サライ.jp

取材・文/ふじのあやこ

家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族関係を指すことが一般的だが、離婚件数が増える現在では、親の再婚相手や、再婚相手の連れ子など、家族の関係は複雑化している。血のつながりがないからこそ生じる問題、そして新たに生まれるものも存在する。義家族との関係を実際に持つようになった当事者にインタビューして、その時に感じた率直な思いを語ってもらう。

「結婚できたのは両親の圧力があったから」と明るく振り返ることができる

今回お話を伺った、美和さん(仮名・37歳)は、33歳の時にお見合いで知り合った男性と結婚。現在は千葉県で2歳になるお子さんとの3人暮らしをしています。義母からの『娘だと思っている』という言葉とともに容赦ない干渉に困っていると訴えます。

「夫の家は2人兄弟で、夫は弟です。しかし、夫の兄は未婚で、結婚の予定もなくて、義母と仲があまりよくないのか、まるでいない人かのように話題に出てくることはないのでよく知りません。義母の口癖は『娘が欲しかった』だそうで、私のことを本当に可愛がってくれている……と前までは思えていたんですが、今は執着にしか思えなくて」

美和さんは東京都出身で、両親と3歳上に兄のいる4人家族。両親は共働きで小さい頃からカギっ子だったと言いますが、寂しかった記憶は特にないそう。その理由は近くに住んでいた従姉の存在だったと振り返ります。

「父親はサラリーマン、母親はパートの時も正社員の時もありましたが、ずっと働いていた記憶が残っています。兄とは別に不仲ではなかったけど、やっぱり異性だからか、私というよりもあっちが妹である私とあまりいたがらなかったんですよね。当時家に帰っても1人ぼっちの寂しさを感じなかったのは、近所に住んでいた従姉の存在です。母親の姉の子どもで私より2つ上で、よく一緒に遊んでいました。『お姉ちゃん』と呼んでいましたし、母も叔母と仲が良かったこともあってしょっちゅう一緒にいました。思春期には一度遊ばなくなるんですが、今も頻繁に連絡を取り合っていて、両親には言えない結婚の愚痴を言い合っています(笑)」

両親との関係も一時期を除けば良好だと美和さんは語ります。

「小さい頃から仕事が忙しいながらも休みの日には遊びに連れて行ってくれたし仲は良かったんですが、私が30歳前後の時に顔を合わせる度に結婚しろと言われていて、その時期が一番不仲でしたね。それまで私は実家に居たんですが、そのことがきっかけで28歳の時に1人暮らしを始めました。まぁ両親からの圧力があったからこそ、私も結婚したいという思いがあったのに何もしていなかったことにようやく焦って行動できたから、今振り返ると感謝しているんですけどね」

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア