新着記事

もしお孫さんが「もの」ばかり要求するとしたら、心が満たされていないからです。【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

子どもの心は日々の食事で満たされる【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

新型コロナウイルスで外出自粛、巣ごもり消費で増えたもの、減ったもの

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

時代を超えて大きな説得力を持つ言葉の数々|『倉本聰の言葉 ドラマの中の名言』

時代を超えて大きな説得力を持つ「倉本聰の言葉 ドラマの中の名言」

【ASD(自閉症スペクトラム)と子育て実態調査】ASD理解ギャップ編|ASDに対する認知・理解の実態とそのギャップについて

その特性が正しく理解されていない「ASD(自閉症スペクトラム)」と子育ての実態

大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

(1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

【瞑想に興味のある女性1,053人に聞きました!】実際に瞑想したことがある?、ない?

瞑想に興味がある女性1,053人に聞いた「瞑想と出会ったきっかけ」

50歳以上は対策が必要⁉ 免疫力を上げるために効果的なこと

味噌カレー牛乳ラーメン

【管理栄養士が教える減塩レシピ】 食事にも牛乳を取り入れて上手に減塩!「じゃがいもとアスパラのグラタン」「味噌カレー牛乳ラーメン」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】「手のかからない良い子」を演じ続けた代償。今も両親に本音はぶつけられない~その2~

取材・文/ふじのあやこ

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺ったのは、都内にある旅行等を扱う代理店で事務員として働いている樹さん(仮名・39歳)。神奈川県出身で、両親と3歳下に妹のいる4人家族。樹さんよりも妹を構う母親から「良い子だから、妹ほど手がかからなくて助かっている」と言われた影響もあり、我慢してまで良い子を演じてしまいます。

「父親とのドライブを連れて行ってもらっていたのは私だけ。でもそれも妹は車酔いが酷かったから。父親とのドライブは楽しい思い出ばかりだったのに、母親の妹ばかりを構う姿を見て、父親ももしかしたらしょうがなく私を連れて行っていただけで、妹のほうが好きなのかなって疑うようになりました。両親に妹よりも好かれたい。そんな気持ちから、良い子をずっと演じてきたような気がします」

いじめられていることを親に言えない。だって良い子だから

樹さんは学校の成績もまずまず。しかし、中学時代にクラスメイトとケンカをしたことがきっかけでいじめを経験したと言います。

「勉強は中の上、調子が良かったら上の下ぐらいでしょうか。勉強はそこまで苦手意識もなくて、数学や化学など式を覚えるだけのものは得意でしたね。クラスでトップをとったことも何回かありました。

いじめられたのは中学2年生のとき。クラスメイトの女の子と覚えていないほど些細なことでケンカしたことがきっかけだったんですが、その後友人たちが全員その子のほうに付いて、一人ぼっちになりました。いじめは無視とか、一人になることが多いぐらいで、何かを隠されたり、呼び出されたりとかはなかったので、ひたすら孤独に耐えた感じです。学校を休んだことは一度もないし、三者面談などで私が一人なことを親にバラされたくない思いから、休み時間の度に教室から離れた遠くのトイレに行って、ずっと籠っていました。だから親はまったく知りません。担任の先生から何かを言われたこともありませんでした。そのいじめっ子たちよりも私のほうが勉強ができたので、卑屈にならなくてすんだのかもしれません」

高校を卒業後は実家から都内の大学へ進学。そして就職後も実家から通い続けたそう。その頃の家族関係も以前通り良好だったとか。

「大人になって、家族でどこかに行く機会はなくなりましたが、妹も大学は実家から通っていて、近所からは『仲良し家族』とよく言われていましたね。振り返ってみると一回も大きな揉め事はなかったんです。母親から怒られることはあったけど、覚えているものはあまりなく、父親からは一度も怒られたことさえありません。私も反抗した記憶は残っていません。本当に手のかからない子だったと思います」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】母親は結婚せずに私を生んだ。亡くなってからやっと母…
  2. 【娘のきもち】母親は結婚せずに私を生んだ。亡くなってからやっと母…
  3. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  4. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  5. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
PAGE TOP