新着記事

龍爪梅花皮の酒器|優美な白の縮れはこの世にひとつ

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!【川口陽海の腰痛改善教室 第33回】

『麒麟がくる』では、日本の特殊メイクの第一人者が参加している。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】布からラテックスに 4K大河『麒麟がくる』かつらの進化が止まらない

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってくれたSNSからの応援~その1~

取材・文/ふじのあやこ

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「母親のことが嫌いだと思うことはいけないこと。罪悪感に押しつぶされそうになることがずっと続いていました」と語るのは、里香さん(仮名・38歳)。彼女は現在、関西にある自宅でネイリストとして仕事をしながら、6歳の女の子の育児をしています。職業柄、派手めなネイルに目がいきますが、その他は落ち着いた雰囲気で、ニコニコしながら話すところから、明るい性格を連想させます。

家族の不和は姉と母親から。被害者意識の強い母親の聞き役は私だった

里香さんは兵庫県出身で、両親と4歳上に姉のいる4人家族。小さい頃の中心にはいつも母親がいたそうで、父親の印象はあまりないと言います。

「父親は商社の仕入れ関係の仕事をしていたのか海外出張が多くて、たまに帰ってきてはいたんだと思いますが、あまり覚えていません。それにうちの家は母親のほうが3歳年上で、すべての決定権は母親にあったから、母親さえいれば家族は回る感じでした。母親は私が中学までは少しパートに出たりするくらいで、ほとんど家にいた印象です」

小さい頃の家族仲を伺った時、「好きだった」と感情的な部分を話し始めました。

「小学生ぐらいまでは家族仲は普通です。何かをしっかり覚えているわけじゃないけど、逆に大きな出来事もなくてあまり覚えていないので、平和だったんだろうなって思います。私が中学に上がった辺りから、私というより、姉と母親の仲が徐々にゆっくりと悪くなっていったんです。原因は姉の反抗期だと思いますが、キッチンから大きな言い合いの声とかがいつも聞こえてきて、すごく居心地が悪かったのを覚えています。

でも、もっと最悪なのが、母親も姉もその後が大変で。姉はイライラを私にぶつけるタイプで、過去に服を借りていて汚してしまったことがあったんですが、これ見よがしに思い出しギレされていました。母親からはいかに姉が悪いことをしたのか、『あなたはこうなってはいけない』と姉の悪口をずっと聞かされるんです。その時間が憂鬱でしたね。でも、家の中で私しか母親の味方がいないと、好きだからという思いがあったんです」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP