サライ.jp

取材・文/ふじのあやこ

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「強く反抗したことは今まで一度もなかった。本音でぶつかることで、もし拒否されてしまったらという思いがずっとあったのかもしれません」と語るのは、樹さん(仮名・39歳)。彼女は現在、都内にある旅行等を扱う代理店で事務員として働いています。化粧気があまりなく、小柄なところから実年齢よりも若く見えます。共通の友人を介して紹介された樹さんのイメージは友人の多い人。人懐っこい雰囲気を持っています。

ドライブが趣味の父親に付き添い、みんなに内緒でお菓子を買ってもらうのが楽しみだった

樹さんは神奈川県出身で、両親と3歳下に妹のいる4人家族。父親は不動産業を、母親は専業主婦ながら、同居していた父方の祖母の世話もあり、いつも忙しくしていたと言います。

「両親の年齢差は父親が2つ上。出会いは学生の頃に知人の紹介でという話だったと思います。父親は寡黙で家のことに一切口出しするタイプじゃなかったので、家を牛耳っているのは母親でした。でも、決してかかあ天下みたいな感じでもなかった。祖母もおとなしい人で、少し細かいところはあったけど、母親とはうまくいっていたと思います」

家族仲はどうだったのでしょうか。

「ずっと……、仲良しだったと思います。父親は運転が好きだったので、小さい頃はよくドライブに連れて行ってもらっていました。妹は車酔いが酷くて、いつも父親に付き添うのは私だけ。その度にいつも他の家族には内緒でコンビニやスーパーでお菓子やアイスクリームを買ってくれていました。それ目当てでドライブに付き合っていたところもあって(苦笑)。ドライブはいつも休みの日の昼間や夕方とかで、父に買ってもらったお菓子を食べすぎて晩ご飯を食べられない時があって、母親に買い食いがバレました。父親はそこからパッタリと何も買ってくれなくなったから、私も思春期に入り徐々にドライブに同行しなくなっていきましたね(苦笑)」

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
9月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア