新着記事

幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今もお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今も両親はお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親。その姿が苦手だった~その1~ 【娘のきもち】中高一貫校に入ったことで勉強が好きに。お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親が苦手だった~その1~ 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!?

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

平成トレンドを振り返る|40代・50代・60代がハマったブームは「パソコン」「若貴」「カラオケ」「塩麹」

株式会社大和ネクスト銀行( https://www.bank-daiwa.co.jp/ )は、平成時代の思い出や、平成の次の時代に関する意識を探るため、2018年10月19日~10月22日の4日間、全国の20歳~69歳の男女を対象に、平成時代の思い出とポスト平成に関する調査をインターネットリサーチにより実施し、1,000名の有効サンプルを集計した。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)

この結果から、もうすぐ終わる平成時代の出来事について振り返ってみよう。

* * *

平成トレンドを振り返る

平成時代の生活と思い出を振り返る

 

■ 平成時代の出来事と思い出 ■

◆平成時代に40代・50代・60代がハマったブーム 「パソコン」「若貴」「カラオケ」「塩麹」

平成時代に40代・50代・60代がハマったブーム 「パソコン」「若貴」「カラオケ」「塩麹」
平成時代には、さまざまなものがブームになりましたが、どのようなブームにハマったかを聞きました。全回答者(1,000名)に、平成時代のブームでハマったものがあるか聞いたところ、「ある」は59.2%、「ない」は40.8%となりました。ハマったブームがある人(592名)に、どのようなブームにハマったか聞いたところ、「たまごっちブーム」(31.8%)が最も多く、次いで、「スマートフォンブーム」(30.4%)、「SNSブーム」(27.9%)、「携帯電話ブーム」(27.7%)となりました。

特に40代以上がハマったブームでは、「パソコンブーム」(40代男性・50代男性・60代男性・60代女性では1位)、「大相撲・若貴ブーム」(50代男性では2位)、「カラオケブーム」(40代女性では2位)、「塩麹ブーム」(60代女性では2位)などが挙げられます。

◆平成時代に自身の生活を大きく変えた制度・取り組み 1位「消費税」、20代では「ゆとり教育」が3割

平成時代に自身の生活を大きく変えた制度・取り組み 1位「消費税」、20代では「ゆとり教育」が3割

◆開始されて良かった制度・取り組み 3位「ふるさと納税」2位「クール・ビズ」、1位は?

◆開始されて良かった制度・取り組み 3位「ふるさと納税」2位「クール・ビズ」、1位は?
平成時代には、新しい制度や取り組みがいくつか始まりましたが、全回答者(1,000名)に、平成時代に開始された制度・取り組みで、自身の生活を変えたと思うものを聞いたところ、「消費税」(36.6%)が最も多く、次いで、「学校週5日制」(13.3%)、「ゆとり教育(学習指導要領改訂)」(10.2%)、「マイナンバー制度」(7.8%)、「大学入試センター試験」(5.6%)となりました。

年代別にみると、20代では「ゆとり教育(学習指導要領改訂)」(30.0%)が他の年代と比べて際立って高くなりました。教科の学習内容削減や“総合的な学習の時間”の新設といった学習指導要領の改訂に、影響を受けた人が多いのではないでしょうか。

また、平成時代に開始された制度・取り組みで、開始されて良かったと思うものを聞いたところ、「学校週5日制」(12.2%)が最も多く、次いで、「クール・ビズ」(11.7%)となりました。そのほか、「ふるさと納税」(11.0%)、「エコカー減税」(9.4%)、「NISA(少額投資非課税制度)」(6.3%)と、税金に関連する制度も上位に挙がりました。

◆“行ってみたい”平成開業の施設ランキング 1位「三鷹の森ジブリ美術館」

“行ってみたい”平成開業の施設ランキング 1位「三鷹の森ジブリ美術館」

◆平成開業の“最強デートスポット” 3位「横浜・八景島シーパラダイス」、TOP2は?

平成開業の“最強デートスポット” 3位「横浜・八景島シーパラダイス」、TOP2は?

平成時代にはさまざまな新スポットの開業も話題となりましたが、全回答者(1,000名)に、平成開業の施設で行ったことがあるものを聞いたところ、「東京ディズニーシー」(39.9%)が最も多く、次いで、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(35.5%)、「東京スカイツリー」(25.7%)、「ハウステンボス」(24.1%)、「六本木ヒルズ」(22.9%)となりました。2001年に開業した東京ディズニーシーに行ったことがある人が多いようです。

居住地別にみると、東海と近畿、中国・四国では「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(東海41.7%、近畿65.2%、中国・四国48.0%)、九州・沖縄では「ハウステンボス」(47.3%)がトップとなりました。

次に、平成開業の施設で、行ったことはないけれど行ってみたいものを聞いたところ、「三鷹の森ジブリ美術館」(16.3%)が最も多く、次いで、「東京スカイツリー」(15.3%)、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(15.2%)、「ハウステンボス」(14.1%)、「東京ディズニーシー」(11.3%)となりました。ジブリ映画の世界観が味わえる、三鷹の森ジブリ美術館に行ってみたいと思う人が多いようです。

また、平成開業の施設で、最強のデートスポットだと思うものを聞いたところ、「東京ディズニーシー」(29.5%)が最も多く、次いで、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(15.9%)、「横浜・八景島シーパラダイス」(9.4%)、「東京スカイツリー」(8.0%)、「ハウステンボス」(5.8%)となりました。西日本の代表的なレジャー施設であるUSJを抑えて最強のデートスポットの座に輝いたのは、東京ディズニーシーという結果となりました。

性年代別にみると、20代女性では「東京ディズニーシー」(50.0%)が最も高くなりました。20代女性にとっては、“東京ディズニーシー=最強のデートスポット”となっているようです。

◆平成のスポーツ名場面 1位「大坂なおみ全米制覇」2位「羽生結弦五輪連覇」3位「なでしこジャパンW杯優勝」

◆平成のスポーツ名場面 1位「大坂なおみ全米制覇」2位「羽生結弦五輪連覇」3位「なでしこジャパンW杯優勝」
スポーツ界ではさまざまな名勝負、好プレーがニュースになりましたが、全回答者(1,000名)に、平成時代のスポーツ界での“名場面”について、印象に残っているものを聞いたところ、1位「テニス全米オープンで大坂なおみが優勝(2018年)」(27.1%)、2位「平昌五輪男子フィギュアで羽生結弦が66年ぶりに連覇(2018年)」(26.9%)、3位「サッカー女子W杯で日本(なでしこジャパン)が優勝(2011年)」(24.8%)、4位「シドニー五輪女子マラソンで高橋尚子が金メダル獲得(2000年)」(24.6%)、5位「バルセロナ五輪女子競泳で岩崎恭子が金メダル獲得(1992年)」(23.2%)となりました。世界を舞台に偉業を達成した大坂なおみ選手の姿が印象に残っている人が多いようです。

20代・30代では「夏の甲子園で早実の斎藤佑樹が活躍」、50代・60代では「岩崎恭子金メダル獲得」が記憶に残る名場面1位に

◆平成のスポーツ名場面 年代別

年代別でみると、名場面1位は、20代では「夏の甲子園で早稲田実業の斎藤佑樹が活躍し『ハンカチ王子』ブームに(2006年)」、30代では「テニス全米オープンで大坂なおみが優勝(2018年)」「夏の甲子園で早稲田実業の斎藤佑樹が活躍し『ハンカチ王子』ブームに(2006年)」、40代では「平昌五輪男子フィギュアで羽生結弦が66年ぶりに連覇(2018年)」、50代と60代では「バルセロナ五輪女子競泳で岩崎恭子が金メダル獲得(1992年)」となりました。

* * *

長いようで短かった気もする平成。次の元号はまだわからないが、新元号が始まるとすぐに東京オリンピック、大阪万博と大きなイベントが目白押しだ。いままでにない、賑やかな時代の幕開けかもしれない。

平成はまた大きな災害が起こった時代でもある。次の時代は平穏無事な時代となるよう願わずにはいられない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 平成時代の生活と思い出を振り返る 平成時代を振り返る|男性約3割、 女性約5割が「平成時代は良かっ…
PAGE TOP