新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

マイケル・ジャクソン、ビートルズの名曲をジャズで楽しむ! ジャズを新発見する「JAZZ絶対名曲コレクション」、創刊

「サライ責任編集」CDつき隔週刊マガジン・シリーズは、2014年創刊の「ジャズ100年」、続いて「ジャズの巨人」、そして「ジャズ・ヴォーカル・コレクション」と連続刊行。さまざまな形でジャズの楽しみを紹介してきました。

そして新シリーズ「JAZZ絶対名曲コレクション」(全14巻)が、10月2日に創刊されることになりました。これまで同シリーズのCDで紹介した楽曲は900曲以上に及びますが、ジャズは奥が深いのです。ジャズにはもっともっと楽しみ方があるのです。新シリーズは、タイトルどおり「名曲」にスポットを当てました。監修・執筆はこれまで同様、日本ジャズ評論界のリーダーであり、日本でもっとも歴史あるジャズ喫茶のひとつ「いーぐる」(東京・四谷)のオーナー、後藤雅洋氏が担当します。

まずは後藤氏のメッセージを紹介します。

* * *

ジャズとは「演奏」を聴く音楽で「曲」はそのための素材であるといわれてきました。これはジャズという「個性を楽しむコンテンツ」の聴き方を象徴した名言ですが、実際は演奏と楽曲は密接に繋がっています。たとえば「枯葉」や「星影のステラ」といった曲は、多くのミュージシャンによって歌われ演奏されるうちにスタンダード(定番曲)となりましたが、これらはたんなる演奏の素材である以前に、魅力溢れる「名曲」だったからこそ愛奏・愛聴されるようになったのです。つまり、名曲は名演を引き出す端緒であり、名演によって名曲はさらに輝きが増すのです。本シリーズではそんな「名曲+名演」を「絶対名曲」と名付け、スポットを当てました。

「ジャズに名演あって名曲なし」はジャズ・ファンにとっては有名な格言ですが、字面どおりに受けとめてしまっている方が案外多いのではないでしょうか。ジャズにも「名曲」は存在します。本シリーズのテーマはいわば「名曲で楽しむジャズの名演」。ミュージカルや映画音楽が発祥のジャズの大定番名曲だけでなく、ビートルズやカーペンターズ、サイモン&ガーファンクル、スティングなどの「ポップス名曲」もジャズ・スタンダードと同等にとらえ、ジャズマンが取り上げたその名演を多数紹介していきます。
ジャズに限らず、音楽は時代とともにあります。現代のリスナーにとっては、ガーシュウィン同様にマイケル・ジャクソンの楽曲も「名曲」として親しんでいることでしょう。演奏するジャズマンも同様です。優れたジャズマンはつねに時代の感覚に反応し、その時代の「名曲」を輝かせるのです。本シリーズは、これまでのジャズ・スタンダード観をアップデートさせ、「21世紀のジャズ・スタンダード」の新発見を試みているのです。

創刊号は「エスペランサが歌うマイケル・ジャクソン」「エラ・フィッツジェラルドが歌うカーペンターズ」「カントリーの名曲を再構築したノラ・ジョーンズ」など、「絶対名曲」のベスト・セレクションです。ジャズ・ビギナーもマニアも、きっとジャズの新しい楽しみ方を発見することでしょう。

第2号以降も、「ビートルズ」「ジャズで聴くポップス名曲」、これまでジャズ誌では取り上げられることがなかった「ポップス・シンガーのジャズ」など、斬新な切り口で「ジャズ絶対名曲」を紹介していきます。どうぞご期待ください。

文/後藤雅洋(ごとう・まさひろ)

「JAZZ絶対名曲コレクション」公式サイト:http://www.shogakukan.co.jp/pr/jazz4/

Amazon

「ジャズ」の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ラテン・ジャズ界のスーパー・トランぺッター、アルトゥーロ・サンド…
  2. 御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブル…
  3. ボサ・ノヴァと現代ジャズと美空ひばりの意外すぎる共通項【ジャズ・…
  4. デューク・エリントン・オーケストラが4年半振りにブルーノート東京…
  5. 時代とともに変わりゆくジャズがなぜ魅力的なのか【ジャズ・ヴォーカ…
PAGE TOP