新着記事

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

犬と猫がこんなに仲良くなるなんて!常識を覆したわさびちゃんちの秘策とは

文/一乗谷かおり

ゴールデンレトリーバーの女の子、ぽんず(愛称・ぽんちゃん)とかわいい子猫たちの仲良し写真満載の『わさびちゃんちのぽんちゃん保育園』(小学館)。カラスに襲われて大けがをした子猫を、父さんと母さんが保護したことから物語は始まりました。

父さんと母さんの飼い犬ぽんちゃんは、わさびちゃんと出会うまでは猫との接点はありませんでした。でも、わさびちゃんがやってきてからは、遊び相手になったり、ごはんの時にお手伝いをしたり、かいがいしく面倒をみてくれました。

初めてわさびちゃんと出会った時、ぽんちゃんは母さんの言いつけを守って、おとなしく見守りました。

わさびちゃんが体調を崩すと、すぐに母さんを呼びに行くといった、責任感のある行動も見せてくれました。

ベストフレンドになったわさびちゃんとぽんちゃん。

その後も、父さんと母さんが子猫たちを保護してくるたびに、ぽんちゃんと子猫たちが寄り添って寝たり、一緒に遊んだりする仲睦まじい様子が話題を呼び、いつしか「ぽんちゃん保育園」と呼ばれるようになったのです。

■犬の母性を引き出した子猫たち

犬と猫という、種の異なる動物同士がこんなにも仲良くなれる。ぽんちゃんと子猫たちの触れ合いを見て、ほんわかした気持ちと同時に、驚きを感じた人も多いのではないでしょうか。動物行動学の世界では、犬が猫などの小動物に対して保護者のような行動をとるのには、複数の要因があるといいます。

まず、女子犬の中には、子供を産んでいなくても母性を発揮して育てようとすることがあります。ぬいぐるみを抱え込んでお乳をあげようとする女子犬もいます。

ぽんちゃんはよく、子猫を鼻でつつくような仕草をします。これは、よちよち歩いて離れてしまう子供を、鼻でつついて自分のところに転がし戻すという母犬の習性による行動です。吐き戻しを舐めさせるという犬流の離乳の仕方まで、子猫たちに教えているようです。

保護猫園児たちのお世話をするぽんちゃん園長先生。ケースから出てしまう子猫を押し戻すことも。

また、ぽんちゃんは子猫が成長する過程で、遊びを通して捕食行動の学習もさせています。子猫たちがぽんちゃんにじゃれたり、噛みついたりするのを自由にさせつつ、あまり行動がエスカレートする場合はダメという仕草でやめさせます。犬の言葉を猫は理解できませんが、柔軟性のある子猫たちは、ぽんちゃんの伝えたいことを敏感に感じ取って、学習しているようです。

また、幼くて弱いものを守ろうとする「コンカベーション」と呼ばれる本能もあります。くりくりっとした大きな目の愛らしい赤ちゃん動物を前にすると、男子犬でも保護本能が働くことがあります。

さらに、個々の動物の性格も関係してきます。子犬の頃から他の動物と一緒に過ごしていれば別ですが、おとなの犬の場合、小動物に対して吠えてしまったり、一緒に遊んでいるつもりでもついハンターのスイッチが入って捕食行動が出てしまったりします。猫に対しても、犬側が慣れていなければ、吠えてしまうこともあるそう。

でも、父さんと母さんのしつけやぽんちゃん自身の温厚な性格から、ぽんちゃんにとって子猫たちは、いつくしみ、守るべき対象となったといえそうです。

もうひとつ、ぽんちゃんと子猫たちのケースでは、母さんがとった作戦が功を奏したようです。母さんは、わさびちゃんとぽんちゃんをいきなり対面させるのではなく、徐々にお互いの存在を意識させ、馴らしていく方法をとりました。

最初のうちは、わさびちゃんの姿が見えないように別の部屋に隔離。でも、犬のぽんちゃんは「あの部屋に何かいる!」と気になって仕方なかったはず。ただ、その「何か」は母さんや自分に害をなす危険な生き物ではなさそうであることが、だんだんわかってきたところで、ようやく対面をさせました。

犬種によっては捕食本能の方が勝ってしまったり、警戒心から吠えてしまったりすることもあったかもしれません。でも、そうしたこともなく、じっと観察した末に対面できたことが良かったようです。

じゃらしで子猫たちをあやそうとするぽんちゃん。

「触っちゃダメだよ」という母さんの注意をちゃんと守ったことで、ぽんちゃんは母さんに誉められたと認識し、「この小さな生き物と仲良くすると、母さんも喜んでくれる!」と思ってくれたのではないでしょうか。これも、このかわいい異種コミュニケーションを成功させた大きな要因のひとつといえそうです。

文/一乗谷かおり

【参考図書】
『わさびちゃんちのぽんちゃん保育園』
(著/わさびちゃんファミリー、本体1,000円+税、小学館)
https://www.shogakukan.co.jp/books/09343443

71dr2qVRl7L

わさびちゃんにまつわるシリーズの第3弾『わさびちゃんちのぽんちゃん保育園』(小学館)

■わさびちゃんファミリー(わさびちゃんち)
カラスに襲われて瀕死の子猫「わさびちゃん」を救助した北海道在住の若い夫妻。ふたりの献身的な介護と深い愛情で次第に元気になっていったわさびちゃんの姿は、ネット界で話題に。その後、突然その短い生涯を終えた子猫わさびちゃんの感動の実話をつづった『ありがとう!わさびちゃん』(小学館刊)と、わさびちゃん亡き後、夫妻が保護した子猫の「一味ちゃん」の物語『わさびちゃんちの一味ちゃん』(小学館刊)は、日本中の愛猫家の心を震わせ、これまでにも多くの不幸な猫の保護活動に大きく貢献している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. なってからでは遅い!猫の歯周病予防に必要な「歯磨き習慣」導入のコ…
  2. 誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ
  3. 毛色がヒント!猫の性格を見極められる方法が実験で判明
  4. 猫好き文士にちなんだ猫まみれの写真展《大佛次郎×ねこ写真展201…
  5. 猫のヒゲを切るとどうなってしまうのか?猫博士に聞いてみた
PAGE TOP