近年、高齢者の運転による交通事故が社会問題となっています。免許を自主返納する方が増えてきていますが、地方に住んでいるなどの場合、「返納したら行動が制限されてしまうため手放せない」と感じている方も多いかと思います。

一方で、車を運転する高齢の親を持つ方は心配に思うこともあるでしょう。免許返納について、ご家庭での話し合いは、どの程度されているのでしょうか。そこで今回、廃車・事故車買取専門「事故車買取王」を運営する株式会社Santa Corporate(https://www.jikosyakaitoriou.com)が、親が車を所有している全国の40代~50代男女を対象に、「免許返納」に関する調査を実施しましたのでご紹介します。高齢ドライバーの免許返納について、メリットとデメリットをまとめておりますので、ご覧になってください。

高齢になる親の運転状況、どこまで把握している?

はじめに、高齢ドライバーとなる親の行動の把握度について伺いました。

「親が車を使用する頻度を把握していますか?」
「高齢ドライバーによる事故についてどのように思いますか?」

「親が車を使用する頻度を把握していますか? 」と質問したところ、「しっかりと把握している」(21.8%)、「ある程度把握している」(48.3%)と回答しており、7割の方が把握していることがわかります。

昨今は、高齢ドライバーによる事故をニュースなどでよく見かけますが、「高齢ドライバーによる事故についてどのように思いますか? 」と質問したところ、「判断力の低下が影響している(62.2%)」と回答した方が最も多く、次いで「運転操作ミスが多い(25.2%)」「安全確認ができていない(9.1%)」と続きました。

運転中の判断力が低下していることによって、事故に繋がっていると感じている方が6割以上いることがわかりました。

事故の加害者にならないかという不安

続いて、「親が車を運転することについて心配なことや不安なことを教えてください(複数回答可)」と質問しました。

「親が車を運転することについて心配なことや不安なことを教えてください」

回答の結果は、「事故の加害者とならないか」(77.8%)が最も多く、次いで「自損事故で大怪我をしないか」(47.9%)、「あおり運転の被害者とならないか」(15.4%)と続きました。

やはり、事故を起こして加害者となってしまわないか心配している方が非常に多いようです。また、自損事故による怪我や、近年問題になっているあおり運転による被害なども不安要素としてあることがわかりました。

近年では、自主的に運転免許を返納する高齢ドライバーが増えていますが、親が車を所有している方々は免許返納についてどのように思っているのでしょうか?

「免許返納についてどのように思いますか?」
「免許返納をした方が良い年齢とはどのくらいだと思いますか?」

「免許返納についてどのように思いますか? (複数回答可)」と質問したところ、「交通事故を起こすリスクが少なくなる」(68.3%)と回答した方が最も多く、次いで「移動手段が減ってしまう」(64.1%)、「買い物が面倒になりそう」(49.3%)、「外出の機会自体が減ってしまいそう」(46.7%)と続きました。

車を運転しなくなることで、交通事故を起こすリスクが少なくなるというメリットを感じている方が多いようです。一方で、移動手段が徒歩や自転車、公共交通機関などに限られてしまうことで、買い物に行けなくなったり外出する機会が減ってしまったりというデメリットも感じていることがわかりました。生活リズムなどにも影響が出る可能性が考えられます。

続いての質問では、「免許返納をした方が良い年齢とはどのくらいだと思いますか? 」と尋ねたところ、「80歳以上」(44.5%)と回答した方が最も多く、次いで「75歳~79歳」(31.9%)、「70歳~74歳」(17.6%)と続きました。

80代に入ってから返納をした方が良いと思っている方が多いようです。また、75歳~79歳と回答した方も3割以上います。個人の健康状態や身体機能の低下などを考慮して返納時期を判断するべきなのかもしれません。

意外とデリケートな免許返納問題

親が車を使用している方々は、実際に免許返納について話し合ったことはあるのでしょうか。

そこで、「実際、親に免許返納について話したことはありますか? 」と質問したところ、「ある」(39.2%)、「ない」(60.8%)という回答結果になりました。

免許返納について、実際に親と話をしたことがある方はまだそれほど多くはないようです。

免許返納についてハードルが高いと感じている高齢者も多いかもしれませんが、返納することは決してネガティブなことではありません。自治体によっては免許返納した方に対してさまざまな特典を提供しています。こうしたメリットについて、もっと広い周知が求められます。

***

私たちは誰もが高齢になるにつれて、注意力や判断力が低下していきます。実際に、高齢ドライバーによる事故のニュースを見ることも多く、自身の親が運転することで事故の加害者となってしまわないか、自損事故で怪我をしないかなど、さまざまな不安を抱えているようです。

しかし、免許返納することで事故のリスクが減るメリットがある反面、移動手段が限られてしまい、外出する機会が少なくなってしまうのではないかといったデメリットも感じており、親と免許返納について話したことがある方は少ないというのが現状のようです。

免許返納は、高齢になりつつある親にとってデリケートな部分でもあるため、話しづらいと感じるかもしれませんが、しっかりと家族で話し合うことが大切なのではないでしょうか。

調査概要 「免許返納」に関する調査
【調査日】2022年6月9日(木)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,022人
【調査対象】親が車を所有している全国の40代~50代男女
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
12月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店