新着記事

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その1~

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

【休日達人♯01】「一人茶会」で自分をもてなす/山口浩さん(駒澤大学教授)

■基本を知ることで世界が広がる

「基本を知っておくのが大切だと思ったんです。長年かけて確立された世界を知ってから、それを崩すのと、知らないでやるのとではまったく違いますので。

私が習っているのは遠州流で、簡略化されていない古い点前がそのまま残っていたり、さまざまなところに武家らしい特徴が出ていたりして面白いですが、どの流派でも、時間をかけて練り上げられたやり方にはそれなりの意味や合理性があるでしょう。

それに、茶道はお茶を点てるだけじゃなくて、その周辺にあるさまざまな日本の伝統文化に触れるきっかけをつくってくれます。たとえば和菓子には季節に合わせてテーマがありますが、それを少しでも知っていれば、いつ、どこで、どんな和菓子を組み合わせるかを考える楽しみが急に広がるんですよ。

今日用意した和菓子は、近所のお店で買ったおまんじゅうで、特に有名な銘菓というわけではありませんが、清流にいるお魚の模様がついています。それだけで涼し気な印象になりますよね」

リサイズcocacola-06

基本を学ぶことで、楽しみ方のバリエーションが増えてきたのも楽しいと語る山口さん。知れば知るほど、お茶はもちろん、茶道具などにもこだわりたくなってくるのでは?

「茶道の周辺にある日本の伝統文化はどれも奥が深くて、まだまだ知らないことだらけですが、少しでも知れば、知った分だけ楽しみは広がります。茶道具も、伝統文化ですから骨董品レベルのものとか、お金をかければキリがないのですが、お金をかけないで楽しめる方法もあることを知ったのは大きいですね。

人をおもてなしする場合だと、『こう見えても安くていいですよ』とはなかなか言いづらいじゃないですか。でも自分一人で楽しむならそういう見栄は不要ですから、自分が好きなものに対して素直に『いいよね』と言える。

たとえば、今日使った茶碗はネットオークションで500円で落札したものですが、とても気に入っています。内側に三角形の山のような絵柄があるので、勝手に『三角山(みすみやま)』という銘を付けました。

三角山というのは、鳥取県にある山です。平安時代の歌人である在原行平(ありわらのゆきひら)は、有名な在原業平の兄にあたる人ですが、この人が因幡国(いなばのくに/今の鳥取県東部)の国司に任じられ、任地に向かう際に詠んだとされる、

《ゆく先を みすみの山を 頼むには これをぞ神に 手向けつつゆく》

という歌があって、それがネタ元です。

リサイズcocacola-07

道具にこだわると、どこまでも高い物があって、そうした道具を手に入れるのもお茶の楽しみのひとつでしょう。でも、いわゆる『銘』というのは、自分がいいと思った物に名前を刻むということなので、数百円の物でも、気に入ったら自分で銘をつけてしまえばいいんですよ。

その道具の特徴とか、それを使っているときに起きたエピソードなどを元にする場合もあるし、『歌銘』といって短歌を銘にするやり方もある。歌も昔からある和歌をあててもいいし、自分でオリジナルのものを詠んでもいい。そうやって頭をひねっている時間は、お金はかかりませんがとても豊かだと感じます」

ページ:

1

2

3 4

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP