新着記事

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

漆工芸の極致!中世の「手箱」の名品が集結「神の宝の玉手箱」展

国宝《浮線綾螺鈿蒔絵手箱》一合〔鎌倉時代 13世紀 サントリー美術館蔵〕全期間展示

取材・文/池田充枝

今も昔も、きらびやかで美しい箱は、人々を惹きつけてやみません。内容品が大切であればあるほど、所有者の身分が貴いほど、箱は美しく仕立てられ、“玉なる箱”として愛でられてきました。

「手箱」はその代表格で、もともと貴人の手回り品を入れるためのものが、蒔絵や螺鈿といった当時最高の技法によって飾られ、神々のお使いになる具として奉納されるようにもなります。とくに中世の手箱は、漆芸技法の結晶美ともいえるほどの技術の粋が凝縮され、「神宝」として、あるいは一部の特権階級の所有として伝わるにふさわしいものばかりです。

そんな神の宝箱、手箱の逸品が一堂に会する展覧会が、東京・六本木のサントリー美術館で開かれています(~2017年7月17日まで)。

このたび約50年ぶりに修理を行った国宝《浮線綾螺鈿蒔絵手箱(ふせんりょうらでんまきえてばこ)》(サントリー美術館蔵)を修理後初公開することを基点に、人々が生活の中で用いてきた手箱や特別に仕立てられた手箱の魅力を特集する展覧会です。なだたる神社に伝わる手箱の数々とともに、表衣(うわぎ)、沓(くつ)、檜扇(ひおうぎ)などの服飾から、鏡、鏡台、硯箱などの調度にわたる様々な神宝類を合わせて展示し、各時代で人々を魅了し、神に捧げられた技と美を紹介します。

さらに、このたびの修理でわかった名品手箱の複雑な技法の工程と高度な技を紹介し、近現代の名工が手がけた模造を通して、制作当初の姿をご覧いただきます。

国宝《秋野鹿蒔絵手箱》一合〔鎌倉時代 13世紀 島根・出雲大社蔵〕展示期間:5月31日~6月26日

本展の見どころを、サントリー美術館の担当学芸員、佐々木康之さんにうかがいました。

「手箱は生活の中で用いる様々なものを入れる箱として、当時の中心的な道具でした。“お気に入り”や“大切なもの”を入れておく箱は、いつの時代も綺麗に飾りたくなるもので、その感覚は現代の美しい化粧箱や宝石箱に共通します。さらに神様が使うものとなれば、なおさら豪華になるものです。本展は、漆工芸のなかでも、そんなきらびやかな品々がそろう手箱について特集します。

なかでもサントリー美術館蔵の国宝《浮線綾螺鈿蒔絵手箱》は豪華な手箱を象徴する作例です。表面は、金の粒子を密に蒔き詰めた「沃懸地(いかけじ)」という技法によるもので、金箔とは異なる、柔らかく奥行きのある輝きです。そこに貝の真珠層を用いた螺鈿(らでん)によって「浮線綾文」という有職文様(ゆうそくもんよう)を表す本手箱は、当時最も格の高い装飾技法とデザインで飾られるものです。

箱の裏には約30種類の草花が全面に描かれ、その写実的な表現はさながら植物図鑑を見るようです。今回期間限定で蓋裏を特別展示するとともに、修理によって金と螺鈿の輝きを取り戻した姿を初めてご覧いただきます。

このような鎌倉時代の名品手箱は、北条政子(1157-1225)の愛蔵した手箱として象徴的な伝来を持つものが多く、いずれも原品は国宝ばかりです。今回は名品手箱を、原品はもちろん、模造によっても集め、「政子の七つの手箱」を構成してみます。金や螺鈿のまばゆい輝きは、制作当時の名品手箱の輝きを彷彿とさせるもので、それらがずらりと並ぶ空間は圧巻です」

漆工芸の装飾技術が凝縮された小宇宙、名品手箱を間近でじっくりご鑑賞ください。

【今日の展覧会】
六本木開館10周年記念 国宝《浮線綾螺鈿蒔絵手箱》修理後初公開 神の宝の玉手箱』
■会期:2017年5月31日(水)~7月17日(月・祝)会期中展示替えあり
■会場:サントリー美術館
http://suntory.jp/SMA
■住所:東京都港区赤坂9-7-4
■電話番号:03-3479-8600
■開館時間:10時から18時まで、金・土曜および7月16日(日)は20時まで(入館は閉館30分前まで)
■休館日:火曜(ただし7月11日は開館)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠…
  2. 面白すぎる江戸の滑稽絵を集めた展覧会《江戸の戯画-鳥羽絵から北斎…
  3. 旅情をそそる巨匠たちの傑作風景画が来日《プーシキン美術館展―旅す…
  4. 戦禍を免れた「奇跡のネガ」277枚に写っていた80年前の沖縄の姿…
  5. 無類の猫好き画家が描いた、愛すべき猫たちの姿《猪熊弦一郎展 猫た…
PAGE TOP