまうこともなかったから。成績は常に上位ではありました」

高校までは進学校に進むも、大学には進学せずに専門学校へ。大学進学を望む両親との言い争いは、父方の祖父母を巻き込むほど大きなものだったとか。

「子どもは両方とも女の子で、成績は妹の私のほうが良かったから、両親も大学進学を期待していたんだと思います。でも、その頃には勉強への意欲も執着もまったくなくなっていて、当時仲良かった友達が専門学校に進学を決めていたから、影響されてしまって。最初は軽い気持ちだったけど、友達と一緒に学校の見学会に行ったり調べたりするうちに、本当に興味を持つようになったんです。

最初に母親に相談したら、すぐに父親の耳に入ってしまって、激昂。『高卒になってしまうだろう』と。何の専門学校に行きたいかなどはまったく聞かれずに、反対されるだけでした。あぁ、こういう大人たちが学歴至上主義という社会を作ってきたんだなってしみじみ思いましたよ。進学は祖母が味方になってくれて、必死に両親を説き伏せてくれてやっと。半年以上は冷戦状態が続きましたね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【義家族との間】義父亡き後、ゴミ屋敷化した義実家。義両親の持ちマ…
  2. 【義家族との間】義父亡き後、ゴミ屋敷化した義実家。義両親の持ちマ…
  3. 【義家族との間】義妹の子どもの面倒をなぜ私が?コロナ禍の学校休校…
  4. 【義家族との間】義妹の子どもの面倒をなぜ私が?コロナ禍の学校休校…
  5. 【義家族との間】コロナ禍で逃げ場がない。30代に離婚ではなく家庭…
PAGE TOP