新着記事

カビ専門家に聞く「梅雨時期のカビ対策」3つのポイント

朝倉館跡空撮。

「お屋形さま」と呼ばれていた朝倉義景。室町時代後期の「大名屋形」を知れば『麒麟がくる』をもっと楽しめる【麒麟がくる 満喫リポート】

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

誰でも簡単腰痛改善ストレッチ!ろっ骨ほぐしで腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

誰でも簡単にできるストレッチ「ろっ骨ほぐし」で腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断が必要なのか?

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断なのか

夏休みに家族旅行をした時、ホテルサービスをしている動物病院に犬を預けました。獣医さんも看護師さんも顔見知りだし、犬も慣れていて、ストレスなくお留守番をしてくれたようです。ホテルの帰りがけに、病院に貼ってあったポスターに、「秋の健康診断」という言葉を見つけました。

わが家では毎年春に、ワクチンの接種とノミとマダニ予防をする時に、血液検査を受けていますが、秋もやるべきなのでしょうか。ペットの健康診断についてひびき動物病院の院長岡田響先生にきいてみました。まず、ペットの定期検診はどの程度の頻度で受診するのがベストで、春と秋の健康診断では何が違うのでしょうか?

「まだ若い子ならば、定期健診は1年に1回程度でもいいのですが、犬も猫もミドル世代の5歳以上になったら、半年に一度、検診を受けるのが一番良いと思います。半年に一度は多いような気がするかもしれませんが、ペットはヒトよりも歳を取るのが早く、ヒトの1年は犬猫の4~5年分になるといわれます。ペットの半年に1回は、ヒトだと2年に1回、という時間です。

多くの飼い主さんは春に、狂犬病やワクチンの予防注射をしたり、ノミ・ダニの駆除や、ワンちゃんならばフィラリアの駆除をするでしょう。その時に血液検査を受ける人が多いと思います。

さらにその上で、半年たった秋にもう一度検診をするのがベストです。9月は動物愛護週間もあるので、それに合わせて、ペットのためになる病気の早期発見や予防をしてみてはいかがでしょうか」と、岡田先生。

■健康診断は何をするのか

具体的に、ひびき動物病院ではどんな健康診断をするのでしょうか?順番に先生の言葉で解説していただきます。

1)先生の問診

飼主さんが日ごろ気になっていることや、生活状況や普段の食事内容などを聞いていきます。「いつも耳をかくクセがある」とか、「吐きグセがある」、「舌を出してかわいい表情をしている」、「好き嫌いするけどお水はよく飲んでいる」など、ご家族が重要でないと思っていない内容の会話が、意外とあとでカギとなることも多いのです。

2)触診や視診

まずは体重を測りながら全身の状態を目で見て触って確認します。肥満状態なのか、脱水していたり、リンパ節が腫れていないかを触って確かめます。太ってしまう場合も、痩せてしまう場合も、体重は実際に数字をみないとみなさんあまり実感してない印象です。いつも一緒にいればあまり変化がわからないのかもしれませんね。しこりが無いかも、重要なポイントですね。しこりがあったら必ず検査を勧めます。それと高齢のペットは歯や眼に異常が出ることが多いので、必ずチェックが必要な場所です。

3)聴診

心臓の異常が無いか、心拍数、心雑音、不整脈など、音の異常が無いかを聞いて確かめます。また、呼吸の状態や数、音も異常が無いかどうか調べます。お腹の音もじっくり聞いて、消化管が正常に動いているか、変な音がしないかを確かめます。

4)便検査

検便では腸内細菌のバランスなどお腹の消化状態を知ることができます。寄生虫やある程度の病原菌の有無もチェックします。なるべく新鮮な便をチェックした方が情報量があります。

5)尿検査

尿の検査は腎臓病・尿路疾患・尿路結石や糖尿病などをチェックします。見た目は普通の尿であっても、検査するとサインが出ていることはよくあります。おしっこが少しクサい、量が増えた、とか泌尿器疾患の場合は一番先に尿に変化がでますので、他の検査よりも異常を見つけられることがあります。

尿検査は採尿が一番大変かもしれませんが、がんばってきれいな尿を液体でとっていただくと、得られる情報は多いです。体に注射針を刺して採尿する方法もありますが、健康診断の際は、来院時にまずは器などにとってもらい、新鮮な尿を見るところから実施しています。

6)血液検査

血液検査は5歳未満と5歳以上で、推奨メニューが分かれます。春の健康診断ではフィラリア薬の投与が問題なくできるか?が一番の目的になります。もしも春に何か問題があった場合は、解決していますか?見つかった問題については、再チェックしないといけません。

良くなっていない場合は、そのままにしないで、もう少し原因の追究をしてあげましょう。画像診断なども追加が必要かもしれませんね。

7)画像診断

画像診断ではレントゲン検査と超音波検査があります。レントゲン検査では、体を全体的なところからみて検査していきます。超音波検査では、もう少し部分的なアプローチで、異常がないかを検査していきます。

どちらの検査も横に寝かせたり、バンザイさせながら検査を進めますが、通常は痛みや苦痛を伴う検査ではありません。でも、放射線の管理の都合などで、これらの検査はおそらく見えないお部屋で実施することが多いことから、ご家族のかたはどうやっているのかあまり想像ができないかもしれませんね。

写真は撮影風景ですが、数年前のもので、その時当院はフィルム撮影でした。現在はデジタル撮影ができるようになり、フィルム交換作業がなくなったので、ヒトも動物もだいぶ負担が減りました。

写真は撮影風景ですが、数年前のもので、その時当院はフィルム撮影でした。現在はデジタル撮影ができるようになり、フィルム交換作業がなくなったので、ヒトも動物もだいぶ負担が減りました。

8)心電図検査と血圧測定心電図検査と血圧測定

ヒトもペットも高齢化社会。特にチワワなど小型犬には心臓病が多いので、当院では心電図も健康診断のメニューに取り入れています。血圧の測定なども実施します。

■健康診断を受ける飼い主さんに3つのアドバイス

健康診断の内容と重要性を知って、ぜひ病気の早期発見のために、健康診断を受けてみたいと思います。最後に岡田先生から、健康診断を受ける飼い主さんへ、3つのアドバイスをいただきました。

【その1】

健康診断の時はヒトと同じように8~12時間の絶食が必要です。当日の朝はごはんをあげないようにしてください。これが一番大変!だという声が結構多いです。大変だと思いますけれど、終わったらおいしいご褒美が待ってますから、ちょっとだけ我慢ですね。

【その2】

気になる事や、何かよくやるクセ、などは全部教えてください。普段あまり気にしていないような事でも、病気に関係しているかもしれません。飼い主さんが「かわいい仕草かな?」と思っていたら、実はある特定の場所を気にしてやっていた行為だった、という事もよくあります。

【その3】

健康診断を受けて、分かったつもりになるけれど、その後はいつも通りになってしまって、また同じ繰り返し、という飼主さんもいらっしゃいます。結果を聞いただけで、満足してしまう飼い主さんも多いのです。せっかく健康診断を受けて、正しい道ややるべき事がわかったのに、やらないのはもったいないし、ペットの身体にとっても良いことではありません。

そんな飼い主さんであっても、健康診断により身体の異常がわかったら、その後の経過はどうなのか、継続的に定期健診をして、推移を見てくれます。ある時点で、納得して治療してくれるようになるため、結果的に健康な身体を取り戻すことができるようになります。

口のきけないペットですから、なるべく早めに病気を発見したり、予防したいもの。岡田先生のアドバイス通り、5歳以上になったら、半年に一度、春と秋の検診を習慣にします。今月は動物愛護週間にちなんで、各地で高齢ペットの表彰式なども行われます。わが家のペットも表彰式を目指して、いつまでも元気で長生きしてもらいたいものです。

岡田響さん(ひびき動物病院院長)取材協力/岡田響さん(ひびき動物病院院長)
神奈川県横浜市磯子区洋光台6丁目2−17 南洋光ビル1F
電話:045-832-0390
http://www.hibiki-ah.com/

 

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

写真/木村圭司
写真提供/ひびき動物病院

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 狂犬病を克服した日本だからこそできる、死の病との戦い方 狂犬病を克服した日本だからこそできる、死の病との戦い方
  2. 川端康成はセッターやシェパード、フォックステリアなどたくさんの純血種を飼育していた 文豪・川端康成が書いた「愛犬家心得」の神髄
  3. 新型コロナウイルスに関して飼い主さんが知っておきたい3つのポイント 新型コロナウイルスに関してペットの飼い主さんが知っておきたい3つ…
  4. 愛犬の終活を迎える時に、準備しておきたい大切なこと 最後の日々を後悔しないために「愛犬の終活」で準備したい大切なこと…
  5. 生きたまま慰霊されたタロとジロと行方不明の遺骨 生きたまま慰霊されたタロとジロと行方不明の遺骨
PAGE TOP