新着記事

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

学年誌が伝えた重大ニュース・三億円事件(昭和43年・1968年)

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!

1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる学年別学習雑誌「小学五年生」「小学六年生」が小学館から創刊された。翌年には「小学四年生」、1924年には、後に「小学一年生」「小学二年生」「小学三年生」となる「セウガク一年生」「セウガク二年生」「せうがく三年生」が相次いで創刊され、小学生を対象とした学年別の総合雑誌「学年誌」のラインナップが誕生した。

子どものための総合情報誌として、ニュース、イベント、芸能、スポーツ、流行、ファッション、ホビーなど、あらゆる情報を発信し続けた「学年誌」。そんな「学年誌」が一番輝いていた昭和の膨大なバックナンバーから、時代ごと、テーマごとに記事を厳選して構成した『学年誌が伝えた子ども文化史「昭和40~49年編」「昭和50~64年編」「昭和30~39年編 」』(小学館)の3冊が刊行された。本記事はその中から、サライ読者にグッとくるトピックスを厳選してお届けする!

* * *

三億円事件(昭和43年・1968年)

『学年誌が伝えた子ども文化史(昭和40~49年編)より

語り継がれる未解決事件

日本犯罪史において最も有名な犯罪のひとつ。’75年に公訴時効が成立し、’88年に民事時効が成立。

劇場型犯罪でありながら未解決に終わったこの事件、これまで小説やドラマ、映画など多くの作品のモチーフになっている。

挿絵では現金輸送車が奪われようとする瞬間をリアルに再現。この事件を契機に、現金輸送について見直され、口座振込など、より安全な方法が検討された。「小学六年生」1972年11月号

モンタージュ写真も事件とともに有名に

わずか数分のうちに鮮やかに奪っていった手口、現在の貨幣価値に換算すると15億円とも30億円ともいわれた破格の窃盗金額に、日本中が揺れた。容疑者リストにあがったのは11万人、捜査に携わった警察官は延べ17万人と、空前絶後の大捜査が繰り広げられた。捜査が行われるなか、犯人と見立てられた少年が事件の5日後に自殺するなど、いたましい出来事もあった。

一方で窃盗金は保険により補てんされ、保険会社も再保険をかけていたこともあり、国内での直接の金銭的損失がなく、また犯行時、誰も暴力などの被害にあっていないため、憎しみのない強盗ともいわれていた。

発生時の衝撃は大きく、日本中がこの話題でもちきりで、学年誌でも緊迫感あふれるドキュメンタリータッチの記事で概要を伝えている。

誰もが犯行の詳細を知っているのに真犯人、事件の謎が明らかにされないということもあり、当時から小説や映画、ドラマ、まんがなどで、実録からフィクション、パロディ、オマージュまで、多くの作品が作られている。

また、この事件を語るうえで欠かせないモンタージュ写真は、あまりに有名だが、実はねつ造だったという説もある。単独犯とも複数犯とも思える犯行手口、多かったわりに決め手に欠けた遺留品、あがっては消える真犯人候補…と、ミステリー要素も多く、いつまでも人の心を惹きつける事件でもある。

※本記事は『学年誌が伝えた子ども文化史 昭和40~49年編』より抜粋・転載したものです。

[ワンダーライフスペシャル]
学年誌が伝えた子ども文化史昭和40~49年編 定価本体1200円+税(ISBN 9784091066107)

昭和50~64年編 定価本体1200円+税(ISBN 9784091066152)

昭和30~39年編 定価本体1200円+税(ISBN 9784091066183

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生…
  2. 【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡…
  3. 【学年誌が伝えた子ども文化史】昭和45年の小学生による「ぼくらの…
PAGE TOP