新着記事

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

洗剤

「風呂の残り湯は使わない」「毎日洗濯しない」|令和時代の洗い方

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

親の終の棲家をどう選ぶ?| 夫の両親の介護~大好きな息子たちの存在を忘れた母【その1】

取材・文/坂口鈴香

親の終の棲家をどう選ぶ?| 夫の両親の介護~大好きな息子たちの存在を忘れた母【その1】

今や介護の担い手は、嫁いでいようが、妻が専業主婦だろうが、実の娘や息子という時代だ。少し前まで、長男の嫁が担うのが当然という風潮が強かったが、状況は一挙に変わった。それでも、多かれ少なかれ嫁が介護にかかわるケースはまだまだ多い。今回は、そんなケースを紹介しよう。

姑が認知症に

大村佳代子さん(仮名・63)は、近くに住む共働きの息子夫婦の子どもの保育園への送迎、息子家族の夕食づくりに加えて、隣県に住む夫の両親のもとにも週に数回通っている。子育てをしていた30代のころより「倍どころじゃなく忙しい」と笑う。夫は定年退職後、再就職し、残業こそないものの毎日出勤しているし、夫の弟夫婦も現役で働いているため、介護はまったくあてにならない。孤軍奮闘中だ。

もともと義父母とは、そう頻繁に行き来する関係ではなかった。夫兄弟は、どちらも最難関大学を出て、一流企業に就職。夫の両親にとっては自慢の息子たちだった。特に義母は息子たちを溺愛していたという。

「義母は最愛の息子を奪った嫁が気に入らなかったんでしょう。私も気が強い方なので、何かとぶつかることも多かった。それで、子どもが大きくなるとお正月に顔を出す程度の付き合いになっていたんですが、主人兄弟は義母を大切にしていましたね。仕事帰りに寄ったりしていたようです」

ところが、義母は75歳を過ぎたころからだんだん足腰が弱ってきた。さらに、物忘れが目立つようになり、認知症と診断されたのだ。

「主人兄弟は、大好きな母親が認知症だと認めたくなかったようですが、さすがにおかしいと病院に連れて行ったんです。義父はお茶を入れたこともない人だったので、それでもまだ義母が家事をやっていたんですが、あるとき鍋を焦がして大きな穴を開けて、さすがに怖くなりました」。

義父は厳格な家長というタイプだった。ヘルパーを家に入れることも嫌がったため、義父母の二人暮らしはあっという間に難しくなった。当時、佳代子さんも平日はパートに出ていたので、週末になると夫と実家に行き、食事の作り置きや掃除をしていたが、それも限界がある。夫兄弟と話し合って、母親を自宅から近い有料老人ホームに入居させることにした。

「本当は二人で入居してほしかったんですが、義父は絶対に家にいると言って拒否。義母は自宅に固執することもなく、一人でホームに入ることを受け入れてくれました。それでひとまず安心したんですが、主人と義弟は母親を施設に預けることに抵抗があったようです。自宅で介護するのはどう考えても無理ということで、しぶしぶ同意したという感じですね」。

それからだ。佳代子さんの奮闘がはじまったのは。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』 老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計…
  2. 2019年還暦人を徹底調査 60歳の格差広がる|還暦人の貯蓄額平均は2,956万円、一方4人…
  3. 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった…
  4. 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった…
  5. 「争族」を避けたいなら、遺言書は書いておこう|『子どもを幸せにする遺言書』 「争族」を避けたいなら、遺言書は書いておこう|『子どもを幸せにす…
PAGE TOP