新着記事

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

「知らなかった」では遅すぎる!親が要介護になる前に読んでおきたい1冊

文/鈴木拓也40代も半ばを過ぎると、それまでは漠然としか思っていなかった「親の介護」…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

カニサレス《洞窟の神話》ギターの華麗さとセクシーさの極限を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

1966年スペイン東部カタルーニャ生まれのフラメンコ・ギタリスト、カニサレスの新しいアルバム『洞窟の神話』が出た。

カニサレスは、ロックやジャズ、クラシックまで幅広いジャンルとの共演の経験があり、近年はスペインの作曲家ファリャ、アルベニス、グラナドスの作品の編曲と演奏に大きな実績を残してきた。ラトル指揮ベルリン・フィルと「アランフェス協奏曲」を共演して話題になったのも記憶に新しい。

その彼が、久しぶりに自分のオリジナルな音楽に立ち返ったのが本作である。フラメンコの伝統を基盤としながらも、他ジャンルの経験を豊富に積んだからこそ次の段階に発展できた、新しいフラメンコの輝きがここにはある。

カニサレスのギターは、鍛えられ、引き締まったフラメンコ・ダンサーの肉体のように、美しくしなやかだ。リズムの切れ味は超一流。

ギターという楽器のもつ華麗さとセクシーさのひとつの極限といってもいい。これに魅了されずにいられるだろうか。

【今日の一枚】
『洞窟の神話』
カニサレス(フラメンコ・ギター)

2018年録音
発売/プランクトン
http://plankton.co.jp/canizares/CD.html
販売価格/2800円

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年6月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. アンデルシェフスキのモーツァルト:ピアノ協奏曲集|10年ぶり待望…
  2. プレスラーのドビュッシー|現役最長老94歳ピアニストの奇跡的名演…
  3. モレーノ=トローバのギター作品集|知られざる作曲家の美しきギター…
  4. ファン・ディエゴ・フローレスのモーツァルト・アリア集|スター歌手…
  5. バルトロメイ&ビットマン|ウィーンの弦楽デュオによる無類に楽しい…
PAGE TOP