父親と私、そして夫。2人暮らしから3人暮らしへ

結婚に向けて新居を構えようとしていた時、結婚相手から驚きの提案があります。

「『このまま同居しても構わない』と言われたんです。私も一軒家に父親だけ残していくのは少しだけ気がかりでした。でも、そんな負担を彼にさせるわけにもいかないと思っていたので、彼からその提案をしてくれた時は本当にいい人を選んだと思いましたね。父親に2人で話をしたら、驚いていましたが、『ありがとう』って涙ぐみながら言っていました」

結婚式の前日には、初めて父親と2人きりで飲みに行き、2人だけの時間を過ごしたそう。その時に初めて父親は謝ってきたと言います。

「彼の計らいで、2人きりにしてくれたんです。父親は職場近くのいつも行く馴染みの小料理屋に連れていってくれました。お店に入ると店員が気さくに話しかけてくる姿を見て、父親の居場所に入れてくれた気持ちになりましたね。

そこで、父親は自身の離婚について私に謝ってきました。『自分が努力すればこんなことにはなっていなかった』と。離婚について何が原因になったのかなんて夫婦しかわかりません。子供には知る権利はあるかもしれませんが、私は親の自由だと思っていました。だから謝る必要はないんです。でも、父親は今の2つに分かれてしまった家族を見て、ずっと申し訳ないと思っていたみたいでした。その時には、私が父についたこともあり、姉は母親側に、そして母親は籍こそ入れていないものの別の男性と一緒に住んでいたんですよ。なので、母親・姉と私は疎遠になっていたんです。でも、この現状を悲観なんかしていません。『気にしていない』と言うと父親はホッとしたように笑ってくれました」

夏美さんはその3年後に子供を産み、今も父親と一緒に暮らしています。そして、子供を産んだことで一時は疎遠になっていた母親や姉とも連絡を取るようになり、年末年始には姉夫婦の子供も一緒に新しい我が家である一軒家で過ごしているそうです。「3人の孫に囲まれたデレデレ顔に、寡黙だった父親の面影は一切ないですよ」と夏美さんは笑顔で語ります。

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

1 2

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
5月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店