父親が行方不明に

ただ、金銭面での不安は残っている。

サ高住の費用は、月17万。父親の年金と貯蓄を切り崩している。

「今のところそれで賄えていますが、あと何年払い続けることができるか、不安ですね」

父親は部屋の掃除や着替えなどはヘルパーに介助してもらっているが、デイサービスは利用していない。

「本当は通わせたいんですが、うちの市は介護認定が厳しいらしく、年々足腰が弱り認知症が進んでいるのに、要介護1……。これではデイサービスまで利用できないんです。スタッフからも、利用限度額からすると要介護1では十分な介護サービスを提供するのがむずかしいと言われています。不服申し立てをして再調査してもらっても変わりませんでした」

十分なサービスが提供できないというのは、見守りもしかり。杉浦さんが結婚して間もない冬のある日、父親が散歩に出たまま戻れなくなったことがあるのだ。

「施設から、父が戻ってきていないと連絡がありました。警察にも連絡して探しているが見つからないというんです。日中、薄着のまま出掛けているのでますます心配になりました。兄にも連絡して、車で探しましたが見つかりません。兄の友人の警察官からは『だいたい1日2日で見つかるから大丈夫』とは言われましたが、1日2日って……」

すぐには見つからないかもしれないと覚悟した杉浦さんだったが、幸いその日の夜中に警察から「見つかった」という連絡がきた。

「飲まず食わずで歩き続けていたので、低血糖で倒れて、通りがかった人が救急車を呼んでくれたそうです。それで身元がわかったんです」

見つかったのは、施設から7キロも離れた場所だった。80代半ばの父親の足で、よくそんなところまで歩けた、と驚くほどの距離だ。

「父は40年くらいこの土地に住んでいたのに、道がわからなくなったんだなと思いました。今は、勝手に外に出ないようにしてくれています」

父親はいったん要介護2になったこともあるが、今はまた要介護1にとどまっている。今の市にいる限り、これ以上介護サービスは増やせないだろう。兄の住む市にも同じグループの施設があり、そこに移ることも考えた。その市なら、要介護2にはなるだろうとも言われている。

「でもそこに移るとケアマネも変わるし、私もそうそう面会に行けません。兄夫婦にバトンタッチしたい気持ちもありますが、ちゃんとケアできるのかなとも思います」

兄に対する気持ちも複雑だ。

兄は決して、父親の介護に非協力的というわけではない。

「両親は昭和10年代生まれで、考え方も古いんです。娘はいずれ嫁に行く。ゆくゆくは長男が家を継ぐのだから、と小さいころから兄の方が優遇されてきましたし、かわいがられてもいます。だから、もっと協力してくれてもいいのにとは思いますね」

その一方で、自分はずっと独身で、実家で暮らしていた。そういう意味ではまだ恵まれていたと思う。

「実家だったから、非正規でも結婚相談所に入れたし、今も実家で暮らすことができています。夫も氷河期世代。今は正社員ですが、若いころはフリーターだったので、将来もらえる年金はわずかでしょう」

歳をとっていく自分たち世代に優しい社会になればいいなと思う。

「結婚した今も、親に孫を見せられなかったという思いはあります。2年くらい不妊治療もしましたが、高度治療まではしなかったのでもう子どもをもうけることはないでしょう。助成金があったらなとは思います。子どもがいたらもらえる児童手当にも縁がないし、医療費もこれからかかってくる。甥や姪はいても迷惑はかけられないし、夫には甥や姪もいません。結婚して専業主婦になりましたが、働こうと思ったところにこのコロナ。将来の不安はぬぐえません」

それでも、あきらめなかったから結婚できた、と杉浦さんは幸せそうだ。夫は優しい人で、まだ一度もケンカをしたことがないとほほ笑む姿に、こちらまでうれしくなった。

取材・文/坂口鈴香
終の棲家や高齢の親と家族の関係などに関する記事を中心に執筆する“終活ライター”。訪問した施設は100か所以上。20年ほど前に親を呼び寄せ、母を見送った経験から、人生の終末期や家族の思いなどについて探求している。

1 2

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店