新着記事

教育専門家が教える「スマホデビュー」する我が子とのルールの決め方

郷里に住む親の介護で自滅しないための「遠距離介護」という選択

大半の高齢の親は子との同居は望んでいない!? 遠距離介護で自滅しない選択

「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴史夜話 10】

「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴史夜話 10】

ルーペ付きヘッドが360度回転する爪切り|回転機構で見やすく、力を入れずに楽にカット

斎藤道三親子の対立を煽った美濃守護・土岐頼芸

美濃守護・土岐頼芸が最後に拠った大桑城跡に立つ。14㎞先に望む斎藤道三・稲葉山城に戦国の悲哀を想う【麒麟がくる 満喫リポート】

【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしかない」という関係は家族なのか~その2~

【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしかない」という関係は家族なのか~その1~

生前・遺品整理|しっかり話合いできていますか? 後回しにすると大変な目に…!?

心配な親の孤独死。生前・遺品整理を相談していないと大変なことに…⁉

腰椎疾患のプロが教える、脊柱管狭窄症を自分で治すセルフケア

人気整体師・白井天道が教える「脊柱管狭窄症を自分で治す」ストレッチ

masa2さんによる写真ACからの写真

親の終の棲家をどう選ぶ?|超遠距離介護を続けるシングル一人娘の今――三たび扉は開いた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってくれたSNSからの応援~その1~

取材・文/ふじのあやこ

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「母親のことが嫌いだと思うことはいけないこと。罪悪感に押しつぶされそうになることがずっと続いていました」と語るのは、里香さん(仮名・38歳)。彼女は現在、関西にある自宅でネイリストとして仕事をしながら、6歳の女の子の育児をしています。職業柄、派手めなネイルに目がいきますが、その他は落ち着いた雰囲気で、ニコニコしながら話すところから、明るい性格を連想させます。

家族の不和は姉と母親から。被害者意識の強い母親の聞き役は私だった

里香さんは兵庫県出身で、両親と4歳上に姉のいる4人家族。小さい頃の中心にはいつも母親がいたそうで、父親の印象はあまりないと言います。

「父親は商社の仕入れ関係の仕事をしていたのか海外出張が多くて、たまに帰ってきてはいたんだと思いますが、あまり覚えていません。それにうちの家は母親のほうが3歳年上で、すべての決定権は母親にあったから、母親さえいれば家族は回る感じでした。母親は私が中学までは少しパートに出たりするくらいで、ほとんど家にいた印象です」

小さい頃の家族仲を伺った時、「好きだった」と感情的な部分を話し始めました。

「小学生ぐらいまでは家族仲は普通です。何かをしっかり覚えているわけじゃないけど、逆に大きな出来事もなくてあまり覚えていないので、平和だったんだろうなって思います。私が中学に上がった辺りから、私というより、姉と母親の仲が徐々にゆっくりと悪くなっていったんです。原因は姉の反抗期だと思いますが、キッチンから大きな言い合いの声とかがいつも聞こえてきて、すごく居心地が悪かったのを覚えています。

でも、もっと最悪なのが、母親も姉もその後が大変で。姉はイライラを私にぶつけるタイプで、過去に服を借りていて汚してしまったことがあったんですが、これ見よがしに思い出しギレされていました。母親からはいかに姉が悪いことをしたのか、『あなたはこうなってはいけない』と姉の悪口をずっと聞かされるんです。その時間が憂鬱でしたね。でも、家の中で私しか母親の味方がいないと、好きだからという思いがあったんです」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】母親は結婚せずに私を生んだ。亡くなってからやっと母…
  2. 【娘のきもち】母親は結婚せずに私を生んだ。亡くなってからやっと母…
  3. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
PAGE TOP