取材・文/ふじのあやこ

写真はイメージです。

昭和、平成、令和と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族から核家族へと変化してきている。本連載では、親との家族関係を経て、自分が家族を持つようになって感じたこと、親について思うことを語ってもらい、今の家族のかたちに迫る。

未婚率の上昇が度々メディアで取り上げられている。令和2年の国税調査によると、男性の未婚者は1854万4千人(15歳以上男性の34.6%),女性の未婚者は1424万6千人(15歳以上女性の24.8%)となっている。

今回お話を伺った真子さん(仮名・44歳)はパートナーの男性と付き合って8年、一緒に暮らして5年となるが、結婚の予定はないという。

事実婚については昔なら否定的な意見が多かったが、株式会社Omiaiが、行ったアンケート調査(実施日:(1)2023年8月22日・(2)2023年8月22日~23日、調査人数:(1)全国15~39歳の未婚男女600人、全国40〜79歳の既婚男女400人・(2)全国40~79歳の既婚男女400人、インターネット調査)では、事実婚について婚活世代では67.7%が、祖父母世代でも60.0%が肯定的な考えを持っていることが明らかになっている。

3人きょうだい全員未婚

真子さんは大阪府出身で、両親と5歳上と2歳上に兄のいる5人家族。両親はずっと仲良しで、家族仲も良好。母親と父方の祖父母との関係も問題なしという環境で育った真子さんは、学生の頃からずっと結婚願望は強かったという。

「一応学生の頃は何人からも告白されたり、彼氏ができたこともあって、普通に結婚願望はありました。どちらかというと強かったぐらい。さすがに学生時代に結婚を意識した付き合いはしていなかったけれど、両親は子どもを放って2人で旅行に行っちゃうくらい仲が良かったので、いつかは両親のような夫婦になりたいって思っていました」

しかし、真子さんだけでなく、2人の兄も現在未婚。上の兄は30代半ばからずっと彼女がいない状態で、2番目の兄は彼女がいるものの結婚の意思はないとのこと。

「1番上の兄は、昔から『結婚したら自分のお金を自由に使えなくなるなんて嫌』という考えの人で、結婚願望の云々よりも結婚不適合者という感じでした。

2番目の兄は、相手の女性がずっと水商売をしてきた人みたいでお互いが結婚という形にこだわっていないと言っていました。

私は自分のことを棚に上げて言いますが、3人も子どもがいて、孫がいない状況については、親に申し訳ない気持ちがあります」

【年齢とともに結婚願望が自然消滅。次ページに続きます】

1 2

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店