新着記事

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

ファーブル昆虫館「虫の詩人の館やかた」(※東京都文京区千駄木5-46-6 電話:03・5815・6464(開館時のみ)、開館:土曜・日曜の13時〜17時、入場料:無料)ではファーブルの生家を再現。同時代の家財道具も展示。奥本さんが着用している帽子とコートもファーブル愛用のものと同じ。

【インタビュー】奥本大三郎(作家、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」館長・75歳)「研究成果は楽しい読み物で社会に伝える。ファーブルのおかげでそう決意しました」

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

小津安二郎『浮草』|京マチ子と中村鴈治郎の雨中の罵り合いは必見【面白すぎる日本映画 第2回】

文・絵/牧野良幸

小津安二郎といえば視点の低いカメラアングル、完璧な画面構成、抑制の利いた会話などが印象的だ。映画のどこを切り出しても「小津作品」である。

そんな小津作品の中でも、この『浮草』はちょっと異色ではないかと思う。都会的で上品な人々の暮らしぶりを描くことが多い小津作品のなかで、『浮草』は旅回りの一座という“ワイルドな人たち”を描いているからだ。

『浮草』は1959年公開のカラー作品である。夏空の下、旅回りの一座が船で三重県の小さな漁村にやってくるところから始まる。たぶん愛知県で公演を終えたあと、伊勢湾を渡ってきたのだろう。セリフの中で刈谷とか、愛知県出身の僕としては懐かしい地名が出てくるからだ。それくらい小津映画には珍しく地方色が出ている。

一座の座長は駒十朗(中村鴈治郎)。そして駒十朗といっしょに一座をしきるパートナーというか連れ合いにすみ子(京マチ子)。この村には駒十朗の息子である清(川口浩)とその母親であるお芳(杉村春子)が暮らしていた。駒十朗は久し振りに二人に会ってくつろいだ時間を過ごす。しかし二人のことはすみ子には内密にしていた。

すみ子がこの秘密を嗅ぎ付け、嫉妬するところから物語は動き出す。お芳の営む一膳飯屋にどなりこんで来たすみ子を、力づくで連れ出す駒十朗。このあと駒十朗とすみ子が罵り合いを始める。

黒澤映画と見間違うほどの大雨である。軒下に立ち、小さい道をはさんで向かい合う駒十朗とすみ子は、まるで西部劇のガンマンのようである。ピストルこそ抜かないものの、激しい言葉を次々と放ち合う。

駒十朗が「このアホ!」「文句あるか!」とくれば、すみ子も「なにがなんや!」「あんたこそアホやないか!」

駒十朗が「ワイに惚れて、ころがりこんできよって!」とくればすみ子も「そんなことウチに言えた義理か!」「ナメたまね、せんとき!」

怒りをあらわす京マチ子が美しい。わずかに髪がほつれているところなど絶妙である。

京マチ子というと黒澤明の『羅生門』や溝口健二の『雨月物語』で見るように和風な雰囲気を醸し出す女優であるが(『赤線地帯』という例外もあり)、この京マチ子は浴衣を着ているのにもかかわらず、まるでヨーロッパ映画を見ているような美しさである。名カメラマン宮川一夫がシットリとした色調で撮っているせいかもしれない。カラー作品であることを感謝せずにはいられない。

一方の中村鴈治郎も負けてはいない。この人の座った目つきは「飛んじゃってる」ところがある。黒澤明の『どん底』の大家や、市川崑の『鍵』の古美術鑑定家の老人でも際どい人を演じてみせた。

もちろん『浮草』はこのシーンの他にもたくさんの見所がある。駒十朗が息子を前に顔を緩めるところは心暖まるし、一座の下っ端役者三人組には絶えず笑わせられる。杉村春子や若尾文子にも目が離せない。そして最後は親子の愛情にウルッときて、やっぱり小津映画なのである。

【浮草】セルDVD
■価格:2800円 + 税
■発売日:2012年10月26日
■品番:DABA-90891/1959年度作品
■発売元:角川書店
http://www.kadokawa-pictures.jp/official/ukigusa/video.shtml

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. “男の憧れ俳優”松田優作主演! 男の血が騒ぐ映画|『蘇る金狼』【面白すぎる日本映画 第33回】 “男の憧れ俳優”松田優作主演! 男の血が騒ぐ映画|『蘇る金狼』【…
  2. 海底軍艦 東宝の誇る名優集結! オトナの特撮映画『海底軍艦』【面白すぎる日…
  3. 『あなたへ』 降旗康男監督と高倉健が組んだロードムービー『あなたへ』【面白すぎ…
  4. コミック雑誌なんかいらない! 人も社会もパワーがあった80年代と内田裕也の存在感『コミック雑誌…
  5. 傷だらけの天使 さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『…
PAGE TOP