取材・文/ふじのあやこ

写真はイメージです。

昭和、平成、令和と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族から核家族へと変化してきている。本連載では、親との家族関係を経て、自分が家族を持つようになって感じたこと、親について、そして子供について思うことを語ってもらい、今の家族のかたちに迫る。

SNSのアカウントを削除するなど、今までの人間関係を衝動的に断ってしまう「人間関係リセット症候群」という心理状態がまた注目を集めている。マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した「人間関係に関する調査」(実施日:2023年1月1日(日)、調査人数:全国47都道府県の20~69歳の男女1000人、インターネット調査)では、「人間関係をリセットした/したい人がいる」と回答したのは全体で37%、男女別を見ると男性は32%に対して、女性は42%と10%も高い数字となっている。

今回お話を伺った果歩さん(仮名・42歳)は、家族も含め心から信頼できる人に出会えず、25歳のときに地元からの上京を決意。携帯の番号、アドレスをすべて変え、教えたのは母親のみと人間関係をリセットしていた。【~その1~はコチラ

痩せて変わった容姿のおかげで新しい人間関係は良好なスタートを切る

3年間で貯めた金額は約170万円。初期費用の安い賃貸を見つけ、保証人は唯一関係をリセットできなかった母親にお願いしたという。東京で最初に力を入れたのはダイエット。単発の派遣をしながら、毎日1食という生活を続け、半年ほどで20キロのダイエットに成功した。

「ピッキング作業や、コンサートの会場設置作業など、派遣の力仕事を始めました。帰りに日給をくれるところもあったので、初期費用で少なくなった貯金をこれ以上減らさないために必死でしたね。

力仕事をしながら、食べるのはお昼だけにして、朝晩は水など飲み物でしのぎました。そしたらスルスル体重が減っていきました。生理が止まるなど、体調不良になるときもあったんですが、ずっと続けていくと体も慣れていったんです。今までは自分の体を見下ろしたときにお腹が邪魔で太ももが見えなかったんですが、見えたときには感動しましたね」

痩せてからは長期で働ける職場を探し、紹介予定派遣で通信事業を行う企業で正社員となった。そこで今までとは違う扱いを受け、複数の男性と関係を持ってしまったという。

「痩せて、肌などにも気を遣うようになったけれど私の根本は何も変わっていないのに、男性社員の方からの扱いは今までとはまったく違っていました。太っていた頃は無関心で気にされたことなんてなかったのに、頻繁に声をかけてもらえるんです。痩せていることはここまで女性として優遇してもらえることなんだって、このときにとても強く感じましたね。

今まで男性経験のなかった私は、免疫がなくて誘われるがままに好きになって、そしてフラれるという短期間で終わる恋愛を繰り返してしまうようになりました」

【親は私からフェードアウトした。次ページに続きます】

1 2

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店