新着記事

スペリオダウン コンバーチブルジャケット|軽く暖かい高級羽毛を採用。半袖にもなるダウン

クリスマスマーケットの本場ドイツ。画像はボン。

一生に一度は訪れたい! クリスマス市の「屋台グルメ」の食べ歩き方(ドイツ)

シニア層でも利用率の高いSNSアプリはLINEと判明!

【シニアのスマホ利用事情】SNSをしている60代以上の9割は「LINE」

せりのとろろ昆布にぎり

【管理栄養士が教える減塩レシピ】鍋の具材以外でも楽しめる!「せりとあさりのかき揚げ」「せりのとろろ昆布にぎり」

酒燗器 ゆめここち|好みの温度で酒の燗がつけられる美濃焼の酒器

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バランスのよい寝姿勢で安眠に誘う

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

砦同士の連携や構築意図を推察する楽しさ!「賤ヶ岳の戦い」の砦を歩く(滋賀県余呉町)

秀吉方の最前線の城だった東野山砦(佐祢山砦)跡。主郭部の虎口。(撮影:八巻孝夫)

文/萩原さちこ

先日、滋賀県余呉町にある堂木山砦、神明山砦、茂山砦を歩いてきました。これだけでピンときた方は、かなりの城マニア、歴史ファンです。そう、豊臣秀吉と柴田勝家が激突した1583(天正11)年の「賤ヶ岳の戦い」の舞台となった砦です。

賤ヶ岳の戦いは、余呉湖一帯に両軍がいくつもの砦を築いて戦った陣城合戦です。秀吉本隊が岐阜へ出陣した隙をついて、勝家方の佐久間盛政が大岩山砦と岩崎山砦を奇襲。秀吉によるまさかの“大返し”により盛政隊は慌てて撤退するも、後方支援であるはずの前田利家隊が突然後退し、さらには羽柴秀長の攻め込みにより盛政隊は総崩れとなる……。勝家軍の壊乱状態にいたる戦いの経緯は、よく知られるところでしょう。

賤ヶ岳合戦図屏風部分(左隻)(「長浜・米原・奥びわ湖観光サイト」より引用)

盛政が攻め入った大岩山砦と岩崎山砦は、余呉湖南側の賤ヶ岳砦から余呉湖の東側に沿うようにして、北に派生する尾根に築かれた秀吉軍の砦です。これらは秀吉軍にとって第2防衛ラインで、後方には実質的な本陣であった田上山砦がありました。

東野山砦(佐祢山砦)跡。二の丸より本丸をのぞむ。(撮影:八巻孝夫)

第1の防衛ラインとなったのが、余呉湖北側の尾根、西から東へのびる丘陵上に築かれた神明山砦や堂木山砦、そして北国街道を挟み対面の東野山砦を結ぶラインです。秀吉は、越前から侵攻してくる勝家軍を近江平野で食い止めるべく、北国街道の封鎖を重視していたことがわかります。

結果的には、勝家軍の戦略勝ち。本陣のある玄蕃尾城から西山稜上に、軍道を構築していました。盛政隊も、在陣していた行市山砦から秀吉の第1防衛ラインを迂回するようにして、大岩山砦へと向かっていったわけです。

賤ヶ岳古戦場から余呉湖を望む。(「長浜・米原・奥びわ湖観光サイト」より引用)

賤ヶ岳の戦いにおける砦群は、それぞれの構造や特徴もさまざまで、その違いを知り役割を探るのも楽しみ方のひとつです。しかし、実際に歩きながら砦の配置や連携を確認し、構築の意図や機能性を推察するのもたまりません。対峙する両軍の距離や軍勢の動きを思い描き、戦略を想像しながら歩くのも楽しいもの。合戦の舞台を俯瞰的に見ながら歩くことは、城を単体で読み解くのとは違う魅力があります。

※賤ヶ岳の砦群は、いずれもそれなりの悪路です。十分な装備と準備の上、山城歩きに慣れた方とお出かけください。賤ヶ岳砦はかなり遺構の改変がされているものの、賤ヶ岳古戦場として賤ヶ岳リフトで上れる観光スポットとなっています。賤ヶ岳リフトは運休日があるためご注意を。

文/萩原さちこ(はぎわら・さちこ)
城郭ライター・編集者。小学2年生で城に魅せられる。青山学院大学卒業後、広告代理店や制作会社を経て独立。執筆業を中心に、メディア・イベント出演、講演、講座など行う。おもな著書に『わくわく城めぐり』(山と渓谷社)、『日本100名城めぐりの旅』(学研プラス)、『お城へ行こう!』(岩波書店)、『図説・戦う城の科学』(SBクリエイティブ)、『江戸城の全貌』(さくら舎)など。 東京都生まれ。公益財団法人日本城郭協会学術委員会学術委員。 公式サイト「城メグリスト」http://46meg.com/

写真提供/八巻孝夫

【参考リンク】
※ 長浜・米原・奥びわ湖観光サイト http://kitabiwako.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 江戸城・松の大廊下跡 「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴…
  2. 足利尊氏像 「観応の擾乱」(かんのうのじょうらん)とは何か~足利尊氏・直義兄…
  3. 仙石秀久の時代に築かれた小諸城大手門(国重要文化財) 大失態を犯し追放されたが、再び秀吉の信頼を得て乱世を生き抜いた男…
  4. 楠木正成像 楠木正成~「忠臣」か「悪党」か【にっぽん歴史夜話21】
  5. 肱(ひじ)川を天然の水堀として築かれた大洲城。四重四階の天守は、平成16年(2004)に再建された 「賤ヶ岳七本槍」から豊臣水軍の中心人物へ|三英傑に仕え「全国転勤…
PAGE TOP