サライ.jp

取材・文/ふじのあやこ

家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族関係を指すことが一般的だが、離婚件数が増える現在では、親の再婚相手や、再婚相手の連れ子など、家族の関係は複雑化している。血のつながりがないからこそ生じる問題、そして新たに生まれるものも存在する。義家族との関係を実際に持つようになった当事者にインタビューして、そのときに感じた率直な思いを語ってもらう。

今回お話を伺った、佳代さん(仮名・39歳)は、小学校時代から知る幼馴染だった男性と28歳のときに結婚。友人時代から知る義家族の内側に入ったものの、どこまでが家族として干渉していいのかということに悩んでいると言います。

「今までは友人として、割り切ったかたちで表現すると他人事だったんですが、今は家族です。違和感はあったものの介入していなかった部分にまで私が入っていいのかどうかがよくわかりません」

放任で育ち、自分の居場所は家よりも友人との秘密基地にあった

佳代さんは兵庫県出身で、両親と3歳上に兄のいる4人家族。両親は共働きで放任、頭は良いものの人間的に冷たいと感じる兄と一緒に生活する中で、何でも自分で決めるようになっていったと幼少期を振り返ります。

「別に家族仲は悪くないんです。両親とも共働きで家に居なかったことが多かったけど、よく4人で外食もしていたし、夏休みには遠方に住む祖父母の家に遊びに行ったりはしていました。夫婦仲も良好で大きなケンカもなかったし。でも、基本子どものすることに興味がないんですよ。何をやるのにも反対されたことがないし、私がピアノを習いたいと言ったら『いくら?』と聞かれたことを覚えています。仕事でいつも疲れている感じがしていたので、何かを相談することも少しずつ減っていきました。

兄も友人の家に入り浸っていて夜しか帰ってこないような人で。何かを話しかけても『うるさい』と会話を遮ってくるような兄でしたね」

佳代さんは友人に恵まれていたこともあり、家には兄と同じく夜だけ帰るようになっていきます。その友人たちの中に今の旦那さまがいたそう。

「近所に秘密基地を作って、そこでみんなと暗くなるまで過ごしていました。木々に囲まれた場所にゴミ袋を敷いただけの場所なんですけどね。そこで何をしていたのかはまったく覚えていないんですが、ずっと何かで笑い合っていましたね。その中の一人が今の夫になっているんだから、びっくりですよね」

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
5月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品