サライ.jp

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!

1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる学年別学習雑誌「小学五年生」「小学六年生」が小学館から創刊された。翌年には「小学四年生」、1924年には、後に「小学一年生」「小学二年生」「小学三年生」となる「セウガク一年生」「セウガク二年生」「せうがく三年生」が相次いで創刊され、小学生を対象とした学年別の総合雑誌「学年誌」のラインナップが誕生した。

子どものための総合情報誌として、ニュース、イベント、芸能、スポーツ、流行、ファッション、ホビーなど、あらゆる情報を発信し続けた「学年誌」。そんな「学年誌」が一番輝いていた昭和の膨大なバックナンバーから、時代ごと、テーマごとに記事を厳選して構成した『学年誌が伝えた子ども文化史「昭和40~49年編」「昭和50~64年編」「昭和30~39年編 」』(小学館)の3冊が刊行された。本記事はその中から、サライ読者にグッとくるトピックスを厳選してお届けする!

* * *

日本万国博覧会2(昭和45年・1970年)

『学年誌が伝えた子ども文化史(昭和40~49年編)』より

これだけは絶対に見たい! 万博見どころガイド

月の石やロボットなど展示物は、見るものすべてが魅力的。
シンボルの太陽の塔や併設の遊園地エキスポランドまでまとめてチェック。

「小学五年生」1970年5月号

充実すぎる会場内は1日では見回れない!?

甲子園球場83個分といわれる会場内にめくるめく世界が広がる…。人気パビリオンには数時間並ぶ覚悟も必要。学年誌では見どころや読者向け会場案内をたびたび掲載していた。

アメリカ館に展示されたアポロ12号が持ち帰った「月の石」、見物客の度肝を抜いたサンヨー館の「人間洗濯機」など、万博の目玉展示ももちろん紹介。実際に観客が日本全国に電話ができた電気通信館の無線電話は、携帯電話の前身だった。ロボットたち(フジパン・ロボット館)も見逃せない展示物だったが、できることはそれぞれ限られていた。

万博のシンボルでもあった太陽の塔も内部に至るまで解説。子どもたちの夢の遊園地・エキスポランドを紹介するページでは、人気のジェットコースター「ダイダラザウルス」をはじめ、人気の乗り物を案内している。

万博のシンボル“太陽の塔”

高さ約70m、内部には生物の誕生から人類の誕生を表現したモニュメント「生命の樹」が展示されている太陽の塔。その詳細を解説。「小学五年生」1970年4月号

 

最先端の遊園地エキスポランド

ジェットコースターをはじめ大観覧車、三輪自動車を乗り回せるフライパンなど人気の乗り物を紹介。体験料金も併記されており、ジェットコースターは最高額の1回100円だった。「小学五年生」1970年4月号

※本記事は『学年誌が伝えた子ども文化史 昭和40~49年編』より抜粋・転載したものです。

[ワンダーライフスペシャル]
学年誌が伝えた子ども文化史●昭和40~49年編 定価本体1200円+税(ISBN 9784091066107)

amazon

●昭和50~64年編 定価本体1200円+税(ISBN 9784091066152)

amazon

●昭和30~39年編 定価本体1200円+税(ISBN 9784091066183

amazon

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア