新着記事

わかさぎと小じゃがのアヒージョ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】カルシウム豊富!丸ごと食べられる「わかさぎ」を使った「カレーマヨ揚げ」「アヒージョ」

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】「手のかからない良い子」を演じ続けた代償。今も両親に本音はぶつけられない~その1~

取材・文/ふじのあやこ

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「強く反抗したことは今まで一度もなかった。本音でぶつかることで、もし拒否されてしまったらという思いがずっとあったのかもしれません」と語るのは、樹さん(仮名・39歳)。彼女は現在、都内にある旅行等を扱う代理店で事務員として働いています。化粧気があまりなく、小柄なところから実年齢よりも若く見えます。共通の友人を介して紹介された樹さんのイメージは友人の多い人。人懐っこい雰囲気を持っています。

ドライブが趣味の父親に付き添い、みんなに内緒でお菓子を買ってもらうのが楽しみだった

樹さんは神奈川県出身で、両親と3歳下に妹のいる4人家族。父親は不動産業を、母親は専業主婦ながら、同居していた父方の祖母の世話もあり、いつも忙しくしていたと言います。

「両親の年齢差は父親が2つ上。出会いは学生の頃に知人の紹介でという話だったと思います。父親は寡黙で家のことに一切口出しするタイプじゃなかったので、家を牛耳っているのは母親でした。でも、決してかかあ天下みたいな感じでもなかった。祖母もおとなしい人で、少し細かいところはあったけど、母親とはうまくいっていたと思います」

家族仲はどうだったのでしょうか。

「ずっと……、仲良しだったと思います。父親は運転が好きだったので、小さい頃はよくドライブに連れて行ってもらっていました。妹は車酔いが酷くて、いつも父親に付き添うのは私だけ。その度にいつも他の家族には内緒でコンビニやスーパーでお菓子やアイスクリームを買ってくれていました。それ目当てでドライブに付き合っていたところもあって(苦笑)。ドライブはいつも休みの日の昼間や夕方とかで、父に買ってもらったお菓子を食べすぎて晩ご飯を食べられない時があって、母親に買い食いがバレました。父親はそこからパッタリと何も買ってくれなくなったから、私も思春期に入り徐々にドライブに同行しなくなっていきましたね(苦笑)」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP