新着記事

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

「知らなかった」では遅すぎる!親が要介護になる前に読んでおきたい1冊

文/鈴木拓也

40代も半ばを過ぎると、それまでは漠然としか思っていなかった「親の介護」が、にわかに現実味を帯びてくる。

「うちの両親はまだ元気だから大丈夫だろう」などと高を括っていると、いざ要介護となった際に、予想もしない苦労や面倒に直面するから注意が必要だ。

具体的に、どんな苦労が襲いかかり、どう乗り切るのかを書籍『親の介護をはじめたらお金の話で泣き見てばかり』(ダイヤモンド・ビッグ社)にまとめたのが、エッセイストの鳥居りんこさんだ。

実は、鳥居さん自身も、親の介護を呑気にかまえていた一人。傘寿を迎えようとする母親が、歩行障害が進行する難病に罹っていると分かって大慌て。自宅介護では手に負えなくなり、老人ホーム入居に踏み切るところから、本書は始まる。

一読して印象に残るのが、「介護とは、想定を超えてお金がかかる」という点。そうなる理由は幾つかあるが、しばしば病院に入院するため、老人ホーム入居費と入院費の二重負担となるのが大きい。出費を大甘に見込んでいた鳥居さんは、資金繰りで大きな苦労を背負いこむ羽目に………。

本書では、単なる苦労話だけでなく、介護費用を節約できる制度についても解説されており、「介護は他人ごとではない」我々の多くにとって実用性が高い。

例えば、「高額介護サービス費制度」。これは、介護保険を利用し、1か月に支払った自己負担額(1割または2割)の合計額が上限を超過した場合、超過分が払い戻されるという、ありがたい制度。その上限額も、個人・世帯所得によって変わるという「特定入所者介護サービス制度」という別の制度で決まっており、このややこしい仕組みを1制度に1~2ページを割いて明解に説明している。

このほか本書では、ATMで暗証番号を数回誤入力したら「超面倒臭い手続き」が要るので、親の記憶力がまだ大丈夫なうちに暗証番号を聞いてメモしておくとか、成年後見人制度や家族信託といった馴染みない制度もあらかじめ知っておくべしといった、鳥居さんの経験に基づくアドバイスがちりばめられている。

いわゆるハウツー的な本には書かれていない、生の体験にも多くのページが割かれており、自分も介護を始めたときに想定される事態がイメージしやすい、という点でも本書を推したい。

【今日の介護に役立つ1冊】
『親の介護をはじめたらお金の話で泣き見てばかり』
https://www.diamond.co.jp/arukikata/9784478821534.html
(鳥居りんこ著、本体1,200円+税、ダイヤモンド・ビッグ社)

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP