新着記事

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【学年誌が伝えた子ども文化史】クラスメイトもみんな興味津々。大阪万博のみどころ特集記事

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!

1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる学年別学習雑誌「小学五年生」「小学六年生」が小学館から創刊された。翌年には「小学四年生」、1924年には、後に「小学一年生」「小学二年生」「小学三年生」となる「セウガク一年生」「セウガク二年生」「せうがく三年生」が相次いで創刊され、小学生を対象とした学年別の総合雑誌「学年誌」のラインナップが誕生した。

子どものための総合情報誌として、ニュース、イベント、芸能、スポーツ、流行、ファッション、ホビーなど、あらゆる情報を発信し続けた「学年誌」。そんな「学年誌」が一番輝いていた昭和の膨大なバックナンバーから、時代ごと、テーマごとに記事を厳選して構成した『学年誌が伝えた子ども文化史「昭和40~49年編」「昭和50~64年編」「昭和30~39年編 」』(小学館)の3冊が刊行された。本記事はその中から、サライ読者にグッとくるトピックスを厳選してお届けする!

* * *

日本万国博覧会2(昭和45年・1970年)

『学年誌が伝えた子ども文化史(昭和40~49年編)』より

これだけは絶対に見たい! 万博見どころガイド

月の石やロボットなど展示物は、見るものすべてが魅力的。
シンボルの太陽の塔や併設の遊園地エキスポランドまでまとめてチェック。

「小学五年生」1970年5月号

充実すぎる会場内は1日では見回れない!?

甲子園球場83個分といわれる会場内にめくるめく世界が広がる…。人気パビリオンには数時間並ぶ覚悟も必要。学年誌では見どころや読者向け会場案内をたびたび掲載していた。

アメリカ館に展示されたアポロ12号が持ち帰った「月の石」、見物客の度肝を抜いたサンヨー館の「人間洗濯機」など、万博の目玉展示ももちろん紹介。実際に観客が日本全国に電話ができた電気通信館の無線電話は、携帯電話の前身だった。ロボットたち(フジパン・ロボット館)も見逃せない展示物だったが、できることはそれぞれ限られていた。

万博のシンボルでもあった太陽の塔も内部に至るまで解説。子どもたちの夢の遊園地・エキスポランドを紹介するページでは、人気のジェットコースター「ダイダラザウルス」をはじめ、人気の乗り物を案内している。

万博のシンボル“太陽の塔”

高さ約70m、内部には生物の誕生から人類の誕生を表現したモニュメント「生命の樹」が展示されている太陽の塔。その詳細を解説。「小学五年生」1970年4月号

 

最先端の遊園地エキスポランド

ジェットコースターをはじめ大観覧車、三輪自動車を乗り回せるフライパンなど人気の乗り物を紹介。体験料金も併記されており、ジェットコースターは最高額の1回100円だった。「小学五年生」1970年4月号

※本記事は『学年誌が伝えた子ども文化史 昭和40~49年編』より抜粋・転載したものです。

[ワンダーライフスペシャル]
学年誌が伝えた子ども文化史●昭和40~49年編 定価本体1200円+税(ISBN 9784091066107)

amazon

●昭和50~64年編 定価本体1200円+税(ISBN 9784091066152)

amazon

●昭和30~39年編 定価本体1200円+税(ISBN 9784091066183

amazon

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【学年誌が伝えた子ども文化史】昭和45年、華々しく開幕した大阪万…
PAGE TOP