新着記事

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!【川口陽海の腰痛改善教室 第33回】

『麒麟がくる』では、日本の特殊メイクの第一人者が参加している。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】布からラテックスに 4K大河『麒麟がくる』かつらの進化が止まらない

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その1~

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってくれたSNSからの応援~その2~

取材・文/ふじのあやこ

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺ったのは、関西にある自宅でネイリストとして仕事をしながら、6歳の女の子の育児をしている里香さん(仮名・38歳)。兵庫県出身で、両親との4歳上に姉のいる4人家族。学生の頃に姉と母親の関係が破綻。事なかれ主義の父親も被害妄想のある母親との距離を保ち、母親の執着は里香さん一点に。最初は好きだからという気持ちを持って母親と接していた里香さんですが、高校生になり……。

「私にも反抗期的なものはあったんだと思います。でもそれを親にぶつけることはできなかった。何かを言うと、その何倍にもなって、愚痴の時間が続くというか。どうしてもイライラしてしまう時は、お風呂の時間に母親に聞こえないように叫んだりしてストレスを発散していました」

強くなっていく母親の束縛。もらったアクセサリーはつけないと不機嫌になった

里香さんは高校時代にアルバイトを始めて母親との時間を避け、専門学校に進んだ後もレッスンに時間を割いて、家にいる時間を徐々に減らしていきます。しかし、次にやってきたのは母親のご機嫌とりだったとか。

「その頃にはきっと母親の目から見て、私に嫌われているように映ったのかもしれません。前まではなかったご機嫌とりが始まったんです。内容はひたすら私のためになりそうなものを買ってくること。家には食べられないほど私の好きなお菓子があるようになり、それを少しでも食べないと不機嫌になる。誕生日には、小さい頃はケーキぐらいだったのに、10代にはまったく似合わないような高級な服やアクセサリーをくれるようになりました」

身の回りのものをプレゼントされることでさらに困った状況になってしまったと言います。

「アクセサリーだと、毎日つけないと不機嫌になるんです。私はカジュアルな服装をしていたし、美容系の専門学校に行っていたので、学校で髪や顔を洗ったりすることもあるから、アクセサリーはまったくつけていませんでした。邪魔なんです。なのに母親が不機嫌になるから、つけて家を出て、あらかじめ用意した袋に入れて、家に戻る直前につけて帰るといったことを毎日していました。ある意味、束縛みたいな感じを母親からずっと受けていたんです」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP