新着記事

わかさぎと小じゃがのアヒージョ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】カルシウム豊富!丸ごと食べられる「わかさぎ」を使った「カレーマヨ揚げ」「アヒージョ」

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~

取材・文/ふじのあやこ

【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内にある美容と理容を併設するお店で理容師として働いている栞さん(仮名・21歳)。千葉県出身で、両親と2つ下に弟のいる4人家族。英語ができるようになりたいという思いから、進学校の国際教養科を目指すように。中学時代はまさに勉強漬けの毎日を過ごします。

「中学時代は時間があると勉強をしていました。人生であの時ほど勉強を頑張った時期はないんじゃないかな。塾のストレスから、歯ぎしりで歯がボロボロになっていても、勉強をやめたりはしませんでした。そのくらい、その高校に行きたかったから」

希望校に無事合格。合格発表の場で泣きながら両親と抱き合い喜んだ

ついに迎えた受験、そして合格発表。両親と3人で受験番号を見に行ったと言います。

「実は受験日に風邪をひいてしまって、後日の自己採点では不合格だったんです。だから合格発表を見る前からすごく凹んでいましたね。両親も気を使っているのがわかったし。

合格発表は車で、3人で見に行きました。父が車に残って、私と母親の2人で見に行ったんですが、結果は……合格していました!その場で母親と泣きながら抱き合って喜びました。それに車で待っていた父も我慢できなかったようで、車を路駐したまま降りてきちゃって。合格発表の場で3人で喜びを爆発させましたね(笑)」

念願の高校生活がついにスタート。在学中は留学も経験するなど、英語に触れる機会も希望通り増えていきます。そんな順風満帆の生活の中、ある違和感が少しずつ大きくなっていったそうです。

「学校は外国人、帰国子女、何か国語もすでに話せる人など、最初から話せるのが当然の人の割合が多くて。学校では毎日英語というか外国語の勉強の時間があり、ついていくのに必死だったけど、刺激がたくさんあって楽しかった。高校2年生の時には交換留学生として、オーストラリアに1か月ほど行くなど、留学も経験させてもらいましたし。

でも、どんどん英語の授業のレベルが上がっていって、英語が楽しくなくなっていったんです。誰かと英語で会話するのは本当に楽しかったけど、知識を広げていきたいのかなって疑問を持つようになっていきました」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP