定年退職の年齢が上がっている。かつては60歳だったが高齢者雇用安定法が2021年に改正され、企業に60歳未満の定年を禁止し、65歳までの雇用確保措置(「定年制の廃止」・「定年の引上げ」・「継続雇用制度の導入」のいずれか)が義務付けられた。また、65歳から70歳までの就業機会の確保が努力義務になった。

定年退職にまつわる、厚生労働省の最新データ『高年齢者雇用状況等報告』(2022年発表)をひもとくと、65歳までの高年齢者雇用確保措置を実施済みの企業は99.9%。70歳までの高年齢者就業確保措置を実施している企業は27.9%に過ぎなかった。

人生100年と言われている時代、定年後の長い人生をどのように過ごせばいいのか、さまざまな定年後の人生を歩く人々にインタビューを重ねていく。

72歳の恵美子さんは、60歳で定年を迎えた後、デイサービスで働き続けている。前編では働き続ける理由を伺った。後編では生活費の考え方や、貯金などについて紹介していく。

【これまでの経緯は前編で】

毎月6万円の収入がある安定感

恵美子さんが長く働くために行っていることは、体力づくりと無理をしないことだという。

「60歳で退職して、再就職したときに“できれば死ぬまで仕事がしたい”と思い、そのためには何ができるか、5時間くらい集中して考えて、3つのルールを決めたんです。それは寝る前に筋トレをして筋力を維持すること。あとは疲れる前に休むこと。そして、がまんをしないことです」

現在、働いているデイホームでは、1日4時間、週3回以上は勤務をしないと決めている。実際、もっと働けるが、それ以上仕事をすると疲れて回復が遅くなるからだという。

「お酒と同じなんですよ。この年になると、仕事は適量をほどぼどに程度で十分なんです。職場に行くって、気が乗らない飲み会に行くようなもので、行くときは毎日しんどい。でも行けば働く仲間がいて、利用者さんがいて、業者さんがいて、それなりに充実する。そこでうっかりいい顔をして、誰かの助けになりたいなどと色気を出して、残業なんか受けようものなら、翌日は使い物にならなくなる。70歳以上っておばあさんなんですよ。隠せないほど老いはやってくるし、体の状態の不安も大きい。それは受け入れての判断です」

介護職は離職率が高い。10年以上勤務している恵美子さんは何かと頼られて、シフトを管理する所長から、勤務日を増やされそうになるという。

「それを我慢せず、忖度もせず、嫌われる覚悟で断る。私だって働きたいですが、それをしたら使い物にならなくなる。私がこれから働く人に、アドバイスをするとしたら。“いい人になってはダメ!”ということ。私が所長にシフトに入れないでほしいと伝えていると、利用者さんから“恵美ちゃんはキツイね。だから一生独身なんだよ”と言われました(笑)。私も“そうよ、独身はいいわよ。帰って亭主の世話をしなくていいから、こうして働けるんだもの”と言い返してやりますけどね」

働いていれば、会話のやりとりも多い。勤務日を巡って施設側との交渉もある。恵美子さんが恐れている認知症の心配は、今のところはない。

「通勤でウォーキングと筋トレして、仕事しながら筋トレと脳トレして、月6万円は給料が得られますからね。定期的に収入があるってすごい安心感になる。私は1人暮らしで親が残してくれた家に住んでいるから、それで十分なんです。仕事をしているから、友達と会わない。誰かと比べないから、いつも幸せ。贅沢をするよりも、働いていることのほうが、私にとっては幸せだとやっと気づいたんですよ」

だからこそ、定年後に「ちょっとのんびりしよう」などと思わずに、間髪入れず再就職活動を行った自分をほめてあげたいという。仕事は継続をしないと、なかなか続けることが難しくなるからだ。

【貯金の800万円は全く減っていない……次のページに続きます】

1 2

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
7月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店