サライ.jp

取材・文/坂口鈴香

迫田留美子さん(仮名・49)は、南九州で一人暮らしをしていた夫の父親(87)を関西に呼び寄せ、同居して1年半になる。夫は高校生のときに父親の酒と暴力が原因で両親が離婚し、母親は再婚した男性と里帰り中に事故で亡くなった。迫田さんは結婚後、義父とは数回会っただけで、付き合いはほとんどなかったが、2年前に義父の弟からの連絡で状況は一変する。

【1】はこちら

過去のことを言っても仕方ない

「ずっと義父の面倒をみてくれていた叔父の具合が悪くなって、ケアマネジャーに義父のことを頼んだという連絡が入ったんです。それで連休を利用して主人と叔父のお見舞いに行きました。すると、叔父がかなり重篤な病気で入院していることがわかったんです」

同時に、義父が認知症を発症していたということも判明した。

「叔父は車の販売店を経営しており、義父は叔父から車を買っていたんですが、数年前から車のキーがないと言っては何度もキーをつくり替えたり、免許証をなくしたりしていたそうです。また自宅のカギをなくして、『お前が盗んだんだろう』と叔父を怒ったりするなど、被害妄想も激しくなっていたようです。お風呂を空焚きしたり、石油ストーブで服を焦がしたりするので、これは危ないと叔父が毎日片道1時間もかけて義父の様子を見に行ってくれていたんです」

さらに、叔父が義父を病院に連れていったところ、認知症だけでなく糖尿病にもなっていたという。

「叔父が倒れて入院してからも、義父は心配するどころか叔父の悪口ばかり言っていたそうです。お世話してくれていた叔父が気の毒でした」

とうとう、叔父の大変さを見ていた叔父の妻に「実の子なんだから、あなたたちが面倒を見なさい」と宣告されたのだ。

「そりゃ、そうやろうと思った」と迫田さん。このときにはもう義父を関西に呼び寄せようと、腹をくくっていたという。

しかし、夫の家庭を壊した張本人ではないか。そう簡単に受け入れられるものなのか?

「私自身が何かされたわけではないですから。ただ義母が事故に遭わずに生きていたら、義父の面倒は見なかったとは思います。主人も赤の他人やったでしょう。叔母は義母の苦労など知らないし、過去のことを言っても仕方ないんですよ。叔父は穏やかで良い人です。だから義父のことも倒れるまで見てくれていたんやと思います」

それでも夫とは何度か話し合った。

「主人は義父への恨みがあるわけやなく、それよりも『関西に来て親父は何するねん』の一点張りでした。でも私は義父の認知症や糖尿病が気になっていたので、一度一緒に暮らしてみたらと伝えました」

夫は、父親が関西に来ると言うわけがないと断言していたというが、迫田さんが「関西に少し旅行に行きましょう」と伝えると、すんなり承諾したという。

【同居するしか方法がなかった。次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
3月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品