新着記事

快眠セラピスト直伝、快適に眠るための4つの習慣

取材・文/渡辺陽毎日、快適に眠れていますか。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針…

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

カニサレス《洞窟の神話》ギターの華麗さとセクシーさの極限を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

1966年スペイン東部カタルーニャ生まれのフラメンコ・ギタリスト、カニサレスの新しいアルバム『洞窟の神話』が出た。

カニサレスは、ロックやジャズ、クラシックまで幅広いジャンルとの共演の経験があり、近年はスペインの作曲家ファリャ、アルベニス、グラナドスの作品の編曲と演奏に大きな実績を残してきた。ラトル指揮ベルリン・フィルと「アランフェス協奏曲」を共演して話題になったのも記憶に新しい。

その彼が、久しぶりに自分のオリジナルな音楽に立ち返ったのが本作である。フラメンコの伝統を基盤としながらも、他ジャンルの経験を豊富に積んだからこそ次の段階に発展できた、新しいフラメンコの輝きがここにはある。

カニサレスのギターは、鍛えられ、引き締まったフラメンコ・ダンサーの肉体のように、美しくしなやかだ。リズムの切れ味は超一流。

ギターという楽器のもつ華麗さとセクシーさのひとつの極限といってもいい。これに魅了されずにいられるだろうか。

【今日の一枚】
『洞窟の神話』
カニサレス(フラメンコ・ギター)

2018年録音
発売/プランクトン
http://plankton.co.jp/canizares/CD.html
販売価格/2800円

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年6月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田…
  2. 幻の音色!サントリーホール秘蔵の歴史的ピアノを試弾してみた
  3. 若きピアニストのおそるべき才能に戦慄する1枚【林田直樹の音盤ナビ…
  4. 後期ロマン派の知られざる秘曲に浸る愉悦の1枚【林田直樹の音盤ナビ…
  5. 実力派シャンソン歌手の明晰なる美唱に惚れる1枚【林田直樹の音盤ナ…
PAGE TOP