新着記事

幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】 娘のきもち・その2 【娘のきもち】口に出すと泣いてしまう。父の思い出を話せるようになるまで、3年が必要だった~その2~ 娘のきもち・その1 【娘のきもち】24歳のときにガンで亡くなった父。思い出すのは幼少期の厳格な姿だった~その1~ 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】 好きな犬種ランキング2018 好きな犬ランキング2018、3年連続1位はあの犬種 第16回「サライ大賞」発表!読者が選んだシニア世代に優しい商品とは 高嶺の花だった懐かしの「舶来ウイスキー」がぐんと身近になった理由 ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧対応マニュアル ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧マニュアル【川口陽海の腰痛改善教室 第6回】 アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド【予防医療最前線】 100歳以上の百寿者 いまや約7万人!100歳以上の百寿者が身につけている生活習慣とは?

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

暮らし

アナログな私のシンプルなカード利用術(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火曜日は「暮らし・家計」をテーマに、進藤晶子さんが執筆します。

文/進藤晶子

クルマの給油はTポイントがもらえるガソリンスタンドで。貯まったポイントは主に本の購入に使います。

みなさんはお財布にクレジットカードやポイントカードを何枚入れていますか?

私の財布も気がつくと各種ポイントカードで膨れ上がっているのですが、よく活躍しているカードは主に2枚。百貨店・三越伊勢丹のクレジットカードとTポイントを貯めるTカードです。

カードだけでなく、何ごともなるべくシンプルにしたいというのが私のスタイル。面倒くさがりの性格のせいもあるかもしれません。カードの使い方もかなりシンプルなほうだと思います。

三越は以前からよく利用する百貨店だったので、株主優待カードという魅力的な存在を知り、ごくごく小口ですが株も購入しました。

三越伊勢丹のクレジットカードに加えて株主優待カードを出すとディスカウント率がちょっと(10%)アップします。また駐車場無料サービスが1時間延長になるのも助かります。

クレジットカードが少ない分、ポイントは貯まりやすいように思います。そして貯まったポイントは、主婦となった今は、マイルなどに移行せずに、またお買い物に使っています。

また、インタビューの仕事のための資料集めは、よくTSUTAYAを利用します。まとまった量の本を買ったり、DVDを借りるのでTカードもよく使います。コンビニ(ファミリーマート、サークルK・サンクス)での買い物はもちろん、ふだんクルマでの移動が多いのでガソリンスタンドや駐車場でも忘れずにポイントを貯めています。

新幹線のチケットレスはハードルが高く……

このほかに重宝しているのがJR東海の「エクスプレス・カード」です。新幹線で実家(大阪)に帰省することが多いのですが、予約や予約変更がスマホで何度でも手数料無料でできて、早めの予約は割引もあり便利です。

子どもの春休みや夏休みで帰省するときは、私が大阪から東京へ出稼ぎのように仕事に出かけることもあり、東京・大阪を何度か往復すると一気にポイントが貯まります。貯まったポイントを利用してグリーン車の予約もできます。

便利便利と言いながら……、実はもうずいぶん前に、エクスプレス・カードからチケットレスの専用カードが送られてきました。どうやらコレを使うとチケットレスで改札を通過できるようになるらしいのですが、使い方がよくわからず……。いまだに駅でチケットを発券して乗車しています。

結局、最新のデジタル化に完全にはついていけなくて、最終的にアナログになってしまいます。

こうしてみると、私の利用するカードは自分の生活圏の動線上のものばかり。ポイントの上手な貯め方や使い方は、『がっちりマンデー!!』でご一緒している森永卓郎さんがたくさんご存じなのですが、私は教えてもらってもすぐに忘れちゃう。宝の持ち腐れですね、まったく。

今どきそれじゃあ損するよと言われることもありますが、カードには個人情報もたくさん入っていますし、本当に必要なものだけで十分だと思っています。IDや暗証番号の管理も大変ですしね。

世の中どんどんデジタル化し複雑になっていくなか、アナログ派(?)な私としては、不急不要なものは持ちたくないというシンプル志向が無意識に働いているのかもしれません。

その点、主人(プロゴルファー・深堀圭一郎)は“旅人”なので、カードを何枚も使いこなしています。飛行機に乗ることが多いですからマイルも上手に溜めているし、外資系ホテルのカードも駆使しているようです。

ポイントだけでなく、基本的にお金の管理は主人のほうが私よりも得意です。ついでながら私の母もお金の管理は上手。
思うに、私のカード利用術が極めてシンプルなのは、身近な人がしっかりお金の管理をしてくれているからかもしれません。感謝!

文/進藤晶子(しんどう・まさこ)
昭和46年、大阪府生まれ。フリーキャスター。元TBSアナウンサー。現在、経済情報番組『がっちりマンデー!!』(TBS系)などに出演中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロ…
  2. ブリヤート共和国:日本の教科書にも旅行ガイドブックにも載っていな…
  3. トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない…
  4. 地域密着型の企業スポーツで地域経済を活性化したい!(川合俊一の暮…
  5. プロレス体験でストレスを受け流す!「闘う本能」を呼び起こす!!(…
PAGE TOP