新着記事

退職金・企業年金・私的年金も忘れずに。セカンドライフの収支もチェック【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後にもらえるお金はいくら!?|年金だけでなく、退職金・企業年金・私的年金の受け取れる総額を知る【今からはじめるリタイアメントプランニング】

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

常滑焼の炭化焼成の急須と湯呑み2客組|コクがあり柔らかな味が楽しめる炭化焼成のセット

佐世保鎮守府関連の日本遺産を巡る特別な徒歩ツアー|長崎県佐世保・日本近代化の躍動を体感できる街【1】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【前編】

同窓会で気になること第1位は「友人のおばさん化」!?

高校時代、あんなにキレイだったのに……|同窓会で気になったこと第1位は「友人のおばさん化」

八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる

水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【田中吉政編】

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】大学在学中に発覚した病気。こんなに心配をかける自分は親不孝者。その思いから親の前で泣けなかった~その1~

取材・文/ふじのあやこ

"娘のきもち21_1

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「普通じゃないって自分で決めつけていたんだと母親が教えてくれました」と語るのは、彩香さん(仮名・28歳)。彼女は現在、都内で派遣スタッフとして働いています。ボブの黒髪にきめ細かい白い肌、姿勢や所作などから清楚な雰囲気を感じさせる女性です。

幼少期に一番覚えていることは姉とのケンカ。おさがりが嫌で仕方なかった

彩香さんは埼玉県出身で、両親と3歳上に姉のいる4人家族。父は都内の企業に勤めるサラリーマン、母親は近所のスーパーでパート勤務をする兼業主婦です。悪いことをすると怒るのはいつも母親だったそうで、よく叩かれていたと言います。

「小さい頃に怒られた記憶で残っているのは母親だけです。父親からはまったくと言っていいほど何も覚えていませんね。きっと怒られてはいたと思うんですが(苦笑)。母親は私が言うことを聞かないと手を出すタイプの人だったので、痛みで覚えているのかも。でも、虐待とかじゃないですよ!いっぱい叩かれましたけど、辛い記憶では残っていないので。それだけ悪いことをしていたんだと思います」

母親からの躾よりも鮮明に覚えているのは姉との不仲だと彩香さんは語ります。

「姉妹の仲は本当に悪かったです。3個上って、丁度中学や高校が被らないんです。だから中学なんてジャージや通学カバンまで姉のお古でした。私はそれが嫌で嫌で仕方なくて……。

高校は同じような成績だったんですが、勉強を頑張って姉より上の学校に進学しました。高校までお古なんてまっぴらだったから。友人はお姉ちゃんと私服を共有したりしていたけど、私たち姉妹はまったく。中学までは叩き合うようなケンカをしていたんですが、私が高校に進学した時には会話さえなくなっていました」

高校時代には反抗期に入り、母親との会話もなくなったそう。しかし高校では部活動など、家よりも楽しいことが増えて充実していたと言います。

「バスケ部に入って、ずっと部活のメンバーと行動していました。強豪校でもないし、大きな目標があったわけでもないけど、みんなと一緒にいることがただ楽しくて。それに同じ部活で彼氏もできたんです。部活以外でも私たちカップルと数人の男女グループでよく遊んでいました。当時家族で過ごした記憶はないけど、友達と海に行ったり、花火大会に行ったり、卒業旅行に行ったり、いろんな思い出が残っていますね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~ 【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で…
  2. 【娘のきもち】幾つもの困難を経て生まれた8歳下の弟。母親の溺愛は日常の風景だった~その1~ 【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で…
  3. 【娘のきもち】両親に大きな庭付きの一軒家をプレゼント。今までもこれからも実家が安らぐ場所になるように~その2~ 【娘のきもち】両親に大きな庭付きの一軒家をプレゼント。今までもこ…
  4. 【娘のきもち配は過剰にしても、何かを押しつけたりは絶対にしない。小さい頃一度も寂しい思いをすることもなかった~その1~ 【娘のきもち】心配は過剰にしても、何かを押しつけたりは絶対にしな…
  5. 【娘のきもち】受精卵の異常で流産に。父は自分の病気のせいだと自分を責めて、彼に謝り続けた~その2~ 【娘のきもち】受精卵の異常で流産に。父は自身の病気のせいだと自分…
PAGE TOP