サライ.jp

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)

観光に移住にと、自然回帰のムーブメントもあってか、離島に注目が集まっています。

島国である日本という国は、なんと「6852」もの島で構成されているのだとか。そのうちの9割が無人島。人が住んでいる「有人島」は300強あるらしいです。ちなみに、周囲が100メートルあれば「島」と認定されるとか。

そして、そんな日本の離島には、島ごとにさまざまな伝説が残されているのです!

その驚くべき離島伝説を追求すべく調査活動を展開してきた当研究所より、最新の調査結果をご報告します。

【離島伝説その1】

久米島(くめじま、沖縄県)では、

水を汲まされる

【離島伝説その2】

八丈島(はちじょうじま、東京都)では、

発情してしまう

【離島伝説その3】

礼文島(れぶんとう、北海道)には、

セブンイレブンがたくさんある

【離島伝説その4】

厳島(いつくしま、広島県)には、

慈しみ深く微笑むイエスがいる

【離島伝説その5】

座間味島(ざまみじま、沖縄県)に上陸すると、

ザマアミロという気分になる

【離島伝説その6】

小豆島(しょーどしま、香川県)には、

遊撃手がいる

【離島伝説その7】

屋久島(やくしま、鹿児島県)には、

薬師丸ひろ子がいる

【離島伝説その8】

沖永良部島(おきのえらぶじま、鹿児島県)では、

大きいほうを選びたくなる

【離島伝説その9】

奄美大島(あまみおおしま、鹿児島県)には、

辛口のカレーがほとんど無い

【離島伝説その10】

波照間島(はてるまじま、沖縄県)には、

不思議そうな顔をした青山テルマがいる

 

*  *  *

以上、イシグロ妄想研究所の「離島の伝説」についての最新妄想研究をお届けしました。

さあ、あなたならどんな離島の伝説を妄想しますか? 妄想とはすなわち頭脳の体操。みなさんも考えてみてくださいね。ではまた!

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)
映画化された『盲導犬クイールの一生』はじめ、『2択思考』『図解でユカイ』『エア新書』『ダジャレ ヌーヴォー』など著書多数。プロデュース・編集した書籍も、『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』(神田桂一、菊池良)など幅広いジャンルで250冊超。

※発売中の『サライ』6月号の特集は、
にっぽんのふるさとに出会う「離島の休日」です。
本誌の特集はいたって真面目です。
↓↓↓
https://serai.jp/news/313648

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
8月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア