新着記事

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

Google カレンダーの超基本的な使い方(2)|予定を削除や変更する方法【スマホ基本のき 第11回】

プロが教える、正月太り解消法|働く女性の8割が正月太りしている!?

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

美容ミネラル「マグネシウム」が大注目

生活習慣病対策に効果がある、現代美容ミネラル「マグネシウム」のスゴイ実力

テッケン(Tekken)網にかかったCRB Photo courtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guamurtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guam

常夏の島のココナッツが絶滅の危機! 最強の害虫・カブトムシ(CRB)の恐怖(グアム)

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|『教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」』

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」

睡眠薬の長期服用リスク「ダウンレギュレーション」とは|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第12回】

睡眠薬の長期服用リスク「ダウンレギュレーション」とは|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第12回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

学年誌が伝えた重大ニュース・三億円事件(昭和43年・1968年)

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!

1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる学年別学習雑誌「小学五年生」「小学六年生」が小学館から創刊された。翌年には「小学四年生」、1924年には、後に「小学一年生」「小学二年生」「小学三年生」となる「セウガク一年生」「セウガク二年生」「せうがく三年生」が相次いで創刊され、小学生を対象とした学年別の総合雑誌「学年誌」のラインナップが誕生した。

子どものための総合情報誌として、ニュース、イベント、芸能、スポーツ、流行、ファッション、ホビーなど、あらゆる情報を発信し続けた「学年誌」。そんな「学年誌」が一番輝いていた昭和の膨大なバックナンバーから、時代ごと、テーマごとに記事を厳選して構成した『学年誌が伝えた子ども文化史「昭和40~49年編」「昭和50~64年編」「昭和30~39年編 」』(小学館)の3冊が刊行された。本記事はその中から、サライ読者にグッとくるトピックスを厳選してお届けする!

* * *

三億円事件(昭和43年・1968年)

『学年誌が伝えた子ども文化史(昭和40~49年編)より

語り継がれる未解決事件

日本犯罪史において最も有名な犯罪のひとつ。’75年に公訴時効が成立し、’88年に民事時効が成立。

劇場型犯罪でありながら未解決に終わったこの事件、これまで小説やドラマ、映画など多くの作品のモチーフになっている。

挿絵では現金輸送車が奪われようとする瞬間をリアルに再現。この事件を契機に、現金輸送について見直され、口座振込など、より安全な方法が検討された。「小学六年生」1972年11月号

モンタージュ写真も事件とともに有名に

わずか数分のうちに鮮やかに奪っていった手口、現在の貨幣価値に換算すると15億円とも30億円ともいわれた破格の窃盗金額に、日本中が揺れた。容疑者リストにあがったのは11万人、捜査に携わった警察官は延べ17万人と、空前絶後の大捜査が繰り広げられた。捜査が行われるなか、犯人と見立てられた少年が事件の5日後に自殺するなど、いたましい出来事もあった。

一方で窃盗金は保険により補てんされ、保険会社も再保険をかけていたこともあり、国内での直接の金銭的損失がなく、また犯行時、誰も暴力などの被害にあっていないため、憎しみのない強盗ともいわれていた。

発生時の衝撃は大きく、日本中がこの話題でもちきりで、学年誌でも緊迫感あふれるドキュメンタリータッチの記事で概要を伝えている。

誰もが犯行の詳細を知っているのに真犯人、事件の謎が明らかにされないということもあり、当時から小説や映画、ドラマ、まんがなどで、実録からフィクション、パロディ、オマージュまで、多くの作品が作られている。

また、この事件を語るうえで欠かせないモンタージュ写真は、あまりに有名だが、実はねつ造だったという説もある。単独犯とも複数犯とも思える犯行手口、多かったわりに決め手に欠けた遺留品、あがっては消える真犯人候補…と、ミステリー要素も多く、いつまでも人の心を惹きつける事件でもある。

※本記事は『学年誌が伝えた子ども文化史 昭和40~49年編』より抜粋・転載したものです。

[ワンダーライフスペシャル]
学年誌が伝えた子ども文化史昭和40~49年編 定価本体1200円+税(ISBN 9784091066107)

昭和50~64年編 定価本体1200円+税(ISBN 9784091066152)

昭和30~39年編 定価本体1200円+税(ISBN 9784091066183

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生…
  2. 【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡…
  3. 【学年誌が伝えた子ども文化史】昭和45年の小学生による「ぼくらの…
PAGE TOP